ベトナム総合情報サイトVIETJO [ベトジョー] ベトナムの最新時事ニュースを毎日無料配信!
 ようこそ ゲスト様 

無印良品、ホーチミンのベトナム1号店で生鮮食品販売開始

2021/04/01 05:30 JST配信
Clip to Evernote
(C) zingnews
(C) zingnews 写真の拡大

 ホーチミン市1区にある「無印良品」のフラッグシップ店(旗艦店)のベトナム1号店「ムジ・パークソン・レタントン(MUJI Parkson Le Thanh Ton)」では、3月26日から野菜や果物などの生鮮食品の販売を開始した。ジャガイモ、ニンジン、ホウレンソウ、トマト、サツマイモ、カボチャ、豆類、柑橘類、マンゴーなどが店頭に並んだ。

 ムジで販売する農産物は、農業の専門性が高く経験豊富な農場で生産されている。遺伝子組み換えをしていない種子を使用し、周囲の農場の影響を受けないよう深さ60mの井戸から汲み上げた水で栽培。農薬はトウガラシやショウガ、ハーブ、シナモンなどから作り出した自然農薬を、肥料は牛糞と稲わらを発酵させた自家製堆肥を使用している。

 収穫された野菜や果物は、適切な温度と湿度を保って店舗に輸送される。おいしさと品質、環境に配慮した農産物の生産は、ムジが提唱する「シンプルで快適な暮らし」の精神を反映したものとなっている。

 ホーチミン市3区に住むチエンさん(男性・32歳)は、「以前に日本に出張した際、無印良品が有機栽培した農産品に強い印象を受けた。ベトナムでも売り出すと聞いて、ぜひとも購入して家族に食べさせたいと思った」と話した。
 

[Zing 20:00 27/03/2021,O].  © Viet-jo.com 2002-2021 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
最新ニュース [日系]
ファーマフーズ、ベトナムで妊婦の栄養改善プロジェクト始動 葉酸たまごの海外販売拡大へ (13日)
 機能性食品素材の開発・販売などを手掛ける株式会社ファーマフーズ(京都市西京区)は、国際協力機構(JICA)との間で「ベトナム国妊婦の栄養改善に資する葉酸たまごの販売促進にかかる基礎調査」に関する業務委託...>> 続き
五洲興産ベトナム、ダナン工科大学と共同研究の覚書締結 (13日)
 五洲興産ベトナム(Goshu Kohsan (Vietnam)、ハノイ市)は南中部沿岸地方ダナン市で9日、ダナン工科大学との間で共同研究に関する覚書(MOU)を締結した。  五洲興産ベトナムは2004年の設立で、ハノイ本社とホ...>> 続き
日越大学と日系2社が連携、日本のものづくりをテーマにリベラルアーツ教育を提供 (13日)
 三谷産業株式会社(石川県金沢市)と株式会社小金井精機製作所(埼玉県入間市)、日越大学(ハノイ市)は8日、「日越大学・三谷産業・小金井精機製作所 企業連携講座 協定書署名式」を開催した。当日は、国際協力機構...>> 続き
オリエンタルコンサルタンツグローバル、ベトナムのスマートシティ開発のためのモビリティ開発戦略を策定 (13日)
 開発および建設技術コンサルティング業務を手掛ける株式会社オリエンタルコンサルタンツグローバル(東京都新宿区)は、ハノイ市北部で日本企業を含む民間企業事業体が計画中のスマートシティ開発におけるモビリ...>> 続き
宇部興産建材・茶谷産業・高圧ガス工業の3社、ベトナムに共同出資会社を設立 (13日)
 宇部興産株式会社(東京都港区・山口県宇部市)グループの建材事業の中核会社である宇部興産建材株式会社(東京都港区)と、オー・ジー株式会社(大阪市淀川区)グループの茶谷産業株式会社(大阪市淀川区)、高圧ガス...>> 続き
これより過去の記事は、日系記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2021 All Rights Reserved
運営:VERAC Company Limited