ベトナム総合情報サイトVIETJO [ベトジョー] ベトナムの最新時事ニュースを毎日無料配信!
 ようこそ ゲスト様 

ホーチミン:ガス販売業者5300か所で火災・爆発の恐れ

2015/06/17 17:53 JST配信
Clip to Evernote
(C)  .thanhnien
(C) .thanhnien 写真の拡大

 ホーチミン市消防局によると、市内の居住区には現在、2万か所余りのガス販売業者があり、このうち5300か所以上は管理が行き届いておらず、火災・爆発の恐れがあるという。消防局は、万が一火災が発生すれば大参事となることが予想され、多くの人命が危険にさらされることになると警鐘を鳴らしている。

 この他にも、市内の至る所で、1本12kg~50kgのガスボンベを積んだトラックやバイクが走り回っている。これらの車両は、交通渋滞が発生する時間帯でも走行しており、ドライバーの中には、平気で信号無視をする者もいるため、極めて危険だ。事故でも起こして積み荷に引火すれば、大事故に繋がる。差し詰め「移動爆弾」とでも言ったところか。

 また、雨季の現在は道路が濡れて滑りやすくなったり、さらに酷いときには道路が冠水したりする。そんな日でも「移動爆弾」は市内を走り回っており、従業員は雨に濡れた重いガスボンベを荷台から降ろす。もし手を滑らせたら、ガスボンベが破損し爆発する恐れがあるにもかかわらずだ。

 近所にガス販売代理店があるというHさん(50歳・男性)は、「業者は何年か前に店を構えたけど、うちの家族はみんな、ガスがいつ爆発するかと気が気じゃない。何百本ものガスボンベがすぐ近くにあると考えると、不安で眠れない日もある」と述べた。

[Trac Rin Thanhnien 11/06/2015 07:10U].  © Viet-jo.com 2002-2019 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
最新ニュース [社会]
類鼻疽が流行中、バックマイ病院で4人死亡―感染予防を呼び掛け (17日)
 ベトナム国内で、危険性の高い類鼻疽(るいびそ、グラム陰性桿菌である類鼻疽菌感染を原因とする人獣共通感染症)が流行している。  ハノイ市バックマイ病院熱帯病センターでは、年初からこれまでに20人の患...>> 続き
機内セクハラ事件、空港セキュリティ担当者に罰金―対応不適切 (17日)
 ベトナム航空[HVN](Vietnam Airlines)のハノイ発ホーチミン行きのVN253便で7月26日、若い女性客がビジネスクラスの座席で隣の男性客からセクハラ被害を受けた事件で、北部空港局(NAA)は規定に従って対応しなか...>> 続き
ホーチミン:犬肉食の取り締まり強化へ、健康リスクに警告 (17日)
 ホーチミン市食品安全管理委員会は、健康上のリスクが大きいとして、犬肉を食べないよう市民に警告している。  現在、犬肉は検疫対象となっておらず、狂犬病ウイルスをはじめとする病原微生物に感染してい...>> 続き
生き別れの元米軍兵とベトナム人女性、50年振りに再会果たす (17日)
 ベトナム戦争中に交際しその後生き別れとなっていた元米軍兵の米国人男性とベトナム人女性が12日、ホーチミン市のタンソンニャット国際空港で50年振りの再会を果たした。1969年に東南部地方ドンナイ省ビエンホ...>> 続き
31時間漂流の漁民41人を無事救助、「イルカが方向教えてくれた」 (16日)
 南中部沿岸地方クアンナム省登録の漁船「QNa 91928 TS号」が南シナ海を航行中に転覆・沈没した事故で、31時間にわたり漂流していた漁民41人が奇跡的に救助された。イルカたちが救助隊に漂流中の漁民らの居場所...>> 続き
これより過去の記事は、社会記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2019 All Rights Reserved
運営:Viet Economic Research and Advisory Corporation (略称:VERAC)