ベトナムニュース総合情報サイトVIETJO [ベトジョー]
 ようこそ ゲスト様 

ハノイ:午前4時のミルクティー店に集まる若者たち

2024/06/08 10:37 JST配信
(C) VnExpress
(C) VnExpress 写真の拡大
  • 早朝のハノイ市を静かに味わう若者たち
  • 勉強や仕事、友人との集まりのために来店
  • 6月1日~9日の期間限定、継続も検討

午前4時、ハノイ市ホアンキエム区トンダン通りにあるミルクティー店には、夜明けのミルクティーを飲もうと、何十人もの人々が列を成している。

 客の1人であるチャウさん(女性・20歳)は、早朝のミルクティーを飲むために、寝ずに10km以上も離れたナムトゥーリエム区からこの店にやってきたという。チャウさんは、早朝に歩道の椅子に座って、シクロの運転手や清掃員など行き交う人々を眺め、セミの鳴き声を聞いていると、心が癒されると話す。

 タインスアン区在住のハーさん(女性・23歳)は、パソコンを持参して午前3時30分に店に到着した。ハーさんはコンテンツクリエイターで、いつもならこの時間に締め切りを終えて寝に入るため、逆に早起きをして、早朝の静かなカフェで仕事をするというのは新鮮だと語る。「みんな、早朝のハノイ市を静かに味わいたいんでしょう」。

 ここ1週間ほど、トンダン通りのこのミルクティー店では、午前3時から多くの若者が行列を作り、午前4時のオープンを待っている。

 この通りに暮らすトゥイさん(女性・50歳)は、早朝のミルクティー店が若者でいっぱいになる様子を目にして驚いたと語る。「今までは、早朝にコーヒーを飲む中高年の姿しか見たことがなかったので、不思議です」とトゥイさん。

 店長によると、人通りの少ない時間帯にミルクティーを楽しんでもらいたいという思いから、6月1日から9日までの期間限定で、午前4時から店を開けているのだという。好奇心から店を訪れる人もいれば、勉強や仕事、友人との集まりのために来店する人もいる。

 店長は、需要があるなら、営業時間を変更して引き続き早朝から営業することも検討しているそうだ。

[VnExpress 06:30 07/06/2024, A].  © Viet-jo.com 2002-2024 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。 免責事項
新着ニュース一覧
ベトナム映画「Lat Mat 7」、ベトナム映画興収ランキング2位に (5:11)

 ベトナム全国の映画館の興行収入データを分析するボックスオフィス・ベトナム(Box Office Vietnam)によると、ベトナムの歌手・俳優・映画監督のリー・ハイ(Ly Hai)が監督を務める4月26日公開のベトナム映画「La...

ベトナムの子供向けMV、国内初のYouTube10億再生達成 (5:02)

 ベトナムの子供向けMV「Mot Con Vit(童謡アヒルの歌)」がこのほど、YouTubeの再生回数10億回を突破した。ベトナムのMVがこの大台を達成するのは今回が初めて。  「Mot Con Vit」は2019年8月31日にYouTube上...

EURO2024開幕、ベトナムのカフェとバーはサッカー特需で大繁盛 (4:24)

 UEFA EURO2024(ユーロ2024)が6月14日にドイツで開幕して、連日グループステージの熱戦が繰り広げられている。ベトナムの現地時間では、夜遅くから明け方にかけて中継があるが、多くのカフェやバーは夜通し大勢...

ウェビナー「ベトナム・オープンイノベーション事例集」発表イベ.. (3:32)

 日本貿易振興機構(ジェトロ)は、スタートアップなどとのオープンイノベーションを進めるベトナム大企業へのインタビューを収録した「ベトナム・オープンイノベーション事例集 −地場大手8社によるスタートアップ...

ハノイ:第1回広告デザインアート展、6月24日まで開催 (2:26)

 ベトナム芸術協会が主催する「第1回ベトナム広告アート展2024」が、ハノイ市ホアンキエム区のゴークエン美術展示場(16 Ngo Quyen, Hoan Kiem, Ha Noi)で開催中だ。  これは2024年度のベトナム広告業界で活...

ハノイ市党委書記を処分、財政相在任時に華人系VTPの違反に関与 (17日)

 ベトナム共産党中央監査委員会は12日から14日にかけて開いた会合で、ハノイ市共産党委員会のディン・ティエン・ズン書記が、財政相時代に党規約に違反したとして、適切な処分を科すよう管轄機関に提案した。 ...

ベトナム・ロシア友好条約締結30周年、両国首脳が祝賀書簡を交換 (17日)

 ベトナムのグエン・フー・チョン書記長とトー・ラム国家主席は、ロシアのウラジーミル・プーチン大統領との間で、ベトナム・ロシア友好条約締結30周年(1994年6月16日~2024年6月16日)を迎えるに当たって祝賀の...

ヘルスケアプラットフォームのマーソ、ハノイに開発拠点を設立へ (17日)

 ヘルスケアプラットフォームの運営を手掛けるマーソ株式会社(東京都港区)は、事業成長へ向けたエンジニアの確保を目的として、ハノイ市に開発拠点として子会社を設立する。  子会社「マーソ・アジア(MRSO A...

30年までにGDPに占める観光業割合を13~14%に拡大 (17日)

 チャン・ホン・ハー副首相は13日、「2045年を視野に入れた2021年~2030年の観光開発計画」を承認する決定第509号/QD-TTgに署名した。   同計画では、2025年までにベトナムを世界でも高い観光開発力を...

レンタカー市場規模、32年までに10億USDへ (17日)

 市場調査レポートオーシャン(Report Ocean)によると、ベトナムのレンタカー市場の規模は2024年から2032年までの期間に年平均+14%のペースで成長し、2032年までに10億USD(約1560億円)に達すると予想される。 &...

VSIP、ランソン省で工業団地を起工 投資総額390億円 (17日)

 ベトナム・シンガポール工業団地(VSIP)は14日、東北部地方ランソン省でVSIPランソンの起工式を開催した。まずはインフラ整備から着手する。規模としては同省最大の工業団地となる見通し。  VSIPランソンは...

通信郵便技術学院、ビンAIとAI人材育成で提携 (17日)

 情報通信省傘下の通信郵便技術学院(PTIT)はこのほど、地場系コングロマリット(複合企業)ビングループ[VIC](Vingroup)傘下の人工知能研究所(ビンAI=VinAI)との間で、AI人材育成に関

リタイア後に住みたい国トップ8、ベトナムとコロンビアが選出 (17日)

 米国の2大旅行雑誌の一つ「トラベル・アンド・レジャー(Travel + Leisure)」はこのほど、「リタイア後に住みたい国トップ8」を発表した。東南アジアからは、ベトナムが選ばれている。  これは、欧米の高齢...

配車アプリ運転手の制服、飲酒運転の摘発逃れで人気 (17日)

 外国人観光客がベトナムを訪れた際に、よくお世話になる配車アプリ。少しハードルが高いかもしれないが、東南アジアを旅慣れた人なら、バイクタクシーを利用するという人も多いだろう。配車アプリと契約したバ...

親日度調査、ベトナムは「大好き」回答率72% 中国は「嫌い」が.. (17日)

 グローバルマーケティング事業を展開しているアウンコンサルティング株式会社(東京都千代田区)はこのほど、世界14の国と地域を対象とした親日度や訪日意欲に関する調査「第12回アウンコンサルティング親日度調...

©VIETJO ベトナムニュース 2002-2024 All Rights Reserved