ベトナム総合情報サイトVIETJO [ベトジョー] ベトナムの最新時事ニュースを毎日無料配信!
 ようこそ ゲスト様 

ハノイ:トーリック川で錦鯉50匹を放流、水質改善アピール

2019/09/20 15:13 JST配信
Clip to Evernote
(C) VnExpress
(C) VnExpress 写真の拡大

 日越環境改善株式会社(JVE)は16日、日本の最新技術を応用した水処理システムが設置されたトーリック川の第4処理槽に、日本の錦鯉50匹とベトナムの金魚50匹を放流した。このほかにも各種淡水魚の稚魚を放流し、今後は観察を続けて生殖能力の評価などを実施する。

 日本のバイオリアクター技術「Nano-Bioreactor」を活用した水処理システムの導入による水質改善のアピールが狙いだ。

 水処理システムが設置されているのは、カウザイ区ホアンクオックベト(Hoang Quoc Viet)通り沿いを流れるトーリック川の全長約300mの区間で、同区間はトーリック川の流域でも特に汚染がひどい箇所とされている。

 JVEのグエン・トゥアン・アイン会長は、この度の魚の放流はトーリック川の同区間で水中の溶存酸素(DO)の濃度や水素イオン濃度(pH)が改善し、魚の生息に適した環境になったことを証明するだろうとしている。

 ハノイ市資源環境局の調査団は同日、タイ湖で7月から2か月間にわたり実施されてきた放水実験の対象区域内外の湖水サンプルを採取した。実験ではタイ湖の湖水150万m3をトーリック川へ放水した。JVEはタイ湖でも実験区域内に錦鯉50匹とベトナムの金魚100匹を放流した。

 JVEは17日にトーリック川での水処理試験期間第2フェーズを終了し、河川水のサンプルを採取した。分析結果は数日中に公開される予定。

 なお、放流から2日後の18日、鯉1匹が中毒により死亡していることが確認されたが、水質には問題がないため、故意に中毒を起こさせられた可能性があるとして調査が行われている。JVEはこの鯉の死因と死亡時期を調べるとともに、再発防止に向けて監視を強化する方針だ。

[Zing 10:48 16/09/2019 / VnExpress 14:16 16/9/2019 / Zing 16:55 18/09/2019, T].  © Viet-jo.com 2002-2019 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
最新ニュース [社会]
故チン・コン・ソン所縁の地、クイニョンに等身大の像を建設へ (5:18)
 南中部沿岸地方ビンディン省クイニョン市の海岸沿いにある公園で、ベトナムの国民的音楽家である故チン・コン・ソン(Trinh Cong Son)氏(2001年4月1日没)の像の建設計画が進められている。  同省人民委員会...>> 続き
国内便で救命胴衣を窃盗、59歳の女に罰金4万円 (4:34)
 南部空港管制当局は12日、ダラット(南中部高原地方ラムドン省)発ハノイ行きの国内便に乗り込もうとした女性客の荷物から機内に設置されているはずの救命胴衣が見つかり、女の身柄を警察に引き渡したと明らかに...>> 続き
味の素と味丹、中国産・インドネシア産うま味調味料の反ダンピング調査を要請 (15日)
 ベトナム国内企業は、中国産とインドネシア産のうま味調味料に対して反ダンピング訴訟を起こしている。商工省貿易防衛局はこのほど、企業が提出した書類を受理した。  これに先立つ8月19日、日系ベトナム味...>> 続き
ハノイ:水道水から悪臭、市内各地で生活用水購入に長蛇の列 (15日)
 ハノイ市ホアンマイ区、タインスアン区、ハドン区、ナムトゥーリエム区などの広域で10日から、水道水が悪臭を放ち生活用水として利用できなくなっている。  問題の水道水は、ゲレックス・エネルギー(Gelex ...>> 続き
ハノイ:線路沿いのカフェ、一斉に営業停止 (15日)
 交通運輸省の要請を受けて、ハノイ市当局は10日から、同市のディエンビエンフー(Dien Bien Phu)通り~フンフン(Phung Hung)通りの区間に敷かれた線路脇へ観光客が立ち入ることを禁止している。ここは線路沿いの...>> 続き
これより過去の記事は、社会記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2019 All Rights Reserved
運営:Viet Economic Research and Advisory Corporation (略称:VERAC)