ベトナム総合情報サイトVIETJO [ベトジョー] ベトナムの最新時事ニュースを毎日無料配信!
 ようこそ ゲスト様 

国内航空会社定時運航率、1-9月期もバンブー航空がトップ―遅延最多はジェットパシ

2019/10/09 15:18 JST配信
Clip to Evernote
イメージ写真
イメージ写真 写真の拡大

 交通運輸省傘下のベトナム航空局(CAAV)によると、2019年1-9月期に国内航空会社5社で最も定時運航率が高かったのは、地場不動産会社FLCグループ[FLC](FLC Group)が全額出資するバンブー航空(Bamboo Airways)だった。同期における同社の運航便数は計1万2005便、うち定時運航便数は1万2380便、定時運航率は業界全体の平均85.5%を大きく上回る93.9%となっている。

 2番目に定時運航率が高かったのは、ベトナムエアサービス社(VASCO)で、運航した9754便中、定時運航したのは全体の93.1%相当の9078便。続いて、ベトナム航空[HVN](Vietnam Airlines)は、定時運航率88.4%で、ベトジェットエア[VJC](Vietjet Air)は82.8%の順。

 同期間で定時運航率が最低だったのは、格安航空会社(LCC)ジェットスター・パシフィック(Jetstar Pacific Airways=JPA)。運航便2万7421便のうち、定時運航便数は2万1949便で、定時運航率は80.1%だった。

 CAAVによると、遅延発生の主な原因は天候によるものだという。このほか、航空会社の技術や空港の設備の問題なども挙げられる。

[ tinnhanhchungkhoan 16:09 7/10/2019 U].  © Viet-jo.com 2002-2021 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
最新ニュース [経済]
ニンビン省:ケインガー・バンチン観光区を建設へ、投資総額10億USD超 (13:29)
 北部紅河デルタ地方ニンビン省人民委員会はこのほど、2050年までを視野に入れた2030年までのケインガー・バンチン(Kenh Ga – Van Trinh)観光区建設計画案を承認した。  同案件は、同省ザービエン郡ザ...>> 続き
ビングループのLG電子スマホ事業買収計画、合意ならず白紙に (13:12)
 韓国メディアによると、韓国のLG電子(LG Electronics)がベトナムのコングロマリット(複合企業)ビングループ[VIC](Vingroup)にスマートフォン事業を譲渡する計画について、双方で交渉を進めていたが、合意に至ら...>> 続き
ビンスマート製のスマホ3機種、米国で販売開始 39.9USDから (5:21)
 ビングループ[VIC](Vingroup)傘下のビンスマート(VinSmart)が製造した米国の通信大手AT&Tブランドのスマートフォン3機種が、今年初めから米国で販売されている。  3機種は、「マエストロ・プラス(Maestro P...>> 続き
ホーチミン:メトロ5号線第2期、韓国の銀行がFS調査向け融資を提案 (3:08)
 ホーチミン市都市鉄道(メトロ)管理委員会(MAUR)は、韓国輸出入銀行(KEXIM)がメトロ5号線(カンズオックバスターミナル~サイゴン橋間)の第2期(バイヒエン交差点~カンズオックバスターミナル区間)の事業化調査(F...>> 続き
ハイズオン省:クオックトゥアン・アンビン工業団地を建設へ、投資総額90億円 (24日)
 チン・ディン・ズン副首相はこのほど、北部紅河デルタ地方ハイズオン省ナムサック郡におけるクオックトゥアン・アンビン(Quoc Tuan - An Binh)工業団地のインフラ整備・開発投資案を原則承認した。  投資主...>> 続き
これより過去の記事は、経済記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2021 All Rights Reserved
運営:VERAC Company Limited