ベトナム総合情報サイトVIETJO [ベトジョー] ベトナムの最新時事ニュースを毎日無料配信!
 ようこそ ゲスト様 

米ミサイル駆逐艦の「航行の自由作戦」、ベトナム外務省が賛意

2019/01/11 06:11 JST配信
Clip to Evernote
(C) anninhthudo
(C) anninhthudo 写真の拡大

 米海軍のミサイル駆逐艦が7日に「航行の自由作戦」として南シナ海のホアンサ諸島(英名:パラセル諸島、中国名:西沙諸島)から12海里(約22km)内を航行したことについて、ベトナム外務省が賛意を示した。

 ベトナム外務省のレ・ティ・トゥー・ハン報道官は9日に開かれた記者会見で、ホアンサ諸島およびチュオンサ諸島(英名:スプラトリー諸島、中国名:南沙諸島)の領有権はベトナムにあると改めて主張した上で、国連海洋法条約(UNCLOS)の批准国として、また南シナ海の沿岸国として、ベトナムは南シナ海の海上および上空における航行の自由の権利を尊重すると述べた。またハン報道官は、関係国に対して国際法の義務を実行し、南シナ海における平和の維持と安定に寄与するよう求めた。

 海外メディアによると、今回の「航行の自由作戦」では、米海軍のアーレイ・バーク級ミサイル駆逐艦「マッキャンベル(USS McCampbell、DDG-85)」が、ホアンサ諸島のカイ島(英名:ツリー島、中国名:趙述島)およびリンコン島(英名:リンカーン島、中国名:東島)、フーラム島(英名:ウッディー島、中国名:永興島)の3島から12海里(約22km)内を航行したという。

 米国と中国は7日から中国の北京で貿易問題をめぐる次官級協議を行っており、今回の航行の自由作戦は中国側をけん制する狙いもあるとみられている。中国外務省の陸慷(ルー・カン)報道局長は同日の会見で、中国側が米国側に抗議したことを明らかにしている。

 ホアンサ諸島はかつてベトナムが領有していたものの、1974年のホアンサ海戦で中国人民解放軍がベトナム軍を攻撃し、中国の実行支配下に入った。ベトナムと中国は、ホアンサ諸島およびチュオンサ諸島含む南シナ海の領有権をめぐって対立を深めており、中国によるベトナム漁船の攻撃などが相次いでいる。

[18:54 09/01/2019, A].  © Viet-jo.com 2002-2019 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
最新ニュース [政治]
ホーチミン市人民委員会、指導部人事に深刻な欠員 (21日)
 ホーチミン市人民委員会の指導部に深刻な欠員が生じている。入院や病死といった予測不能な不運が重なったためだ。同市人民委員会では2018年4月に5人いた副主席が、現在は2人しか残っていない。  レ・バン・...>> 続き
駐アンドラ・ベトナム名誉領事事務所が開設 (19日)
 ヨーロッパ西部のピレネー山脈中にあるアンドラ公国の首都アンドラ・ラ・ベリャに、駐アンドラ・ベトナム名誉領事事務所が開設され、13日に開設式が執り行われた。  開設式では、フランス・パリに駐在して...>> 続き
航空自衛隊の輸送航空隊、国外運航訓練でベトナムへ (19日)
 日本の航空自衛隊は、アジア方面における航空路および地域特性の把握、また航空自衛隊輸送機等運航要員の国外任務遂行能力の向上を図るため、国外運航訓練でベトナムなど4か国を訪問する。  航空支援集団第...>> 続き
ハノイ:日・ベトナム刑事共助条約交渉第2回会合を開催 (14日)
 日・ベトナム間の刑事共助条約交渉第2回会合が3月13日から15日までハノイ市で開催される。今回の会合には、日本側から、矢間秀行・外務省南部アジア部南東アジア第一課協定交渉官を団長とする外務省、法務省お...>> 続き
ズン外相補佐官、新外務次官に就任 (12日)
 グエン・スアン・フック首相は、外相補佐官 兼 外務省幹部組織部長を務めていたトー・アイン・ズン氏を外務次官に任命した。  ハノイ市で11日に発表式典が行われ、ファム・ビン・ミン副首相 兼 外相がズン...>> 続き
これより過去の記事は、政治記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2019 All Rights Reserved
運営:Viet Economic Research and Advisory Corporation (略称:VERAC)