ベトナム総合情報サイトVIETJO [ベトジョー] ベトナムの最新ニュースを毎日無料配信!
 ようこそ ゲスト様 

労働法改正案の審議見送り、定年年齢・残業時間引き続き検討

2017/05/19 17:04 JST配信
Clip to Evernote
(C) hanoimoi
(C) hanoimoi 写真の拡大

 国会常務委員会はこのほど、2017年法律・法令制定計画から労働法改正案を除外し、今年の国会では労働法改正案を審議しないことを決めた。改正案に盛り込まれていた定年年齢や残業時間上限の引き上げ問題は、今年の国会で討議される予定だったが、先送りされたことになる。

 労働傷病兵社会省法制部のハー・ディン・ボン部長によると、労働法改正案に対する意見を聴取した結果、多くの問題をより注意深く検討し、全面的に見直す必要があるとの結論に達したという。

 具体的には、◇刑法や民法、労働安全衛生法など他の法律との整合性を図るための調整、◇各国と締結した自由貿易協定(FTA)や国際条約との整合性を図るための調整、◇定年年齢や残業時間上限の引き上げ、男女平等、最低賃金などの問題に対する意見集約が必要で、適切な時期に改めて改正案を提出するとしている。

 現在意見聴取を実施中の労働法改正案の第2次草案では、定年退職年齢について現行の男性60歳、女性55歳を維持する案と、男性を62歳、女性を60歳に引き上げる案の2つの案が併記されている。

[Saigon times,16/5/2017, 19:24 (GMT+7),O].  © Viet-jo.com 2002-2017 All Rights Reserved.  免責事項
コメントはこちらから
最新ニュース [法律]
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2017 All Rights Reserved
運営:Viet Economic Research and Advisory Corporation (略称:VERAC)