ベトナム総合情報サイトVIETJO [ベトジョー] ベトナムの最新時事ニュースを毎日無料配信!
 ようこそ ゲスト様 

ベトナム初の覚醒下手術に成功、ハノイのベトドク病院

2019/02/12 05:53 JST配信
Clip to Evernote
(C) vnexpress
(C) vnexpress 写真の拡大

 ハノイ市のベトドク病院はこのほど、国内で初めて手術中に目を覚ました状態で治療を行う覚醒下手術に成功した。

 手術を受けたのは、悪性脳腫瘍の神経膠腫(グリオーマ)があるハノイ市在住の男性患者(36歳)。この男性は2018年4月に伝統的な方法による脳腫瘍手術を受けたが、脳内の言語機能への悪影響を恐れて医師が脳の広範囲への治療を避けたため、まだ腫瘍の一部が残っていた。

 最近、彼は頭痛やてんかん発作を2回起こして診察を受けたところ直径約6cmの腫瘍が発見され、覚醒下手術を受けた。手術は無事に成功し、後遺症もなく回復に向かっている。

 覚醒下手術では、皮膚の切開時に痛みを避けるため麻酔をかけるだけで、手術中は全体を通して完全に目を覚ました状態となる。これにより、医師は可能な限り腫瘍を切除しながら、患者の言語や運動といった高次脳機能を温存することができる。

[Vnexpress 08:22 29/1/2019, A].  © Viet-jo.com 2002-2019 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
最新ニュース [社会]
50年口を開いたままの女性に無償で皮膚再建手術、国立火傷病院 (5:58)
 東北部地方フート省タムノン郡クアンフック村(xa Quang Huc)に住むグエン・ティ・サウさん(女性・54歳)は、6歳の時に火傷を負い、下あごから腹部にかけての皮膚がひきつれを起こしてしまった。以来50年近くもの...>> 続き
中秋の風物詩、月餅の木枠作りが消滅の危機 (24日)
 今年の中秋節は9月13日(旧暦8月15日)だが、中秋節と聞いてまず思い浮かぶのは月餅(げっぺい)だろう。ハノイ市トゥオンティン郡ティエンフォン村(xa Tien Phong, huyen Thuong Tin)はかつて月餅の木枠作りの村と...>> 続き
若者にお盆を思い出してもらいたくて、花のブローチ配る老父 (24日)
 日本と同様に8月15日(旧暦7月15日)にお盆を迎えたベトナム。ホーチミン市5区チャンニャントン通り77番地(77 Tran Nhan Ton, quan 5, TP. Ho Chi Minh)の路上には、今年も花のブローチを携えたボー・タイン・ロ...>> 続き
若者の20人に1人が起業願望、技術よりソフトスキルの会得を優先 (23日)
 世界経済フォーラム(WEF)はこのほど、ASEAN諸国における若者の技能と将来の職業に関する調査結果を報告した。ベトナムでは若者の25.7%が起業願望がある、または既に自ら事業を行っていることが明らかになった...>> 続き
光海底ケーブルAAGにトラブル、復旧は9月3日の見通し (23日)
 東南アジアと米国を結ぶ光海底ケーブル「アジア・アメリカ・ゲートウェイ(AAG)」にトラブルが発生していることがわかった。これにより、AAGを通じたベトナムから海外へのインターネットアクセスに影響が出てい...>> 続き
これより過去の記事は、社会記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2019 All Rights Reserved
運営:Viet Economic Research and Advisory Corporation (略称:VERAC)