ベトナムニュース総合情報サイトVIETJO [ベトジョー]
 ようこそ ゲスト様 

外国人観光客のビザ手続き緩和へ、6~12か月間のビザ免除試行も検討

2024/02/27 13:54 JST配信 (2024/02/28 13:48 JST最終更新)
(C) thanhnien
(C) thanhnien 写真の拡大
この記事に関連するおすすめの記事

8月施行の新規定、ビザ免除期間が45日に拡大など
  • 観光業の包括的・迅速・持続可能な発展へ
  • ビザ免除拡大、国境ビザ発給試行など
  • 外国人向けビザ手続きの改革推進

ファム・ミン・チン首相はこのほど、今後の観光業の包括的で迅速かつ持続可能な発展に関する指示第08号/CT-TTgを公布した。ベトナムの観光業は、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の流行による停滞期間を経た後、徐々に回復しており、特に国内観光は一定の成果を上げていると認めた上で、克服すべき点が多いと指摘した。

 ショッピングや娯楽、観光などのサービスへの支出額は依然として低く、観光サービスの価格は不安定で観光事業者の商品開発に影響を及ぼし、観光促進・宣伝業務は全体的・長期的視点に欠けているといった短所がある。

 こうした状況を受けてチン首相は、各機関や地方、観光業界に対し、「緊密・スムーズ・広範・包括的な連携や協力、持続可能な効果」をモットーに観光業の発展に取り組むよう求めている。

 一つの方策として、特に滞在期間の長さと旅行消費額の大きさで潜在性と発展性のある市場を対象とした外国人の条件付き出入国に関する優遇策や、一方的なビザ(査証)免除の拡大、国境ビザの発給の試行などを挙げ、公安省に外国人観光客向けの行政手続き改革を進めるよう指示している。

 また、旅行消費額が大きく大規模な市場からの観光客を対象とした6~12か月間のビザ免除、ヨーロッパや北東アジア、北米、インド、中東など富裕層や定年退職者の多い市場からの観光客を対象とした12~36か月間のマルチビザ発給の試行も検討する。

 現在ベトナムは25か国の国民にビザを免除しており、うち日本を含む13か国には一方的ビザ免除を行っている。2023年8月半ばからは全ての国の国民に電子ビザを発給し、有効期間を従来の30日間から90日間に延長、出入国回数を無制限にした。一方的ビザ免除を受けている国の国民の一時滞在期間は、従来の15日から45日に拡大した。

[Thanh Nien 16:37 25/02/2024, O].  © Viet-jo.com 2002-2024 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。 免責事項
新着ニュース一覧
ハノイ、家屋識別番号を利用した火災警報アプリを試験導入へ (13:21)

 ハノイ市人民委員会は、家屋などの識別番号を利用した火災警報アプリを試験導入する計画を発表した。  アプリには、建物の建設許可に関連する情報、防火システムの審査・検収状況、消防活動を監視するため...

ヤオコー、ベトナム市場に参入 地場企業に出資・業務支援 (6:41)

 スーパーマーケット事業を手掛ける株式会社ヤオコー(埼玉県川越市)は、 今後の成長戦略の布石として地場企業に出資・業務支援を行い、ベトナム市場に参入する。  具体的には、食品スーパーマーケット事業を...

スタンチャート銀、ベトナムの24年GDP成長率予想+6%に下方修正 (6:38)

 英スタンダードチャータード銀行(Standard Chartered Bank)はこのほど発表したベトナムのマクロ経済に関する最新レポートの中で、2024年におけるベトナムの国内総生産(GDP)成長率予想を前回レポートの+6.7%か...

10代で結婚、30代で孫の世話…連鎖する児童婚 (21日)

 他に人のいない家の中で、タオ・バン・ポーさん(男性・36歳)が子供をあやして泣き止ませようとしている。一見、ポーさんが自分の子供をあやしているのかと思いきや、実はこの子供はポーさんの「孫」だ。  ...

ビンファスト、米国のディーラー12社と代理店契約締結 (5:58)

 地場系コングロマリット(複合企業)ビングループ[VIC](Vingroup)の子会社である電気自動車(EV)メーカーのビンファストオート(VinFast Auto)は23日、米国のディーラー12社との間で代

FPT、米エヌビディアとAIファクトリー開発などで協力 覚書締結 (5:55)

 ベトナムを代表する情報技術(IT)最大手FPT情報通信[FPT](FPT Corporation)はハノイ市で23日、米国のグラフィックスプロセッサ・半導体大手のエヌビディア・コーポレーション(NVIDIA

イエンバイ省:セメント工場の10人死傷事故、従業員1人を逮捕 (4:09)

 西北部地方イエンバイ省イエンビン郡(huyen Yen Binh)にあるイエンバイセメント鉱産[YBC](Yen Bai Cement And Minerals)のセメント工場で22日に発生した深刻な労働災害に関連し、イ

栃木県、ハノイに「とちぎベトナムサポートハブ」を開設 (4:03)

 栃木県は、ハノイ市に「とちぎベトナムサポートハブ(とちぎハブ)」を開設し、24日より活動を開始した。  とちぎハブは、県内事業者のベトナムにおける販路開拓、事業所設置、インバウンド誘客、高度外国人...

FPTジャパンと大末建設、建設業DX化推進でパートナーシップ契約 (3:58)

 ベトナムIT最大手FPT情報通信[FPT](FPT Corporation)グループの日本法人FPTジャパンホールディングス株式会社(東京都港区)の子会社であるFPTソフトウェアジャパン株式会社(FPTジャ

金属プレス加工の河政工業、バクニン省に子会社を設立 (2:20)

 金属プレス加工や部品組み立てなどを手掛ける河政工業株式会社(東京都葛飾区)は、北部紅河デルタ地方バクニン省に子会社を設立した。  子会社「河政工業ベトナム(KAWAMASA INDUSTRY VIETNAM)」は、ダイドン...

第15期第7回国会、5月20日開幕 法案の審議予定を調整 (24日)

 国会常務委員会は20日、第15期(2021年~2026年任期)国会の第7回会議の会期を5月20日から6月8日までと6月17日から6月28日までの2期に分けて開催することを決定した。  国会常務委員会は、2024年法律・法令作...

台湾の自転車製造大手ジャイアント、ビンズオン省に新工場建設 (24日)

 台湾の大手自転車製造メーカーのジャイアント(Giant)は22日、ベトナム事業拡大を目的に、1億2000万USD(約186億円)を追加投資し、新工場を建設する計画を発表した。  新工場は、東南部地方ビンズオン省の第3...

タカラレーベンとフジタ、ハイフォンの分譲マンションを竣工 (24日)

 MIRARTHホールディングス株式会社(東京都千代田区)のグループ会社である株式会社タカラレーベン(東京都千代田区)と株式会社フジタ(東京都渋谷区)は、北部紅河デルタ地方ハイフォン市において共同で開発中の分譲...

ダナン空港、スマートターミナル開発へ FPTソフトウェアと提携 (24日)

 南中部沿岸地方ダナン市ダナン国際空港の国際線ターミナルを運営するダナン国際ターミナル投資開発(Da Nang International Terminal Investment and Operation=AHT)は22日、ベトナムを代表するIT最大手

政府、違法漁業と闘う行動計画を公布 (24日)

 政府は22日、違法・無報告・無規制漁業(IUU漁業)と闘うための行動計画に関する決議第52号/NQ-CPを公布した。  この行動計画は、IUU漁業と闘うことの役割と重要性に対する認識に大きな変化をもたらし、それ...

©VIETJO ベトナムニュース 2002-2024 All Rights Reserved