ベトナム総合情報サイトVIETJO [ベトジョー] ベトナムの最新時事ニュースを毎日無料配信!
 ようこそ ゲスト様 

フック新内閣が発足、首相が6つの優先課題を発表

2016/04/12 17:20 JST配信
Clip to Evernote
(C) vnexpress, Giang Huy
(C) vnexpress, Giang Huy 写真の拡大

 グエン・スアン・フック首相は9日、国会に新内閣の構成員を上程した。国会で行われた信任投票を経て、いずれも賛成多数で選出が決定した。

 フック新内閣は前期のズン内閣と同じく27人の構成員から成る。最年長はフック首相及びゴ・スアン・リック国防相の62歳、最年少はレ・ミン・フン中央銀行総裁の46歳。フン氏は、ベトナム史上最年少の中央銀行総裁となる。女性はグエン・ティ・キム・ティエン保健相の1人のみ。

 構成員の学歴について、13人が博士号、9人が修士号、5人が学士号を有する。専攻分野は、17人が経済関連分野、6人が法学・政治・外交、2人が国防・治安、1人が物理、1人が医学となっている。

 フック首相は、政府が優先的に取り組む課題として、◇マクロ経済の安定・経済成長の促進、◇国民と企業の便宜を図る行政改革及び起業の奨励、創造的自由の発揮、人材の重用、◇国家の行政体系及び全社会における規律強化、◇汚職・浪費防止の強化、◇独立・主権・領土の保全、◇国民の物質的・ 精神的生活の改善と治安・安全の確保、の6つを挙げている。

 新内閣の詳細は以下の通り(氏名・役職(年齢・出身):直前・兼任の役職など)。

<首相>

グエン・スアン・フック(62歳、南中部沿岸地方クアンナム省):副首相

<副首相>

1.ファム・ビン・ミン(57歳、紅河デルタ地方ナムディン省):兼外相、留任

2.ブー・ドゥック・ダム(53歳、紅河デルタ地方ハイズオン省):留任

3.チュオン・ホア・ビン(61歳、メコンデルタ地方ロンアン省):最高人民裁判所長官

4.ブオン・ディン・フエ(59歳、北中部地方ゲアン省):党中央経済委員長

5.チン・ディン・ズン(60歳、紅河デルタ地方ビンフック省):建設相

<大臣>

1.グエン・ティ・キム・ティエン保健相(57歳、北中部地方ハティン省):留任

2.カオ・ドゥック・ファット農業農村開発相(60歳、紅河デルタ地方ナムディン省):留任

3.ディン・ティエン・ズン財政相(55歳、紅河デルタ地方ニンビン省):留任

4.ゴ・スアン・リック国防相(62歳、紅河デルタ地方ハナム省):兼人民軍政治総局長

5.トー・ラム公安相(59歳、紅河デルタ地方フンイエン省):公安次官

6.ドー・バン・チエン民族委員長(54歳、東北部地方トゥエンクアン省):民族副委員長

7.チュー・ゴック・アイン科学技術相(51歳、ハノイ市):科学技術次官

8.ファム・ホン・ハー建設相(58歳、紅河デルタ地方ナムディン省):建設次官

9.グエン・ゴック・ティエン文化スポーツ観光相(57歳、北中部地方トゥアティエン・フエ省):文化スポーツ観光次官

10.チュオン・ミン・トゥアン情報通信相(56歳、北中部地方クアンビン省):情報通信次官

11.チャン・トゥアン・アイン商工相(52歳、南中部沿岸地方クアンガイ省):商工次官

12.チャン・ホン・ハー資源環境相(53歳、北中部地方ハティン省):資源環境次官

13.グエン・チー・ズン計画投資相(56歳、北中部地方ハティン省):計画投資次官

14.チュオン・クアン・ギア交通運輸相(58歳、南中部沿岸地方クアンナム省):党中央経済副委員長

15.レ・ミン・フン中央銀行総裁(46歳、北中部地方ハティン省):党中央事務局次長

16.マイ・ティエン・ズン政府官房長官(57歳、紅河デルタ地方ハナム省):紅河デルタ地方ハナム省党委書記

17.フン・スアン・ニャ教育訓練相(53歳、紅河デルタ地方フンイエン省):ハノイ国家大学学長

18.レ・ビン・タン内相(58歳、メコンデルタ地方ドンタップ省):内務次官

19.レ・タイン・ロン司法相(53歳、北中部地方タインホア省):司法次官

20.ファン・バン・サウ政府調査部長(57歳、メコンデルタ地方ドンタップ省):党中央経済副委員長

21.ダオ・ゴック・ズン労働傷病兵社会相(54歳、紅河デルタ地方ハナム省):中央機関党委書記

[VNExpress等, 07:39 (GMT+7) 9/4/2016, A].  © Viet-jo.com 2002-2019 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
最新ニュース [政治]
インド、ベトナムの高速巡視船12隻の建造に協力 (6:22)
 インド東部タミルナドゥ(Tamil Nadu)州にある同国エンジニアリング・建設大手ラーセン・アンド・トゥブロ(Larsen & Toubro)のカトゥパリ(Kattupalli)造船所で14日、ベトナムの国境警備用高速巡視船12隻の建造開...>> 続き
中国の海洋調査船、ベトナムのEEZで再び活動 (19日)
 中国の海洋調査船「海洋地質8号(Hai Yang Di Zhi Ba Hao)」が、13日から再び南シナ海におけるベトナムの排他的経済水域内(EEZ)に戻り、ベトナムの領海を侵犯している。  海洋地質8号は中国の別の船舶ととも...>> 続き
チョン書記長、ラオス国家主席と会談―療養後初の外交 (12日)
 グエン・フー・チョン書記長 兼 国家主席は9日、ハノイ市にある党中央官房でラオスのブンニャン・ウォーラチット国家主席と会談した。  これに先立つ4月、チョン書記長 兼 国家主席は連日の猛暑と過労によ...>> 続き
中国の海洋調査船、ベトナムのEEZから撤退―ベトナム外務省 (9日)
 中国の海洋調査船「海洋地質8号(Hai Yang Di Zhi Ba Hao)」が国連海洋法条約(UNCLOS)で確定された南シナ海におけるベトナムの排他的経済水域内(EEZ)で7月から活動していたことについて、ベトナム外務省のレ・テ...>> 続き
中国、新教科書で南シナ海の領有権を主張―ベトナム外務省が抗議 (9日)
 中国は、「南シナ海の領有権は古くから中国にある」との内容を盛り込んだ新教科書を発行し、今年9月から導入する。中国側はこの教科書の中で、日本が実効支配している東シナ海南西部の尖閣諸島についても領有権...>> 続き
これより過去の記事は、政治記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2019 All Rights Reserved
運営:Viet Economic Research and Advisory Corporation (略称:VERAC)