ベトナム総合情報サイトVIETJO [ベトジョー] ベトナムの最新時事ニュースを毎日無料配信!
 ようこそ ゲスト様 

国内航空会社の定時運航率、バンブー航空が最高に

2019/03/12 16:24 JST配信
Clip to Evernote
(C) vneconomy
(C) vneconomy 写真の拡大

 交通運輸省傘下のベトナム航空局は、2019年1月19日~2月18日における国内航空会社5社のフライトの定時運航に関するデータを発表した。

 1月16日に運航を開始した、地場不動産会社FLCグループ[FLC](FLC Group)が全額出資するバンブー航空(Bamboo Airways)は、運航便数が507便で、定時運航率が94.5%となり5社中で最も高かった。

 一方、格安航空会社(LCC)ジェットスター・パシフィック(Jetstar Pacific Airways=JPA)は運航便3291便、定時運航率が74.5%で最低だった。

 ベトジェットエア[VJC](Vietjet Air)は運航便1万2442便のうち全体の21.5%にあたる2677便が遅延、定時運航率が78.5%だった。

 ベトナム航空[HVN](Vietnam Airlines)は運航便1万2063便で、定時運航率が88.9%だった。一般航空事業(工業や科学研究、捜索救難などの目的および個人の目的で航空機を運航する事業)を手掛けるHVN傘下のベトナムエアサービス社(VASCO)は運航便数が1060便、定時運行率が90.8%だった。

 業界全体では、同期間の運航便数が前年同期比+22.8%増の2万9363便で、このうち2万4379便が定時運航となり、平均定時運航率は83%だった。欠航便数は18便で、うちHVNの欠航便数が全体の66.7%にあたる12便を占めた。

[Vneconomy 10:17 09/03/2019, A].  © Viet-jo.com 2002-2019 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
最新ニュース [経済]
バンブー航空、B787-9型機ドリームライナーを初受領 (16:38)
 地場不動産会社FLCグループ[FLC](FLC Group)が全額出資するバンブー航空(Bamboo Airways)は9日、米ボーイング社(Boeing)の中型ジェット旅客機「B787-9型機ドリームライナー(Dreamliner)」1機を初めて受領した。...>> 続き
生花大手ダラット・ハスファーム、海外ファンドから7000万USD獲得 (16:10)
 シンガポールの経済ニュースサイト「ディールストリートアジア(DealStreetAsia)」によると、プライベート・エクイティ・ファンドのロンバード・インベストメント(Lombard Investment)がこのほど、南中部高原地...>> 続き
韓国サムスン、新製品「ギャラクシーA51」をベトナムで初お披露目 (5:43)
 韓国サムスン電子は12日にベトナムで開催する新製品発表会で「ギャラクシーA51(Galaxy A51)」をお披露目する。  「ギャラクシーA51」は、サムスンの「ギャラクシーA50(Galaxy A50)」の後継モデル。2020年に...>> 続き
サッカーのパク監督故郷で「ベトナム村」造成へ、観光客増加受け (4:39)
 サッカー男子ベトナム代表チームを率いる韓国人指揮官パク・ハンソ監督の故郷、韓国慶尚南道(キョンサンナムド)山清(サンチョン)郡が「ベトナム親和村」の造成を計画していることが明らかになった。  同郡...>> 続き
タンソンニャット空港新ターミナル、投資総額530億円―ACV自己資金で建設へ (10日)
 計画投資省はこのほど、ベトナム空港社[ACV](Airports Corporation Of Vietnam)が投資主を務めるホーチミン市タンソンニャット国際空港の第3旅客ターミナル(T3)建設案を政府に提出した。  同案によると、新...>> 続き
これより過去の記事は、経済記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2019 All Rights Reserved
運営:Viet Economic Research and Advisory Corporation (略称:VERAC)