ベトナム総合情報サイトVIETJO [ベトジョー] ベトナムの最新時事ニュースを毎日無料配信!
 ようこそ ゲスト様 

手工芸品に魅せられた女性実業家、手編みバッグブランド立ち上げ

2018/06/17 05:42 JST配信
Clip to Evernote
(C) NVCC, ngoisao.net
(C) NVCC, ngoisao.net 写真の拡大
(C) NVCC, ngoisao.net
(C) NVCC, ngoisao.net 写真の拡大

 「手編みバッグはビジネスではなく、ベトナムの手工芸品を守り続けたい、海外ブランドに劣らないオリジナリティある手工芸の高級品を創り出せることを証明したいという想いからきているんです」。

 3月末に手編みバッグブランド「アハナバ(Ahanaba)」を立ち上げた女性実業家グエン・ティ・トゥ・ハーさんは、新ブランドの立ち上げに至った決意を語る。

 ハーさんは地場の有名帽子ブランド「ノンソン(Non Son)」を夫婦で経営する実業家だ。ハーさんは夫と帽子ブランドを経営する傍ら、夫婦のブランドをさらに発展させたいという想いを抱き、40代半ばになって夢を実現したのだ。

 始まりは数年前、ノンソンを訪れた客が帽子以外の商品も手に取れるようにしたいと考えたのがきっかけだった。そして、ハーさんは欧州に渡航した際に手工芸のファッション小物をたくさん目にして、自分にもできるのではないだろうかと考えた。

 会社のスタッフはみんな熟練した技術を持っていたので、ハーさんは当初スイムウェアやサンダル、バッグなどを製作しようと考えた。ノンソンの経営で多忙を極めていたため、新規プロジェクトの展開に不安はあったが、夫に背中を押され夢の実現に向けて動き出すことを決意した。夫は精神的サポート役にまわり、ハーさんはブランド立ち上げに係る全てを自身で決定した。ハーさんにとって初めての「起業」だった。

前へ   1   2   3   次へ
[Truong Sanh, ngoisao.net, 16/4/2018, 00:00 (GMT+7), T].  © Viet-jo.com 2002-2021 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
最新ニュース [特集]
障がい者の職業訓練縫製工場を立ち上げた男性、自身も障がいと生きる (25日)
 両脚の麻痺により、這いながら脚を引きずって移動することしかできなかった10年間を経て、両脚の手術を受けてから少しずつ自力歩行ができるようになったファン・ミン・クイさん(男性・31歳)は、障がい者の仕事...>> 続き
脱サラして起業、ダチョウの飼育で成功した男性 (18日)
 東北部地方クアンニン省でダチョウの飼育を手掛けるグエン・ミン・ゴックさん(男性・36歳)の牧場は、ダチョウの飼育数が2015年時点の50羽から今では100羽余りに増えてクアンニン省最大規模となり、年間10億VND(...>> 続き
「ホーチミン市」命名の歴史的起源を追う (11日)
 2021年7月2日、サイゴンが「ホーチミン市(Thanh pho Ho Chi Minh)」と名付けられた日から45周年を迎えた。「『ホーチミン市』と名付けるアイデアを思い付いたのは誰ですか?」という読者からの質問を受け、地元...>> 続き
妻の前夫が事故で寝たきりに、8年続く「妻1人に夫2人」の一家の生活 (4日)
 妻の前夫が交通事故で外傷性脳損傷を受け、一生寝たきりになってしまうことを知ったグエン・バン・キエンさん(31歳、南部メコンデルタ地方アンザン省チャウドック市ビンテー村在住)は、前夫を家に迎え、妻とと...>> 続き
「おしん」からプリザーブドフラワー職人に、50歳を前に起業したベトナム人女性 (6/27)
 タイで5年間家政婦として働いていたレ・ティ・ベトさん(女性・63歳)は、家主からプリザーブドフラワーの作り方を教えてもらい、50歳でベトナムに戻って事業を始めた。  中部の暑い日差しが急に弱まった6月...>> 続き
これより過去の記事は、特集記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2021 All Rights Reserved
運営:VERAC Company Limited