ベトナム総合情報サイトVIETJO [ベトジョー] ベトナムの最新時事ニュースを毎日無料配信!
 ようこそ ゲスト様 

国内航空会社定時運航率、1-9月期もバンブー航空がトップ―遅延最多はジェットパシ

2019/10/09 15:18 JST配信
Clip to Evernote
イメージ写真
イメージ写真 写真の拡大

 交通運輸省傘下のベトナム航空局(CAAV)によると、2019年1-9月期に国内航空会社5社で最も定時運航率が高かったのは、地場不動産会社FLCグループ[FLC](FLC Group)が全額出資するバンブー航空(Bamboo Airways)だった。同期における同社の運航便数は計1万2005便、うち定時運航便数は1万2380便、定時運航率は業界全体の平均85.5%を大きく上回る93.9%となっている。

 2番目に定時運航率が高かったのは、ベトナムエアサービス社(VASCO)で、運航した9754便中、定時運航したのは全体の93.1%相当の9078便。続いて、ベトナム航空[HVN](Vietnam Airlines)は、定時運航率88.4%で、ベトジェットエア[VJC](Vietjet Air)は82.8%の順。

 同期間で定時運航率が最低だったのは、格安航空会社(LCC)ジェットスター・パシフィック(Jetstar Pacific Airways=JPA)。運航便2万7421便のうち、定時運航便数は2万1949便で、定時運航率は80.1%だった。

 CAAVによると、遅延発生の主な原因は天候によるものだという。このほか、航空会社の技術や空港の設備の問題なども挙げられる。

[ tinnhanhchungkhoan 16:09 7/10/2019 U].  © Viet-jo.com 2002-2021 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
最新ニュース [経済]
20年の韓国の対ベトナム輸出入統計、ICT輸出額は過去最大 (26日)
 韓国の対ベトナム輸出入統計が、韓国政府各機関から発表された。  関税庁によると、2020年の年間輸出額は前年比▲5.4%減の5127億8900万USD(約53兆3300億円)、輸入額は同▲7.1%減の4675億4900万USD(約48兆63...>> 続き
映画館「ベータ・シネマズ」、ホーチミン進出 大和PIパートナーズ出資 (26日)
 ベトナムで安価なシネコンチェーン「ベータ・シネプレックス(Beta Cineplex)」を運営するベータ・メディア(Beta Media)は22日、ホーチミン市ゴーバップ区に同市初の「ベータ・シネマズ(Beta Cinemas)」をオープ...>> 続き
FPT、ノートPC販売店68店舗オープンへ 新型コロナ禍需要捉える (26日)
 ベトナムIT最大手のFPT情報通信[FPT](FPT Corporation)傘下で携帯電話・IT製品小売事業を手掛けるFPTリテール[FRT](FPT Retail)は、2021年のFPTショップ成長戦略を発表し、>> 続き
ハノイ:メトロ3号線、試運転開始 市民が車両見学 (26日)
 ハノイ市で建設中の同市都市鉄道(メトロ)3号線(ニョン~ハノイ駅区間)は22日、試運転を開始した。  試運転では、鉄道に関連する総合的技術やソリューションを提供するフランスの多国籍企業アルストム(Alsto...>> 続き
韓国国際協力団、フエのスマートシティ構築を支援 (26日)
 北中部地方トゥアティエン・フエ省はこのほど、韓国国際協力団(KOICA)との間で、2021~2025年期のスマートシティ構築案件に関する提携契約を締結した。  同案件への投資総額は1480万USD(約15億4000万円)。...>> 続き
これより過去の記事は、経済記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2021 All Rights Reserved
運営:VERAC Company Limited