ベトナム総合情報サイトVIETJO [ベトジョー] ベトナムの最新ニュースを毎日無料配信!
 ようこそ ゲスト様 

第1四半期の国内航空会社の遅延・欠航率、ジェットパシがワースト

2017/04/20 06:49 JST配信
Clip to Evernote
(C) vneconomy
(C) vneconomy 写真の拡大

 ベトナム航空局はこのほど、2017年第1四半期における国内航空会社のフライトの遅延・欠航に関するデータを発表した。

 それによると、遅延・欠航率が最も高かったのは格安航空会社ジェットスターパシフィック(Jetstar Pacific Airways=JPA)で、運航便8542本のうち2379本が遅延、174本が欠航となり、遅延率は前期比+7.5ポイント上昇の27.9%、欠航率は同0.7ポイント上昇の2.0%だった。

 一方、ベトナム航空総公社[HVN](Vietnam Airline)とベトジェットエア[VJC](Vietjet Air)の2社の遅延・欠航率は大幅に改善している。

 HVNは運航便2万5494本のうち2187本が遅延、98本が欠航となり、遅延率は前期比▲6.2ポイント低下の8.6%、欠航率は0.4%だった。また、VJCは運航便1万9015本のうち2337本が遅延、5本が欠航となり、遅延率は前期比▲1.9ポイント低下の12.3%、欠航率はわずか0.03%に留まった。

 このほか、HVN傘下のベトナムエアサービス社(VASCO)は第1四半期に2200本を運航し、156本が遅延、60本が欠航となり、遅延率と欠航率のいずれも前期比で上昇した。

 遅延の主な原因としては、◇航空会社の技術、◇空港の設備、◇天候、◇航空機の帰着遅れ、◇飛行の管理・オペレーションなどが挙げられる。

[Kieu Linh, VnEconomy, 15:44 - Thứ Hai, 17/4/2017, A].  © Viet-jo.com 2002-2017 All Rights Reserved.  免責事項
コメントはこちらから
最新ニュース [社会]
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2017 All Rights Reserved
運営:Viet Economic Research and Advisory Corporation (略称:VERAC)