ベトナム総合情報サイトVIETJO [ベトジョー] ベトナムの最新時事ニュースを毎日無料配信!
 ようこそ ゲスト様 

SOLホールディングス、ホーチミンに現地オフィスを開設

2014/12/10 05:23 JST配信
Clip to Evernote
(C) SOLホールディングス
(C) SOLホールディングス 写真の拡大
(C) SOLホールディングス スーパーソルガム
(C) SOLホールディングス スーパーソルガム 写真の拡大

 スーパーソルガム事業を手掛けるSOLホールディングス(東京都品川区)は5日、ベトナムでの事業拡大に向けた準備室として、ホーチミン市に現地オフィスを開設した。

 同社は今後、スーパーソルガム商用化事業の展開に向けて同オフィスをマーケティング拠点として活動を開始し、3か月以内を目処に現地法人の設立及びスーパーソルガム種子の種子登録を完了するほか、2015年春に播種予定の種子を今期中に出荷する計画だ。

 なお、同社は地場のTHミルク(TH Milk)と共にスーパーソルガムの試験栽培に取り組んでおり、その収穫量は現在THミルクが採用している米国産ソルガムに比べ約3倍にも上るという。11月には、日本の農林水産省が主催する「グローバル・フードバリューチェーン戦略」の視察団が北中部ゲアン省にある同社の試験圃場を視察に訪れた。

 スーパーソルガムは、搾汁液からバイオエタノールや砂糖、果糖ブドウ糖液糖を製造できるほか、搾りかすを利用した発電、乳酸発酵飼料や鶏用の飼料などにも活用できる。また、◇乾燥にも多湿にも強い、◇成長が早く収穫量が多い、◇畑でも水田でもよく育つ、◇再生性が高い、◇ゲノム育種が可能、◇糖やバイオエタノールの生産性が高い、◇品種によっては土壌の浄化にも使用が可能、◇多段階利用が可能といった特徴がある。

 日本のスーパーソルガムは成長能力が高く収穫量も多いため、注目を集めている。現在、最も需要が望める分野は乳牛向け飼料となっているが、今後はバイオエタノールやペレット、砂糖の生産にも利用される見込み。同社がベトナムで日本の資本及び技術を用いたスーパーソルガム事業を展開することで、農村・農業従事者の収益力・所得の向上に寄与すると共に、ベトナムの農業の更なる発展や経済効果が期待されている。

[2014年12月8日 SOLホールディングスニュースリリース A].  © Viet-jo.com 2002-2021 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
最新ニュース [日系]
インテージ・ベトナム、WANNAと業務提携 日本企業の「リモート進出」をサポート (13:58)
 市場調査を手掛ける株式会社インテージホールディングス(東京都千代田区)のベトナム現地法人であるインテージ・ベトナム(ホーチミン市)は、食に特化したSNS・アプリ形式のワンストッププラットフォーム「TasteS...>> 続き
総合福祉企業のケア21、ハノイに孫会社設立へ 介護の現地教育を提供 (12:26)
 総合福祉企業の株式会社ケア21(大阪市北区)は、同社100%子会社であるケア21ベトナム(Care21 Vietnam、ハノイ市)のベトナム子会社(ケア21の孫会社)をハノイ市に設立する。  新たに設立する孫会社「ケア21ベ...>> 続き
塩野義製薬、新型コロナウイルスワクチン製造でベトナムへの技術移管を協議 (29日)
 塩野義製薬株式会社(大阪市中央区)は28日、同社が日本で開発中の新型コロナウイルスワクチンの生産に関する技術移管について、ベトナムとの協議を進めていると明らかにした。  同社は「ベトナム企業との技...>> 続き
ベトナムのホワイトカラー人材紹介市場、4~6月の動向 (27日)
 世界11か国で人材紹介事業を展開する株式会社ジェイエイシーリクルートメント(東京都千代田区)は、2021年4~6月におけるベトナムのホワイトカラー人材紹介市場の動向を発表した。  新型コロナウイルス感染...>> 続き
日本・東南アジアの農林水産担当大臣が会合、「持続可能な農業生産及び食料システムに関する共同文書」に合意 (22日)
 19日、日本と東南アジア各国閣僚との「持続可能な農業生産及び食料システムに関する共同文書」に関する合意会合がテレビ会議形式で開催され、ベトナムからレ・クオック・ゾアイン農業農村開発次官が、日本から...>> 続き
これより過去の記事は、日系記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2021 All Rights Reserved
運営:VERAC Company Limited