ベトナムニュース総合情報サイトVIETJO [ベトジョー]
 ようこそ ゲスト様 

ハノイ:社会隔離措置を緩和、理容室やアプリ配達が営業再開 「通行証」も不要に

2021/09/21 13:28 JST配信
(C) thanhnien
(C) thanhnien 写真の拡大

 ハノイ市人民委員会のチュー・ゴック・アイン主席は20日夜、市内で適用されていた首相指示第16号/CT-TTgに沿った社会的隔離措置を緩和することを決定した。21日午前6時以降は、首相指示第15号/CT-TTgに基づく社会的隔離措置が適用されることになるが、市民への2回のワクチン接種が完了するまでは、引き続き感染対策を継続していく。

 規制緩和に伴い、市内の機関・企業・組織(中央機関・国際機関を除く)は21日から出勤再開が認められることとなった。ただし、出勤するスタッフは全体の半数とし、残りの半数は在宅勤務とする。

 21日から営業再開が認められる業種は、スーパーマーケット、コンビニ、食料品店、薬局、医療機器、診療所、銀行、郵便、通信、輸送、輸出入サービス、社会福祉施設、理髪店、美容室、車両修理、洗車、電気、家電、文房具、書籍、学用品、建設資材、電子商取引などの各分野。

 ただし、飲食店については、デリバリーとテイクアウトのみでの販売を許可し、午後9時までに営業終了しなければならない。

 市内の移動については、「通行証」が不要となり、感染リスクに基づく市内3つのゾーン分けが廃止され、今後は隔離・封鎖地域は最小範囲とする方針。現在設置されているハノイ市と他省・市との境にある23か所の検問所は維持し、市内外の移動については引き続き検問を実施する。

 市内の輸送分野では、配車アプリの契約車両(2輪車・4輪車)の運行再開を許可。ただし、活動する車両は全体の半分までとする。アプリ運用会社は、配達員に対し、最低1回のワクチン接種と毎日の健康申告を義務付ける。なお、車両の運行時間は午前9時から午後10時まで。旅客輸送に関しては、配車アプリを含め、公共交通機関および観光用車両ともに引き続き運行停止となっている。

 この他、公共の場での文化・スポーツ・娯楽活動は依然として禁止されており、市民は引き続き感染対策を行い、医療アプリを通じた毎日の健康申告を行わなければならない。

Clip to Evernote
[VnExpress 22:41 20/9/2021,U].  © Viet-jo.com 2002-2021 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
最新ニュース [社会]
新型コロナ:23日の市中感染3361人、第4波の市中感染者88万人超 (23日)
 保健省の新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に関する23日の発表によると、47省・市で市中感染者3361人が新たに確認された。1日あたりの感染者数としては、19日連続で5000人を下回った。海外からの入国者12人も...>> 続き
日越共同制作絵本「トモダチ」、イラスト手掛けたベトナム人女性 (23日)
 「くまのがっこう」シリーズなどで知られる絵本作家のあいはらひろゆき氏と、ベトナム人イラストレーター・漫画家のドム・ドム(Dom Dom)氏による日越共同制作絵本「トモダチ(Nhung nguoi ban)」が、日本で10月2...>> 続き
新型コロナ:22日の市中感染3977人、ワクチン累計接種回数7000万回分超える (22日)
 保健省の新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に関する22日の発表によると、50省・市で市中感染者3977人が新たに確認された。1日あたりの感染者数としては、18日連続で5000人を下回った。海外からの入国者8人も...>> 続き
国内線の搭乗条件を大幅緩和、ワクチン未接種でも搭乗可 (22日)
 交通運輸省が20日に発出した、10月21日から11月30日までの国内線運航に関する決定第1840号/QD/BGTVTでは、国内線の乗客に対する搭乗条件が大幅に緩和されている。  10月10日から20日までの期間に適用された...>> 続き
デジタルトランスフォーメーション指数、地方別ではダナンがトップ (22日)
 情報通信省はこのほど、全国63省・市および18の中央省庁を対象とした「2020年デジタルトランスフォーメーション指数(Digital Transformation Index=DTI)」を初めて発表した。  地方別では南中部沿岸地方ダ...>> 続き
これより過去の記事は、社会記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2021 All Rights Reserved
運営:VERAC Company Limited