ベトナム総合情報サイトVIETJO [ベトジョー] ベトナムの最新時事ニュースを毎日無料配信!
 ようこそ ゲスト様 

身長2.5m超、国内一の高身長男性が死去

2019/11/07 05:01 JST配信
Clip to Evernote
(C) thanhnien
(C) thanhnien 写真の拡大

 ベトナムで最も身長が高い男性として知られるホー・バン・チュンさん(男性・35歳)が、2日に死亡していたことがわかった。チュンさんの父親であるホー・ドゥック・ゴアンさんが4日に明らかにした。

 公式記録こそないものの、チュンさんは身長が250cmを超えており、国内一の高身長とされていた。しかし、持病のため1年以上にわたり南部メコンデルタ地方カマウ省のカマウ総合病院に入院して治療を受けていた。

 チュンさんは2018年10月、慢性腎不全のため同省総合病院に入院。チュンさんが病院に現れると、その場に居合わせた人々はあまりの身長の高さに驚いた。

 チュンさんは日常的に透析を受けなければならなかったが、病院にはチュンさんが横になれるようなサイズのベッドがなかったため、家族が長さ260cmのベッドを特注して病院に設置してもらった。

 病院では腎臓病のほかにいくつかの病気の治療を受け、チュンさんは腸の手術を受けた1週間後に死亡した。その時点でチュンさんの身長は257cmと、入院時より7cmも伸びていた。チュンさんの遺体はカマウ省カイヌオック郡ホアミー村(xa Hoa My, huyen Cai Nuoc)に埋葬されたという。

 父親によると、少年時代のチュンさんは健康な普通の男の子で、他の子どもたちと変わらない発育状態だったという。しかし、17~18歳の時にひどい高熱を出して、地元の医師から治療を受け、注射を打ったり、薬を飲んだりしていた。その後、病気は治ったものの、以来なぜか身長が伸び続け、6年以上前に健康診断を受けた際は、身長が235cm、体重が110kgになっていた。

 チュンさんは、地元でエビ養殖をしながら生計を立てていた。気が優しく親孝行な男性だったが、日増しに巨人化していく体を見て、自己憐憫の情にかられる毎日を送っていた。周りの人からあれこれ言われることを恐れて、17年間も混雑した場所には行かず、病気になっても薬を飲むだけで病院に行くこともなかったという。

[Thanh Nien 07:46 05/11/2019, A].  © Viet-jo.com 2002-2020 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
この記事に関連するおすすめの記事
最新ニュース [社会]
新型コロナ新規感染なし、328人から変わらず 重症患者も回復傾向 (17:32)
 保健省の3日午前6時の発表によると、ベトナム国内の新型コロナウイルス感染者数は計328人で、前日から変わっていない。海外からの入国者を除く国内での新規感染は48日間続けてゼロ人となっている。これまでに新...>> 続き
携帯通信大手3社、代理店でのSIMカード新規販売を終了 (15:28)
 ベトナム軍隊工業通信グループ(ベトテル=Viettel)、ビナフォン(Vinaphone)、モビフォン(MobiFone)の携帯通信大手3社は1日午前0時より、代理店を通じたSIMカードの新規販売を終了した。  これは、長期間使...>> 続き
ホーチミン:病院受診の外国人、隔離満了証明書の提出が必要 (14:52)
 ホーチミン市保健局はこのほど市内の病院に緊急文書を送付し、外国人患者の受け入れに際し、14日間の隔離期間を終えたことを証明する書類を保有している患者のみに診療を行うよう要求した。  保健局による...>> 続き
クアンニン省、イエントゥー遺跡群の世界遺産登録に向け書類準備 (4:40)
 東北部地方クアンニン省はこのほど、イエントゥー遺跡群および同地の文化的景観の世界遺産登録に向けて国際連合教育科学文化機関(ユネスコ)に申請書類を提出することを決定した。同省は当初、2017年の登録を目...>> 続き
光海底ケーブルAAGでまたトラブル、完全復旧は6月6日 (2日)
 5月14日にトラブルが発生したアジアと米国を結ぶ光海底ケーブル「アジア・アメリカ・ゲートウェイ(AAG)」は当初、6月2日までに復旧作業が完了するとされていたが、作業中に見つかった新たなトラブルのため、完...>> 続き
これより過去の記事は、社会記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2020 All Rights Reserved
運営:Viet Economic Research and Advisory Corporation (略称:VERAC)