ベトナム総合情報サイトVIETJO [ベトジョー] ベトナムの最新時事ニュースを毎日無料配信!
 ようこそ ゲスト様 

1-3月期の国内航空会社定時運航率、トップは引き続きバンブー航空

2019/05/24 16:21 JST配信
Clip to Evernote
(C) vnexpress
(C) vnexpress 写真の拡大

 国内航空会社5社は2019年1月-3月期に計8万1193便を運航した。同期間の定時運航率は84.6%だった。航空会社別で見てみると、最も定時運航率が高かったのは、地場不動産会社FLCグループ[FLC](FLC Group)が全額出資するバンブー航空(Bamboo Airways)の92.7%。同期間に運航した2024便中、遅延したのは全体の7.3%の147便のみだった。

 2番目に定時運航率が高かったのは、ベトナムエアサービス社(VASCO)の92.3%で、運航した3312便中、遅延したのは全体の7.7%相当の255便。運航本数が2番目に多いベトナム航空[HVN](Vietnam Airlines)は、運航した3万3417便中、遅延したのは3561便で、定時運航率は89.3%。

 運航本数が最多のベトジェットエア[VJC](Vietjet Air)は、3万3646便のうち全体の21.5%にあたる6227便が遅延、定時運航率は81.5%。

 同期間で定時運航率が最低を記録したのは、格安航空会社(LCC)ジェットスター・パシフィック(Jetstar Pacific Airways=JPA)。運航便8794便のうち全体の26.4%にあたる2324便が遅延。定時運航率は73.6%だった。

[Zing 12:25 23/05/2019 U].  © Viet-jo.com 2002-2019 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
最新ニュース [経済]
アジア開銀、ベトナムのGDP成長率予想を上方修正―1-9月期の高成長で (14:49)
 アジア開発銀行(ADB)は11日、「アジア経済見通し(Asian Development Outlook=ADO)」の補足版(Asian Development Outlook Supplement=ADOS)を発表し、ベトナムの国内総生産(GDP)成長率見通しを上方修正した。 ...>> 続き
サイゴンコープ、高級スーパー「ファインライフ」初オープン (13:04)
 小売最大手のホーチミン市商業合作社(サイゴンコープ=Saigon Co.op)はこのほど、ホーチミン市10区のハードー(Ha Do)住宅区(200 duong 3 thang 2, quan 10, TP. Ho Chi Minh)に新ブランドの高級スーパーマーケ...>> 続き
電子マネー「MoMo」、オンライン公共サービスの決済手段に (5:02)
 携帯電話を通じた電子決済サービス(電子マネー)「モモ(MoMo)」は、9日に稼働を開始した国家公共サービスポータルサイト<www.dichvucong.gov.vn>における決済手段となっている。  モモを運営するオンライ...>> 続き
チュングエン会長妻、離婚後はベトナム女性個人資産家第4位に (3:58)
 国内大手コーヒーメーカーのチュングエングループ(Trung Nguyen Group)の会長を務めるダン・レ・グエン・ブー氏(48歳)の妻であるレ・ホアン・ジエップ・タオ女史(46歳)は、総資産4兆VND(約190億円)近くでベトナ...>> 続き
バンブー航空、B787-9型機ドリームライナーを初受領 (11日)
 地場不動産会社FLCグループ[FLC](FLC Group)が全額出資するバンブー航空(Bamboo Airways)は9日、米ボーイング社(Boeing)の中型ジェット旅客機「B787-9型機ドリームライナー(Dreamliner)」1機を初めて受領した。...>> 続き
これより過去の記事は、経済記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2019 All Rights Reserved
運営:Viet Economic Research and Advisory Corporation (略称:VERAC)