ベトナムニュース総合情報サイトVIETJO [ベトジョー]
 ようこそ ゲスト様 

【第11回】幼稚園と子どもとコロナ

2020/06/25 10:35 JST配信

テトが明け、さあこれから3学期という時に「新型コロナウイルス感染症(COVID-19)」の影響により、2月から学校の休園休校が始まりました。当初は2週間刻みだった政府からの通達に、その頃はまさかこんなに長引くとは思わず、幼稚園としても、その都度どう対処していいか随分と迷っていました。

今回のコロナ自粛で最初に感じたことは、 幼稚園としてのコロナ対策は、保育のねらいと真逆の対応をしないといけなかった ということです。子ども達が幼児期にどれだけたくさんの人と接して、そこから愛情を感じ成長の糧にしていくかということが保育の本質です。人との濃厚接触を避けること、ソーシャルディスタンシングを取ること、コロナ対策のこれらは、極端な話ですが、泣きながら登園する子どもにも近寄れない状況を生み出し、仲間意識を高めていく鬼ごっこもできず、遊びが制限されるいう心配が出ました。

3月には20名の卒園生を送り出しました。しかし、4月からの新入園児、転園児はベトナム入国ができず、未だ日本で待機の状態です。4月に入り、日本の新年度スタート時に幼稚園が始まらないということは、保育者にとっても最大のストレスでした。しかしこのまま何もせずに、ただ開園の通達を待つだけでは、子どもたちや保護者の皆様のストレスも溜まる一方になると考え、動画配信を計画しました。内容は絵本の読み聞かせ、教材を宅配して工作アート、ダンス、クッキング、そしてベトナム語講座も作成しました。ただし、小さな画面に向かって作る動画は、私たち保育者にとっては不本意なものでした。本来であれば、子どもたちと直接対面をして、まだ十分に自分の気持ちを言葉で表すことのできない 彼らの気持ちを察することや、寄り添うことが日常の保育の営み だからです。動画配信はそれができず、一方的な思いになってしまいます。また、小学生以上と比べると、オンライン授業など、ソーシャルディスタンシングを取った授業体制と幼稚園の保育体制は明らかに違うことを確信することができました。

5月、ようやく3ヶ月振りに幼稚園を再開することができました。休園中に私たち保育者が感じたこと、コロナ対策として幼稚園で実施することを、最初に保護者の皆様にお伝えいたしました。まずは、幼稚園教職員の健康管理、ご家庭での健康管理、手洗い、除菌の強化を徹底すること。その上で、通常保育を行うことをご理解いただきました。そして、園児たちの登園は年長組から段階的に始めました。3学期はほとんど登園をしていない状態だったので、この間に日本に帰国していたり、退園した仲間の報告もしないままになってしまっていました。子ども達の登園の様子がとても心配でした。そんな中での登園初日、子どもたちはやや緊張した面持ちでバスから降りてきました。ですが、保育者たちの心配をよそにすぐに元気な声が園舎に響き渡りました。「子どもたちが来てくれた!」「やっといつもの幼稚園になった!」と嬉しさがこみ上げ、”幼稚園”という存在の意義を感じました。

新しい時代になっていくと誰もが思い始めた中、 今後、保育のあり方も変わるだろう と考えます。京都大学の山際学長は、ゴリラの研究で有名な方です。人間の本質とは、(ある意味ゴリラ社会に学ぶこともあると言いつつ)生物としてそれぞれの違いを前提に集まって接触し、協働することができ、それによって生きる喜びや生きる意味を見つけていくことができることだと述べています。見知らぬ人ともすぐに手を組んで、共感することができるという人間の特質が、今禁止され奪われようとしている。それをどうやって復活させるか、色々とアイディアを出さないといけない時代を迎えると言っています。これまでのように他者に近づけない、触れることができない、これが日常となっていく中で育っていく子どもたちに我々大人が、子ども達に伝えていくことは何かを改めて考えています。

著者紹介
多々内三恵子
おおぞら日本人幼稚園理事長・園長。

タオディエン日本人幼稚園園長。

静岡大学教育学部附属幼稚園・青山学院幼稚園教諭を経てホーチミンで日系幼稚園を開園。

日本の保育を真摯に、かつユニークに展開中。

子どもの世界の面白さを語ったら止まらない。

>> おおぞら日本人幼稚園ウェブサイト

>> タオディエン日本人幼稚園フェイスブックページ
子育て奮闘中のパパママにエール!
その他の記事はこちら>
© Viet-jo.com 2002-2024 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。 免責事項
新着ニュース一覧
米半導体メーカー2社が支援、IC設計研修プログラム開講 (16:44)

 計画投資省傘下のベトナム国家イノベーションセンター(NIC)と、米国の半導体メーカーであるコルボ(Qorvo)とケイデンス(Cadence)の2社は16日、IC設計研修プログラムの開講式を開催した。合わせてNICとコルボとの...

ホーチミン:市内病院の評価23年版、1位はフンブオン産婦人科病院 (14:14)

 ホーチミン市保健局は15日、市内病院120か所を評価した2023年版の結果を公表した。  この評価結果は、公立病院51か所、私立病院63か所、医療センター4か所、組織傘下の病院2か所を対象に、施設やサービスの...

アジア開銀、ベトナムの24年と25年のGDP成長率予想を据え置き (13:42)

 アジア開発銀行(ADB)は17日に発表した「アジア経済見通し(Asian Development Outlook=ADO)」に関するレポートの中で、ベトナムの2024年における国内総生産(GDP)成長率予想を+6.0%、また2025年の予想を+6.2%...

夜のカフェ、見知らぬ仲間と人狼ゲームに興じる若者たち (14日)

 21時、仕事を終えたカイン・リンさん(女性・24歳)は、ハノイ市ドンダー区にあるカフェに急いで向かった。カフェにはすでに約30人が集まっており、「人狼ゲーム」の開始を待っていた。  リンさんは、この3か...

ハノイに韓国風フォー店とデザート店が開業、フォーは朝鮮人参入り (13:19)

 ハノイ市ナムトゥーリエム区の京南ハノイランドマークタワー(Keangnam Hanoi Landmark Tower=ランドマーク72=Landmark 72)2階にこのほど、韓国式フォーレストランが開業した。  「フォー100(Pho100)」は...

ベトナム企業の9割が24年業況を楽観視、UOB銀の調査 (6:54)

 シンガポール系ユナイテッド・オーバーシーズ銀行ベトナム(UOB Vietnam)が発表した景況感に関する調査「UOBビジネスアウトルック(UOB Business Outlook)」2024年版によると、ベトナム企業の約9割が2024年の業況...

国内航空会社6社、1~6月期の運航便数13万便 定時運航率75.7% (6:17)

 交通運輸省傘下のベトナム民間航空局(CAAV)によると、2024年1~6月期における国内航空会社6社の運航便数は12万9527便だった。  同期に運航便数が最も多かったのはベト

ビンファスト、フィリピンで初の代理店3店舗オープン (5:55)

 地場系コングロマリット(複合企業)ビングループ[VIC](Vingroup)傘下の電気自動車(EV)メーカーであるビンファスト(VinFast)は、フィリピンで初となる正規代理店3店舗が16日にオープ

ホーチミン:深夜便と宿泊施設の利用促すキャンペーン始動 (5:43)

 ホーチミン市観光局は15日、同市観光協会やベトナム航空[HVN](Vietnam Airlines)と連携して、同市を訪れる観光客に深夜便や宿泊施設の利用を促すキャンペーン情報を発表した。

ベトナムのホワイトカラー人材紹介市場、4~6月の動向 (4:30)

 世界11か国で人材紹介事業を展開する株式会社ジェイエイシーリクルートメント(東京都千代田区)は、2024年4~6月におけるベトナムのホワイトカラー人材紹介市場の動向を発表した。  ベトナムの求人数は前年...

神戸製鋼所、ハナム省に銅板条スリット加工・販売拠点を開所 (4:07)

 株式会社神戸製鋼所(兵庫県神戸市)は13日、北部紅河デルタ地方ハナム省の第3ドンバン工業団地に設立した電子材料用銅板材のスリット(条切り)加工・販売および技術サービスを行う「コベルコ・カッパー・アロイ・...

ハイブリッドテクノロジーズ、ドコドアを子会社化 (3:22)

 日本とベトナムのリソースを活用したハイブリッドなシステム開発を行う株式会社ハイブリッドテクノロジーズ(東京都中央区)は、総合デジタルマーケティング事業などを手掛けるドコドア株式会社(新潟県新潟市)の...

GKI、ダナンに開発センターを開設 (2:35)

 法人向け研修サービスやシステム構築・配信支援サービスなどを手掛ける株式会社GKI(北海道札幌市)は、南中部沿岸地方ダナン市に開発センター(ラボ)を開設した。  同社はテックゼン社(Techzen)とオフショア...

バンコクのベトナム系6人死亡事件、1人が5人を毒殺し自殺 (17日)

 タイの首都バンコク中心部の5つ星ホテルの客室で16日午後5時半ごろ、宿泊客のベトナム人4人とベトナム系米国人2人の計6人が死亡しているのが発見された事件で、タイ警察は17日、6人のうちの1人が飲み物にシアン...

財政省、減税政策を終了へ 25年以降は財政引き締め (17日)

 ホー・ドゥック・フォク財政相は15日に開催された1~6月期の国家財政総括会議で、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響を緩和するための支援策として実施してきた減税政策を終了すべき時が来たとの見解を...

©VIETJO ベトナムニュース 2002-2024 All Rights Reserved