ベトナム総合情報サイトVIETJO [ベトジョー] ベトナムの最新時事ニュースを毎日無料配信!
 ようこそ ゲスト様 

ベトナム初の覚醒下手術に成功、ハノイのベトドク病院

2019/02/12 05:53 JST配信
Clip to Evernote
(C) vnexpress
(C) vnexpress 写真の拡大

 ハノイ市のベトドク病院はこのほど、国内で初めて手術中に目を覚ました状態で治療を行う覚醒下手術に成功した。

 手術を受けたのは、悪性脳腫瘍の神経膠腫(グリオーマ)があるハノイ市在住の男性患者(36歳)。この男性は2018年4月に伝統的な方法による脳腫瘍手術を受けたが、脳内の言語機能への悪影響を恐れて医師が脳の広範囲への治療を避けたため、まだ腫瘍の一部が残っていた。

 最近、彼は頭痛やてんかん発作を2回起こして診察を受けたところ直径約6cmの腫瘍が発見され、覚醒下手術を受けた。手術は無事に成功し、後遺症もなく回復に向かっている。

 覚醒下手術では、皮膚の切開時に痛みを避けるため麻酔をかけるだけで、手術中は全体を通して完全に目を覚ました状態となる。これにより、医師は可能な限り腫瘍を切除しながら、患者の言語や運動といった高次脳機能を温存することができる。

[Vnexpress 08:22 29/1/2019, A].  © Viet-jo.com 2002-2019 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
最新ニュース [社会]
里帰り中の越僑、硫酸かけられ大けが―首相が捜査促す (3:54)
 南中部沿岸地方クアンガイ省ビンソン郡ビンタイン村で9日夜、テト(旧正月)に合わせて里帰り中だった越僑(在外ベトナム人)の男女2人が、バイクに乗った見知らぬ男2人に硫酸を浴びせかけられる事件が発生した。 ...>> 続き
リック国防相、ビエンホア空港ダイオキシン除去計画の早期展開を要求 (18日)
 ゴ・スアン・リック党政治局員 兼 国防相は15日、東南部地方ドンナイ省のビエンホア空港を視察し、同空港のダイオキシン除染プロジェクト委員会と会合を持った。同相はこの席で、プロジェクトの早期展開を要求...>> 続き
高速道路の損傷検査は最低1日1回実施、交通運輸省が規定 (18日)
 交通運輸省はこのほど、道路交通インフラの維持管理を規定した通達第04号/2019/TT-BGTVTを公布した。同通達は3月28日に施行される見通し。  通達によれば、◇高速道路、◇雨季の期間における国道、◇国道のう...>> 続き
番号ポータビリティの利用進まず、手続き煩雑で (18日)
 情報通信省通信局によると、モバイルナンバーポータビリティ(MNP)サービスが開始された2018年11月16日から2019年2月13日までの約3か月間に携帯電話利用者約10万人が同サービスの利用を申し込んだ。  しかし...>> 続き
タイガービールの王冠を再生して建造された橋が開通、ティエンザン省 (18日)
 ビールブランド「タイガービール」の瓶ビールの王冠を建材にリサイクルし建造されたケインナン(Kenh Nang)橋が、メコンデルタ地方ティエンザン省チャウタイン郡タムヒエップ村で落成した。  橋はオランダの...>> 続き
これより過去の記事は、社会記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2019 All Rights Reserved
運営:Viet Economic Research and Advisory Corporation (略称:VERAC)