ベトナム総合情報サイトVIETJO [ベトジョー] ベトナムの最新時事ニュースを毎日無料配信!
 ようこそ ゲスト様 
から まで 記事/ページ

JICA、洪水被害軽減に18億4400万円の無償資金協力

2017/08/11 06:45 JST配信
Clip to Evernote

 国際協力機構(JICA)はハノイ市で10日、ベトナム政府との間で、「水に関連する災害管理情報システムを用いた緊急のダムの運用及び効果的な洪水管理計画」を対象に18億4400万円を限度とする無償資金協力の贈与契約を締結した。

 同事業は、北中部地方トゥアティエン・フエ省を流れるフオン川流域において、日本の技術を活用して河川・ダムの水位、雨量などの水文観測設備と水防災情報システムを構築し、フオン川流域全体の洪水被害の軽減に寄与するもの。

 フオン川流域では、豪雨発生時の利水ダムからの不適切な放流により、洪水被害が多発している。2013年にはダムの適切な管理と安全対策強化について首相が指示を出すなど、流域の3つのダムの豪雨発生時の効果的運用と的確な河川管理が重要課題となっている。

 同事業により、フオン川流域の河川水位・流量観測地点数が増加するほか、雨量、水位の情報伝達頻度の間隔が60分から10分へと短縮するなど、ダムと河川の管理能力が向上し、水関連災害の予防・軽減につながることが期待される。

 実施予定期間は詳細設計・入札期間を含めて工期24か月、実施機関は農業農村開発省およびトゥアティエン・フエ省人民委員会。対象地域・施設は、トゥアティエン・フエ省のフオン川の流域面積約2800km2およびハノイ市となる。

[2017年8月10日 国際協力機構ニュースリリース A].  © Viet-jo.com 2002-2020 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
最新ニュース [日系]
ハイフォン:工業団地に日本庭園「共生の庭」が完成 (4日)
 在ベトナム日本国大使館の岡部大介経済公使は1日、北部紅河デルタ地方ハイフォン市にあるナムカウキエン工業団地内で開催された日本庭園「共生の庭」オープニングセレモニーに出席した。  「共生の庭」は面...>> 続き
クオン、ベトナム現地法人を設立 キャラクター事業展開 (3日)
 世界中のチャットやソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)を通じてキャラクターのプロデュースを行う株式会社クオン(東京都新宿区)は11月24日、子会社「クオンベトナム(Quan Vietnam)」をホーチミン市3...>> 続き
日系海外現地法人の事業展開有望国、ベトナムが7年連続1位 (3日)
 日本政策金融公庫(東京都千代田区)が発表した「第10回取引先海外現地法人の業況調査報告」によると、今後3年程度の事業展開における有望国・地域として、ベトナムが7年連続で1位となった。  同調査は、取引...>> 続き
大和物流、ベトナム現地法人を設立 物流事業を開始 (3日)
 大和ハウスグループの大和物流株式会社(大阪市西区)は11月30日、ベトナム現地法人「大和物流ベトナム(Daiwa Logistics Vietnam)」をホーチミン市1区に設立した。資本金は662億8050万VND(約3億円)、株主構成は大...>> 続き
住友商事、フンイエン省の第2タンロン工業団地で太陽光発電事業を始動 (2日)
 住友商事株式会社(東京都千代田区)は1日、北部紅河デルタ地方フンイエン省で運営する第2タンロン工業団地(TLIP2)において、太陽光発電事業を開始し、入居企業各社へグリーン電力を供給すると発表した。  近...>> 続き
これより過去の記事は、日系記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2020 All Rights Reserved
運営:Verac Company Limited