ベトナムニュース総合情報サイトVIETJO [ベトジョー]
 ようこそ ゲスト様 

ホーチミン:水上観光に注力、30年までに市の目玉商品に

2023/12/08 06:17 JST配信
(C) tuoitre
(C) tuoitre 写真の拡大
  • ホーチミン、水上観光に注力
  • 水上ツアーの年間利用者50万人目標
  • 水上観光を市の目玉商品に

ホーチミン市観光局は、同市を流れる河川・運河を活用した観光商品の多様化に注力しており、2023年通年の水上ツアー利用者数を50万人、売上高を3000億VND(約18億2000万円)とすることを目標に掲げている。

 現在、同市には観光用の水上路線が20本近くあり、市内ツアーのほか、同市と近隣省を結ぶツアーを展開している。

 市内の河川と運河を周遊する短時間のツアーの例として、以下が挙げられる。

◇ニエウロック・ティゲー運河周遊:午後5時出発(所要時間2~4時間)
◇サイゴン川周遊(1区バクダン船着場~7区ムイデンドー~ビンタイン区タインダー~バクダン船着場):午後4時30分・午後5時出発(同60分)
◇サイゴン川周遊(バクダン船着場~7区フーミー橋~タインダー~バクダン船着場):午後4時30分・午後5時出発(同60分)
◇サイゴン川周遊(バクダン船着場~タインダー~バクダン船着場):午後4時30分・午後5時出発(同30分)

 また、日帰りツアーの例として、以下が挙げられる。

◇バクダン船着場~クチ郡:午前7時15分・午前11時出発
◇バクダン船着場~カンゾー郡:午前8時15分出発
◇バクダン船着場~南部メコンデルタ地方ロンアン省:午前8時15分出発

 このほか、ホーチミン市と東南部地方のビンズオン省ドンナイ省のゴルフ場を結ぶ路線もある。

 同市観光局は、目的地に南部メコンデルタ地方のベンチェ省ティエンザン省を追加する予定だ。また、2025年までに水上観光向けの高速船を200隻、クルーザーなどその他の船舶を100隻に増やし、2030年までに水上観光を市の観光の目玉商品とすることを目指す。

 同局は旅行会社に対し、河川・運河を活用したツアーの情報周知を図るよう求めた。また、トゥードゥック市ヨットクラブ(TYC)は同局に対し、クリーンエネルギーを利用した水上タクシーの運航を提案した。

[Tuoi Tre 11:58 05/12/2023 / Vietnamnet 10:51 05/12/2023, A].  © Viet-jo.com 2002-2024 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。 免責事項
新着ニュース一覧
社会住宅の購入条件「世帯月収18万円以下」、建設省提案 (5:06)

 建設省は、社会住宅(政府・地方自治体が建設・購入を支援する工場労働者などの低収入者や公務員向け住宅)の開発に関する政令草案を策定中だ。草案には、社会住宅購入の対象者に求められる収入の条件が盛り込ま...

ベトナム航空、ハノイ~ディエンビエン線を増便 戦勝70周年で (4:16)

 ベトナム航空[HVN](Vietnam Airlines)は5月3日から8日にかけて、ハノイ市ノイバイ国際空港と西北部地方ディエンビエン省ディエンビエンフー空港を結ぶ路線を1日3往復に増便する。

ベトナムのホワイトカラー人材紹介市場、1~3月期の動向 (3:56)

 世界11か国で人材紹介事業を展開する株式会社ジェイエイシーリクルートメント(東京都千代田区)は、2024年1~3月期におけるベトナムのホワイトカラー人材紹介市場の動向を発表した。  ベトナムの求人数は前...

10代で結婚、30代で孫の世話…連鎖する児童婚 (21日)

 他に人のいない家の中で、タオ・バン・ポーさん(男性・36歳)が子供をあやして泣き止ませようとしている。一見、ポーさんが自分の子供をあやしているのかと思いきや、実はこの子供はポーさんの「孫」だ。  ...

Sustech、地場サングループとグリーンエネルギー開発で連携 (2:18)

 カーボンニュートラル化支援事業を複数展開する株式会社Sustech(東京都港区)は、観光不動産開発を手掛ける地場サングループ(Sun Group)との間で、サングループが手掛ける南中部沿岸地方カインホア省のバンフォ...

桑原史成 写真展「ベトナム戦争の終結から半世紀」開催中 (20日)

 公益社団法人日本写真家協会によると、東京都千代田区の丸の内フォトギャラリーで4月30日(火)まで、桑原史成 写真展「ベトナム戦争の終結から半世紀」が開催されている。  ベトナム戦争は、1975年4月30日に...

WNBAに初の越僑プロ選手が誕生、ミスティクスがドラフト指名 (20日)

 米女子バスケットボールのプロリーグであるWNBAの2024年ドラフト会議がニューヨークで15日に行われ、ゴンザガブルドッグス所属(ゴンザガ大学)の越僑選手チュオン・タオ・ヴィ(カイリーン・チュオン、23歳)が、2...

サイゴン動物園で4月末にグルメフェスティバル開催 (20日)

 ホーチミン市1区のサイゴン動植物園で、4月26日(金)から5月1日(水)のメーデーまで、ベトナム3地域(北部・中部・南部)の料理の融合をテーマとしたグルメフェスティバルが開催される。  イベントは入場無料で...

日系飲食FC展開の地場ロータス、シンガ系投資ファンドと資本提携 (19日)

 食品製造や飲食店経営などを手掛ける地場企業のロータスグループ(Lotus Group)はこのほど、シンガポールを拠点とする東南アジアの女性起業家を対象としたジェンダー投資ファンドであるビーコンファンド(Beacon ...

プラップジャパン子会社、ベトナム現地法人を設立へ (19日)

 総合PR会社の株式会社プラップジャパン(東京都港区)の連結子会社であるプラップポインツ・シンガポール(PRAP POINTS Singapore、シンガポール)は、マーケティング・PR業務における制作を行う子会社として、ベト...

三菱食品、ベトナムの輸入食品小売スタートアップに出資 (19日)

 三菱食品株式会社(東京都文京区)は、ベトナムで輸入食品専門小売店を展開するスタートアップ企業であるホームファーム・ホールディング(Homefarm Holding、ハノイ市)の第三者割当増資引受による出資を行った。 ...

外務省、国連人権理事会のUPRで政府報告書 国連機関には反論 (19日)

 ベトナム外務省は15日、記者会見を開き、国連人権理事会の第4回UPR(普遍的定期的審査)の政府報告書を発表した。UPRは全ての国連加盟国が互いに人権状況を審査し合う制度で、約4年半に1度のペースで全ての国が審...

仏高級ジュエラーのショーメ、ハノイにベトナム1号店オープン (19日)

 フランス・パリに本拠を置く高級ジュエリーブランドのショーメ(Chaumet)は14日、ハノイ市ホアンキエム区リーダオタイン(Ly Dao Thanh)通り12番地にベトナム1号店をオープンした  ショーメは1780年創業のジ...

ハノイ:12歳少女が帝王切開で出産、近所の男性から性的虐待 (19日)

 ハノイ市タインチ郡在住の12歳の少女Yさん(仮名)は妊娠38週目を迎え、4月17日に帝王切開で赤ちゃんを出産した。家族はYさんが近所に住む男性から複数回にわたり性的虐待を受けて妊娠したとしている。  Yさ...

韓国の八道、タイニン省で工場竣工 ラーメンや飲料水など生産 (19日)

 韓国の食品大手である八道(Paldo)はこのほど、東南部地方タイニン省で建設していたベトナムの第2工場を竣工した。  タイニン工場の敷地面積は3万3920m2、延べ面積は1万2506m2。インスタント麺をはじめとし...

©VIETJO ベトナムニュース 2002-2024 All Rights Reserved