ベトナム総合情報サイトVIETJO [ベトジョー] ベトナムの最新時事ニュースを毎日無料配信!
 ようこそ ゲスト様 

「2050年にホーチミン市の大半が水没」は誤解、米気候研究機関

2019/11/07 06:28 JST配信
Clip to Evernote
(C) VnExpress,New York times
(C) VnExpress,New York times 写真の拡大

 「2050年にはベトナム南部メコンデルタ地方のほぼ全域とホーチミン市の大半が水没する恐れがある」。米国の気候研究機関クライメート・セントラル(Climate Central)がオンライン限定の学際的ジャーナル「ネイチャー・コミュニケーションズ(Nature Communications)」で発表した内容として、米ニューヨークタイムズ紙がこのように報じた。

 こうした中、同機関の最高経営責任者(CEO)兼科学グループ責任者のベンジャミン・シュトラウス氏に、大手電子新聞社VNエクスプレス(VnExpress)が話を聞いた。

 シュトラウス氏によると、「水没」という言葉は使っていないという。同機関の分析は土地の海抜と海面に基づいており、海抜が海面より低い場合(現在または将来)に浸水に対する「脆弱性が高い」と判断している。ただし、堤防建設などで浸水を防ぐことはできる。

 ベトナムにおける別のリスクは、農地の塩害による農産物生産量の減少や生活用水の水源への影響だ。雨季には洪水被害も増加する。海面上昇により水が引くまでの時間が長くなるためだ。

 ベトナムの専門家による「メコンデルタ地方の実際の海抜データを使っていないため、同機関の分析は不正確」との指摘に対し、シュトラウス氏は「より良いデータを提供していただければ喜ばしい。我々の目的はできるだけ正確に分析して、脆弱性の高い土地で暮らす人々を支援することだ」と話した。
 

[VnExpress 09:56 4/11/2019,O].  © Viet-jo.com 2002-2020 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
最新ニュース [社会]
国境越え出産、生活苦でお腹の我が子を売る女性たち (30日)
 当局が取り締まりを強化している中をすり抜けて、現在も中国との国境の地域では人身売買が横行している。妊婦が出産前からお腹の中の胎児の売買取引をするケースも珍しくない。  北中部地方ゲアン省キーソ...>> 続き
ホーチミン:東京のネオン街をイメージした居酒屋街が若者の間で人気 (30日)
 東京のネオン街をイメージした居酒屋街「チルタウン(Chill Town)」が昨年末にホーチミン市トゥードゥック区リンチエウ地区トービンジエン通り07A番地(07A To Vinh Dien, Linh Chieu, Thu Duc)にオープンして若...>> 続き
新型コロナ新規感染なし、327人から変わらず (29日)
 保健省の29日午前6時の発表によると、ベトナム国内の新型コロナウイルス感染者数は計327人で、前日から変わっていない。海外からの入国者を除く国内での新規感染は43日間続けてゼロ人となっている。これまでに...>> 続き
ホーチミン:第175病院傘下の整形外科病院、国際科を開設 (29日)
 国防省傘下の第175軍隊中央病院(通称:第175病院、ホーチミン市ゴーバップ区)は27日、同病院傘下の整形外科病院に国際科を開設した。  国際科では、患者に対して包括的な治療・ケアサービスを提供するほか...>> 続き
クラスター発生の「ブッダ・バー」が店名変更 仏教徒からの抗議で (29日)
 ホーチミン市在住の欧米人の間で人気を集めていた2区タオディエン街区の「ブッダ・バー(Buddha Bar)」は、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のクラスター発生を起こしたことで経営上の打撃を被った。これに加...>> 続き
これより過去の記事は、社会記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2020 All Rights Reserved
運営:Viet Economic Research and Advisory Corporation (略称:VERAC)