ベトナムニュース総合情報サイトVIETJO [ベトジョー]
 ようこそ ゲスト様 

ベトナム経済を振り返る:対外収支編 2023年版

2024/02/09 06:01 JST配信
イメージ画像
イメージ画像 写真の拡大

マクロ経済:対外収支

 外資誘致、堅調な輸出活動、そして在外ベトナム人(越僑や海外派遣労働者など)からの本国送金は揃ってベトナムの総合収支に大きく貢献している。

 2023年の海外直接投資(FDI)認可額(推定値)は前年比+32.0%増の366億USDへと大幅に増加した。また、同年の実行額(推定値)は同+3.5%増の232億USDに増加した(計画投資省傘下の海外投資局=FIAデータ)。

 また、貿易収支は2016年~2023年に8年連続で黒字を計上、総合収支に大きく貢献した。中でも、2023の貿易収支は280億USDの黒字となっており、輸出総額の7.9%に相当し、黒字が続く直近8年間で最高だった。

 世界情勢の複雑化を背景に景気低迷が続く中、2023年の輸出総額は前年比▲4.4%減の3555億USDへと小幅に減少し、同年の輸入総額も同▲8.9%減の3275億USDに減少した。同年の輸出額対GDP比率は9割弱に達しており、地域で最も輸出依存度の高い国の1つとなっている。

 この背景として、政府がFDI誘致や輸出志向工業政策を継続的に推進していることが挙げられる。事実、輸出総額をセクター別でみてみると、外資セクターの輸出額は輸出総額の7割強と圧倒的な割合を占めた。主力輸出製品は、コンピューター・電子製品・部品がトップ、続いて、◇携帯電話・部品、◇機械・設備・部品、◇衣料・織物、◇履物、◇車両・部品、◇木材・木工品などとなっている。

 なお、ベトナムの最大輸出先は米国で、同国向け輸出額は輸出総額の約3割を占め、他の主要輸出先は、◇中国、◇韓国、◇日本、◇オランダ、◇ドイツなど。一方、最大輸入元は中国で、同国からの輸入額は輸入総額の3割を占め、他の主要輸入元として、◇韓国、◇日本、◇台湾、◇米国、◇タイなどが挙げられる(2023年データ)。

 ベトナムの輸出において韓国の財閥企業であるサムスングループの存在感が高く、同社のベトナム事業全体の売上高はベトナムのGDPの2割、輸出額もベトナムの輸出額の2割に寄与している。ベトナム製のサムスンブランドのスマートフォンは世界100か国・地域以上に輸出されており、全世界の同ブランドスマートフォンのうち、半分がベトナムで製造されている。

 2023年における在外ベトナム人からの本国送金額は160億USDだったと推定される。2000年から2023年までの期間における本国送金額の累積額は1760億USD、年平均額は73億USDと試算される。リーマンショックの影響を受けた2008年と新型コロナが発生した時期を除き、本国送金額は同期間にほぼ増加の一途を辿った。

 この背景には、ベトナムは大量の在外ベトナム人を抱えていることがある。ベトナムでは、第一次インドシナ戦争とベトナム戦争が相次いで発生し、ベトナム戦争後も体制反対や貧困回避のボートピープルなどの海外脱出が1980年後半まで続いたという歴史的な背景があり、米国やオーストラリア、カナダ、フランス、ドイツなどを中心に世界130か国・地域以上に530万人もの越僑が居住している(2023年1月データ)。また、ベトナム政府は貧困対策の国策として1990年代から海外への労働者派遣を強化しており、海外に出稼ぎしているベトナム人の数は65万人に上っている(2023年10月データ)。主な派遣先として、日本や台湾、韓国、中国などが挙げられる。

 中央銀行はこれを踏まえ、外貨を継続的に買い入れ、2021年末時点で外貨準備高を史上最高水準となる1094億USDにまで積み上げた。これは、2010年時点の8.8倍、2015年時点の3.9倍に相当した。

 しかし、米国での高インフレを背景とした米国連邦準備制度理事会(FRB)による利上げの実施を受け、中央銀行は国内通貨を安定化させるべく、2022年中にドン買い・米ドル売りの為替介入を継続的に行った。中央銀行によるドン買い・米ドル売りの為替介入によって、2022年末時点の外貨準備高は865億USDに減少したが、2023年には990億USDまで回復し、健全な範囲内だとみられている。

[2024年2月6日 ベトジョーニュース A].  © Viet-jo.com 2002-2024 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。 免責事項
新着ニュース一覧
2月全国CPI、前年同月比+3.98% 前月比は+1.04%(推定値) (15:51)

 統計総局(GSO)の発表によると、2024年2月の全国消費者物価指数(CPI)は前月比+1.04%、前年同月比では+3.98%上昇した。1~2月期の上昇率は前年同期比+3.67%だった。  2月のCPIが前月比で上昇した要因は、◇...

キッツ、半導体装置市場向けバルブ生産でベトナム工場に工場棟を.. (15:47)

 バルブ及びその他の流体制御用機器とその付属品の製造・販売を手掛ける株式会社キッツ(東京都港区)は、半導体装置市場向けの高純度ガス対応バルブの生産のため、ベトナムに設立したグループ会社のキッツ・コー...

ベトジェットエア、ホーチミン~ビエンチャン線を就航 キャンペ.. (15:30)

 格安航空会社(LCC)最大手ベトジェットエア[VJC](Vietjet Air)は25日、ホーチミン市とラオスの首都ビエンチャンを結ぶ初の直行便を就航した。  同日、ホーチミン市

都会の自宅で過ごす念願のテトは「苦い味」 (25日)

(本記事は、ベトナム現地紙の読者コラムを翻訳・編集したものです。)  皆さんは、テト(旧正月)をどのように過ごされただろうか。私はと言えば、ようやく「寂しいテト」が終わってくれた、と救われるような気...

ハノイ:客が喫茶店の警備員を暴行、不吉な番号の駐車券を渡され.. (13:44)

 ハノイ市ドンダー区カムティエン街区にある喫茶店で、駐輪場で不吉な番号の駐車券を渡されたことに腹を立てた男性客が、高齢の警備員を暴行するという事件が発生した。  喫茶店の店主が通報。警察は店主か...

サイゴンハイテクパーク、独シーメンスと半導体人材育成で提携 (13:31)

 ホーチミン市直轄トゥードゥック市にあるサイゴンハイテクパーク(SHTP)は27日、ドイツのシーメンス(Siemens)傘下のシーメンスEDA(Siemens EDA)との間で、半導体回路産業の人材育成に関する提携契約を締結した。...

ハノイ:Wi-Fiパスワードの半数に潜在的な攻撃リスク (6:25)

 ハノイ市のWi-Fiネットワークの半数はパスワードが簡単に盗まれやすく、潜在的な攻撃のリスクに直面していることが、サイバーセキュリティコミュニティ「クッキー・ハン・ホアン(Cookie Han Hoan)」の実験でわ...

ハノイ:行政区を再編へ、村レベルを合併し▲70か所削減 (6:04)

 ハノイ市当局は、街区・村・町(thi tran)に求められる行政区の基準を満たしていない多くの街区・村・町を合併する行政区再編計画を発表した。同計画は3月下旬に開かれる同市人民評議会での採択を経て、政府と国...

ドンナイ省:30年までにロンタイン郡を省直轄市に格上げ (5:55)

 チャン・ホン・ハー副首相はこのほど、「2045年までのロンタイン都市マスタープラン」を承認する首相決定第185号/QD-TTgに署名した。マスタープランによると、東南部地方ドンナイ省ロンタイン郡を2030年までに...

「アースアワー2024」、ベトナムで3月23日に実施 (5:02)

 世界中の人々が同じ日の同じ時刻に電気を消して「地球の環境を守る」思いを分かち合う、世界自然保護基金(WWF)による世界最大級の環境アクション「アースアワー2024」の消灯イベントが、3月23日(土)の20時30分...

フーコック島:「物乞いに金銭あげないで」観光行動規範を公布 (4:14)

 南部メコンデルタ地方キエンザン省フーコック市(島)人民委員会は26日、島における文化的観光行動規範を公布した。  同規範では第4条において、観光客に対して、観光地や道路上で子供、物乞いにモノやお金を...

1~2月期のFDI認可額、前年同期比+38.6%増 日本3位(推定値) (3:11)

 計画投資省海外投資局(FIA)が発表した海外直接投資(FDI)に関するデータによると、2024年1~2月期のFDI認可額(推定値)は前年同期比+38.6%増の42億9000万USD(約6400億円)超だった。  また、同期の実行額(推...

明治、栄養食「明治メイバランス」の海外向け新商品をベトナムで.. (2:02)

 株式会社明治(東京都中央区)は、100%出資子会社のメイジフードベトナム(Meiji Food Vietnam、ハノイ市)から、栄養食ブランド「明治メイバランス」の海外向け新商品「Meiji MeiBalanceシリアルフレーバー」の販...

税務総局、滞納EC事業者の取り締まり強化へ 出国禁止も (28日)

 ベトナム税務総局は、税損失の対策として、税金を納付していない電子商取引(eコマース=EC)個人事業主に対し、制裁を科す方針を明らかにした。  制裁の一環として、制裁対象となる個人事業主はマスメディア...

ホーチミン:周辺の省を結ぶ鉄道8路線を計画、コンサルが中間報告 (28日)

 交通運輸省傘下の鉄道局は、同省傘下の南部交通運輸設計コンサルタント総公社(TEDI South)と交通運輸投資開発コンサルタントセンター(CCTDI)の共同企業体が作成した「ホーチミン市ハブ地区の鉄道路線・駅整備計...

©VIETJO ベトナムニュース 2002-2024 All Rights Reserved