ベトナムニュース総合情報サイトVIETJO [ベトジョー]
 ようこそ ゲスト様 

国内航空会社の定時運航率、バンブー航空が最高に

2019/03/12 16:24 JST配信
(C) vneconomy
(C) vneconomy 写真の拡大

 交通運輸省傘下のベトナム航空局は、2019年1月19日~2月18日における国内航空会社5社のフライトの定時運航に関するデータを発表した。

 1月16日に運航を開始した、地場不動産会社FLCグループ[FLC](FLC Group)が全額出資するバンブー航空(Bamboo Airways)は、運航便数が507便で、定時運航率が94.5%となり5社中で最も高かった。

 一方、格安航空会社(LCC)ジェットスター・パシフィック(Jetstar Pacific Airways=JPA)は運航便3291便、定時運航率が74.5%で最低だった。

 ベトジェットエア[VJC](Vietjet Air)は運航便1万2442便のうち全体の21.5%にあたる2677便が遅延、定時運航率が78.5%だった。

 ベトナム航空[HVN](Vietnam Airlines)は運航便1万2063便で、定時運航率が88.9%だった。一般航空事業(工業や科学研究、捜索救難などの目的および個人の目的で航空機を運航する事業)を手掛けるHVN傘下のベトナムエアサービス社(VASCO)は運航便数が1060便、定時運行率が90.8%だった。

 業界全体では、同期間の運航便数が前年同期比+22.8%増の2万9363便で、このうち2万4379便が定時運航となり、平均定時運航率は83%だった。欠航便数は18便で、うちHVNの欠航便数が全体の66.7%にあたる12便を占めた。

Clip to Evernote
[Vneconomy 10:17 09/03/2019, A].  © Viet-jo.com 2002-2022 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
最新ニュース [経済]
ノイバイ空港とタンソンニャット空港、滑走路と誘導路を運用再開 (28日)
 27日、ハノイ市ノイバイ国際空港の1A滑走路とS1誘導路、S2誘導路、S7誘導路の運用が再開された。  これに先立つ昨年9月、交通運輸省は同空港の1B滑走路の運用を再開した。この滑走路2本は2020年6月に着工し...>> 続き
ロールス・ロイス、ホーチミンにサービスセンター開業 (28日)
 衣料品や時計、装飾品などの高級品の販売を手掛ける地場S&Sグループ(S&S Group)傘下のS&Sオートモーティブ(S&S Automotive)は、ホーチミン市タンビン区コンホア(Cong Hoa)通り20番地に「ロールス・ロイス(Rolls...>> 続き
ホーチミン:21年の観光収入、前年比▲48%減 (28日)
 ホーチミン市観光局によると、2021年の外国人観光客はゼロだったが、国内観光客数は前年比▲41.12%減の935万人で年間計画の62.3%を達成。観光収入は同▲47.65%減の44兆2470億VND(約2200億円)で年間計画の70%...>> 続き
国産EV「VF 8」が初走行 ビンG会長が国家主席を乗せて自ら運転 (28日)
 地場系コングロマリット(複合企業)ビングループ[VIC](Vingroup)傘下のビンファスト(VinFast)は26日、自社製電気自動車(EV)「VF 8(旧名:VF e35)」の初走行をお披露目した。  「VF 8」の初走行は、VICのファ...>> 続き
スーパー各店、テト前は深夜まで営業 イオンは旧暦元旦も営業 (28日)
 スーパー各店は、テト(旧正月)前の需要増に応えるべく営業時間を延長している。  小売大手のホーチミン市商業合作社(サイゴンコープ=Saigon Co.op)が展開する◇スーパーマーケット「コープマート(Co.opmart...>> 続き
これより過去の記事は、経済記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2022 All Rights Reserved
運営:VERAC Company Limited