ベトナム総合情報サイトVIETJO [ベトジョー] ベトナムの最新時事ニュースを毎日無料配信!
 ようこそ ゲスト様 

ハノイ:トーリック川で錦鯉50匹を放流、水質改善アピール

2019/09/20 15:13 JST配信
Clip to Evernote
(C) VnExpress
(C) VnExpress 写真の拡大

 日越環境改善株式会社(JVE)は16日、日本の最新技術を応用した水処理システムが設置されたトーリック川の第4処理槽に、日本の錦鯉50匹とベトナムの金魚50匹を放流した。このほかにも各種淡水魚の稚魚を放流し、今後は観察を続けて生殖能力の評価などを実施する。

 日本のバイオリアクター技術「Nano-Bioreactor」を活用した水処理システムの導入による水質改善のアピールが狙いだ。

 水処理システムが設置されているのは、カウザイ区ホアンクオックベト(Hoang Quoc Viet)通り沿いを流れるトーリック川の全長約300mの区間で、同区間はトーリック川の流域でも特に汚染がひどい箇所とされている。

 JVEのグエン・トゥアン・アイン会長は、この度の魚の放流はトーリック川の同区間で水中の溶存酸素(DO)の濃度や水素イオン濃度(pH)が改善し、魚の生息に適した環境になったことを証明するだろうとしている。

 ハノイ市資源環境局の調査団は同日、タイ湖で7月から2か月間にわたり実施されてきた放水実験の対象区域内外の湖水サンプルを採取した。実験ではタイ湖の湖水150万m3をトーリック川へ放水した。JVEはタイ湖でも実験区域内に錦鯉50匹とベトナムの金魚100匹を放流した。

 JVEは17日にトーリック川での水処理試験期間第2フェーズを終了し、河川水のサンプルを採取した。分析結果は数日中に公開される予定。

 なお、放流から2日後の18日、鯉1匹が中毒により死亡していることが確認されたが、水質には問題がないため、故意に中毒を起こさせられた可能性があるとして調査が行われている。JVEはこの鯉の死因と死亡時期を調べるとともに、再発防止に向けて監視を強化する方針だ。

[Zing 10:48 16/09/2019 / VnExpress 14:16 16/9/2019 / Zing 16:55 18/09/2019, T].  © Viet-jo.com 2002-2020 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
最新ニュース [社会]
国境越え出産、生活苦でお腹の我が子を売る女性たち (30日)
 当局が取り締まりを強化している中をすり抜けて、現在も中国との国境の地域では人身売買が横行している。妊婦が出産前からお腹の中の胎児の売買取引をするケースも珍しくない。  北中部地方ゲアン省キーソ...>> 続き
ホーチミン:東京のネオン街をイメージした居酒屋街が若者の間で人気 (30日)
 東京のネオン街をイメージした居酒屋街「チルタウン(Chill Town)」が昨年末にホーチミン市トゥードゥック区リンチエウ地区トービンジエン通り07A番地(07A To Vinh Dien, Linh Chieu, Thu Duc)にオープンして若...>> 続き
新型コロナ新規感染なし、327人から変わらず (29日)
 保健省の29日午前6時の発表によると、ベトナム国内の新型コロナウイルス感染者数は計327人で、前日から変わっていない。海外からの入国者を除く国内での新規感染は43日間続けてゼロ人となっている。これまでに...>> 続き
ホーチミン:第175病院傘下の整形外科病院、国際科を開設 (29日)
 国防省傘下の第175軍隊中央病院(通称:第175病院、ホーチミン市ゴーバップ区)は27日、同病院傘下の整形外科病院に国際科を開設した。  国際科では、患者に対して包括的な治療・ケアサービスを提供するほか...>> 続き
クラスター発生の「ブッダ・バー」が店名変更 仏教徒からの抗議で (29日)
 ホーチミン市在住の欧米人の間で人気を集めていた2区タオディエン街区の「ブッダ・バー(Buddha Bar)」は、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のクラスター発生を起こしたことで経営上の打撃を被った。これに加...>> 続き
これより過去の記事は、社会記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2020 All Rights Reserved
運営:Viet Economic Research and Advisory Corporation (略称:VERAC)