ベトナム総合情報サイトVIETJO [ベトジョー] ベトナムの最新時事ニュースを毎日無料配信!
 ようこそ ゲスト様 

日系2社、ベトナムで高糖度トマトの栽培に成功―周辺国に輸出も

2018/05/11 13:26 JST配信
Clip to Evernote

 北海道総合商事株式会社(北海道札幌市)と株式会社アド・ワン・ファーム(北海道札幌市)、食品製造・飲食業を手掛ける地場ロータスFID(LotusFID、ホーチミン市)の3社は、合弁会社「北海道ロータスファーム」を設立し、2月に南中部高原地方ラムドン省ダラット市でトマトのハウス栽培を開始、3月下旬に収穫し、4月に高糖度トマトの販売を開始した。

 ベトナムの地域特性を活かした栽培法に加えて人件費も安価であることにから、費用は日本での栽培時の10分の1程度に抑えられている。また、ベトナムでは糖度5度前後のトマトが一般的だが、今回糖度10度以上のトマトの栽培に成功した。

 4月にホーチミン市で開催されたロータスFIDの食品フェアでは、ダラット市で栽培された260kgのトマトがほぼ完売した。

 今後はベトナム現地で好評なトマト、かつ北海道の農業技術を活かしたトマトとして、香港やシンガポールなどの周辺国にも輸出していく計画。販売価格は高価格帯を予定しているが、贈答用としての需要を取り込む。さらに、ロータスFIDの飲食店やスーパーマーケットでも販売を予定している。

[2018年5月9日 北海道総合商事株式会社ニュースリリース A].  © Viet-jo.com 2002-2018 All Rights Reserved.  免責事項
最新ニュース [日系]
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2018 All Rights Reserved
運営:Viet Economic Research and Advisory Corporation (略称:VERAC)