ベトナムニュース総合情報サイトVIETJO [ベトジョー]
 ようこそ ゲスト様 

【第71回】誰がハノイのメトロを利用しているのか

2023/12/11 16:00 JST配信

ハノイでは、初のメトロシステムが導入されて以来、新たな交通手段が出来、利用者も増え一部のベトナム人の生活習慣に変化を与えています。バイク移動に慣れ親しんできたベトナム人の中でどのような人がメトロを利用しているのでしょうか?ハノイの乗降客に対して調査を実施してみました。

利用者は通勤・通学などに日常的に利用

調査結果から、回答者の約50%が少なくとも一日に一度はメトロを利用している日常利用者であることがわかりました。主に、仕事や学校への通勤・通学の用途としての利用が一般的でその他友人・知人などとの待ち合わせなどにも利用されています。

利用の理由は便利さ・安心・渋滞回避

利用者の方々も、以前はメトロサービスが始まる前は同様の目的ではバイクを利用していた様です。それでは、なぜ彼らはバイクではなくメトロを選ぶようになったのでしょうか? メトロを他の手段よりも選ぶ際のトップ3の動機を尋ねたところは、交通渋滞の回避(90%)、便利さ(72%)、および安全への懸念(69%)が主な理由として挙がってきました。交通渋滞などを避ける安全な交通手段として、日常的に一部のユーザに利用されています。また、特に天候の悪い時や道路が混み合う時間帯などはメトロを利用する割合が多い様です。

ユーザーは手頃さ、清潔さ、交通渋滞からの解放感についてメトロを称賛しています。「メトロでの移動は安く、クールで、交通渋滞もなく清潔だ」といった声が聞かれました。

最寄駅からの移動は徒歩

一方で、彼らはどのようにして駅へ/目的地への交通手段を提供していますか。最も多いのは徒歩で移動するケースですが、一部は駅までバイクで移動し駐輪したり、Grabなどのバイクライドを含むバイクを利用しています。メトロ利用者の殆どは駅までの距離が数百メートル圏の場所から移動しており、また最寄駅から目的地までも同様に近隣の場合にメトロを資料しています。メトロの駅やルートが自身の交通プランにうまく合致している社会人や学生がメトロを頻繁に利用している様です。

快適さ、速さ、安全性に対する高い満足度

ユーザーは、手頃さ、快適さ、速さ、定時性、サービス、安全性など、メトロのさまざまな側面に対して高い満足度を表明しています。ただし、駐車施設については多少満足していないユーザもいるものの総じてサービスについては高い満足が得られている様です。

メトロは、特に最寄りのメトロ駅に住んでいる人々のライフスタイルに大きな変化を与えている様です。2024年にホーチミンでもメトロの運行が予定されていますが、同様に近隣在住者のライフスタイルに大きな影響を与えるのではないでしょうか?。

著者紹介
株式会社Asia Plus代表取締役社長 黒川賢吾

株式会社Asia Plus ( www.asia-plus.net )代表取締役社長。
NTT、ソニー、ユニクロにて海外マーケティングを担当。
2014年にAsia Plusを設立しベトナムマーケットリサーチサービス
「Q&Me( www.qandme.net )」を展開中


統計から見るベトナム
その他の記事はこちら>
© Viet-jo.com 2002-2024 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。 免責事項
新着ニュース一覧
5G対応エリア、25年までに全国拡大 情報通信省目標 (12日)

 情報通信省はこのほど、「2025年までのベトナム移動通信ネットワークの品質向上計画」を承認した。同計画は、個人や企業のサービス利用体験を向上させるほか、デジタル経済、デジタル社会、デジタル政府の促進...

1~6月期のベトナム人海外派遣労働者数7.9万人、日本向けが最多4.. (12日)

 2024年1~6月期にベトナムから海外に派遣された労働者数は7万8640人で、前年同期から微増となり、年間計画の約63%に達した。なお、労働傷病兵社会省は、2024年にベトナムから海外に派遣する労働者数の目標を計...

23年の全国平均月収は3.1万円、1位はビンズオン省の5.2万円 (12日)

 統計総局(GSO)による全国63省・市を対象とした2023年の世帯生活水準調査(確定値)によると、全国の1人当たり平均月収は、前年比+6.2%増の496万VND(約3万1000円)に増加した。  1人当たり平均月収のトップ5の...

ろう者の男性と両脚を失った女性、他人同士の2人が共に生きるわけ (7日)

 南中部沿岸地方クアンナム省タムキー市タンタイン街区にある小さな家で、共に身体にハンデを抱えながら、30年間にわたり静かに支え合って生きてきた男女がいる。初めて会った人には夫婦か兄妹と思われるが、実...

違反発覚のトゥアンアンG、落札した高速道路案件から撤退 (12日)

 ベトナム全国で多くの道路・橋梁プロジェクトを落札している建設会社トゥアンアングループ(Thuan An Group)は、違反が摘発され、複数の役員が逮捕されたことを受け、同社が落札したカインホア(南中部沿岸地方カ...

海外電子署名認証サービス提供組織の認定に関する通達を発出 (12日)

 情報通信省はこのほど、ベトナムで海外の電子署名の認証サービスを提供する組織の認定、ベトナムにおける海外の電子署名の認定・認証に関する通達第6号/2024/TT-BTTTT(8月15日施行)を発出した。  通達には...

バン国会財政予算常務委員を逮捕、職権乱用で (12日)

 国会財政予算委員会のレ・タイン・バン常務委員(男・60歳)が、北部紅河デルタ地方タイビン省警察によって逮捕された。逮捕状の発行は同省人民検察院が承認した。同省警察が10日に明らかにした。  バン容疑...

4つの送り出し機関が韓国の介護事業者と提携、人材派遣と教育で (12日)

 高齢者介護事業を手掛ける韓国のケアドク(Caredoc)はこのほど、ベトナムの4つの人材育成機関との間で、高齢者介護人材の育成と韓国への派遣に関する覚書(MOU)を締結した。  同社と提携したのはドンドー日本...

バンブー航空、イスラエルIAIと航空機エンジンのメンテナンス契約 (12日)

 地場不動産デベロッパー大手FLCグループ[FLC](FLC Group)傘下のバンブー航空(Bamboo Airways)は、イスラエルの航空機メーカーであるイスラエル・エアロスペース・インダストリーズ(

ラム国家主席がラオス訪問、就任後初の外遊 ビンファスト製EV贈呈 (12日)

 トー・ラム国家主席は11日、ラオス公式訪問を開始した。13日までの日程でラオスとカンボジアを歴訪する。  11日午前にラオスの首都ビエンチャンで歓迎式典が盛大に執り行われた後、ラム国家主席はトーンル...

バクザン省:ジフテリアの感染者1人を新たに確認 (12日)

 東北部地方バクザン省でジフテリアの感染者として確認されたM・T・Bさん(女性・18歳)と濃厚接触があった同省在住のB・H・Gさん(女性・29歳)が、ジフテリアに感染していることがわかった。同省疾病管制センター(...

小型潜水艦自主製造の会社社長が引退の意向、プロジェクト譲渡へ (12日)

 小型潜水艦の「チュオンサ号」や「ホアンサ号」を自主設計・製造したことで知られる実業家のグエン・クオック・ホア氏(男性・67歳)は8日、小型潜水艦プロジェクトを譲渡する意向を明らかにした。  ホア氏は...

ユニクロ、ホーチミンの「ビンコム・グランドパーク」に新店舗 (12日)

 カジュアルブランド「ユニクロ(UNIQLO)」のベトナム現地法人ユニクロ・ベトナム(UNIQLO Vietnam)は7月20日、ホーチミン市直轄トゥードゥック市にある大型商業施設「ビンコム・メガモール・グランドパーク(Vinco...

6月の新車販売台数統計、1~6月期の販売台数上位20ブランド (12日)

 ベトナム自動車工業会(VAMA)の発表によると、2024年6月におけるVAMA加盟企業とVAMA非加盟企業を合わせた新車販売台数(TCモーターおよびビンファスト=VinFast含まず)は前月比+3%増、前年同月比では+12%増の2...

メープルツリー、ホーチミンの複合施設を「JWマリオット」に刷新 (12日)

 シンガポールの不動産投資会社メープルツリー・インベストメンツ(Mapletree Investments)はこのほど、米マリオット・インターナショナル(Marriott International)との間で、ホーチミン市における「JWマリオット...

©VIETJO ベトナムニュース 2002-2024 All Rights Reserved