ベトナムニュース総合情報サイトVIETJO [ベトジョー]
 ようこそ ゲスト様 

下半身を動物に噛みちぎられた捨て子の少年、米国で大手術へ

2019/06/23 05:07 JST配信
(C) thanhnien, 2013年のティエン・ニャン君(左)
(C) thanhnien, 2013年のティエン・ニャン君(左) 写真の拡大
(C) thanhnien, 2011年のティエン・ニャン君(左)
(C) thanhnien, 2011年のティエン・ニャン君(左) 写真の拡大

 2006年7月、ティエン・ニャン君は南中部沿岸地方クアンナム省ヌイタイン郡で生まれてすぐに捨てられ、野生動物に片足と性器を噛みちぎられた。捨てられてから3日後、ティエン・ニャン君は近くの住民に発見され、病院に救急搬送された。

 ティエン・ニャン君が生後9か月になったころ、ハノイ市在住のチャン・マイ・アインさんはクアンナム省を訪れ、彼を見舞った。アインさんは、ティエン・ニャン君を見てすぐにこの子を育てたいと思った。そして、アインさんは養子縁組の手続きを終え、ティエン・ニャン君が1歳を過ぎたころにハノイ市へ連れて帰り、家族とともに暮らし始めた。

 生まれてからこれまでに、ティエン・ニャン君は9回もの手術を受けてきた。直近では2011年のテト(旧正月)に、イタリアで生殖器の再生手術を受けた。「その年、私と息子、ティエン・ニャンの3人は病院でテトを迎えました。そのとき以外にも、ティエン・ニャンは何度も病院でテトを迎えています」とアインさん。

 実の親子ではないながらも13年近く一緒に過ごしてきたアインさんとティエン・ニャン君の深いつながりを、多くの人々が賞賛してきた。アインさんには実の息子も2人いるが、彼女にとって養子か実子かという差はない。

 「3兄弟は仲が良く、お互いに大切な存在です。ティエン・ニャンが入院して辛い手術を受けるときも、2人のお兄ちゃんたちはいつもそばにいて面倒を見て、弟を励ましています。ティエン・ニャンは片足を失いましたが、活動的ですばしっこく、賢いんです。あっという間に状況を理解し、走り、スポーツだってします。彼のライフスキルは無敵です」とアインさんは語る。

前へ   1   2   次へ
Clip to Evernote
[Thanh Nien 08:31 19/06/2019, A].  © Viet-jo.com 2002-2022 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
最新ニュース [特集]
クジラを祀るベトナムの「鯨寺」 (23日)
 北中部地方ハティン省カムスエン郡には、クジラを祀る「ドゥックグーオン廟(mieu Duc Ngu Ong)」がある。死んだクジラを見つけると、人々は死骸をこの「鯨寺」に運んで埋葬し、頭部の十字の印または陰陽コイン...>> 続き
彼女にフラれてボディビルの道へ、ベトナム人青年が日本でチャンピオンになるまで (16日)
 今から7年前、ルオン・ホン・ソンさん(男性・30歳)は恋人と別れたモヤモヤやストレスを晴らすため、ジムでのトレーニングを始めることにした。予期せず、この決断が彼の人生の方向を変えることになった。  ...>> 続き
精神疾患の母親を支える大学生、18年間変わらぬ願い (9日)
 6歳のとき、自宅でクラスメイトに「お前のお母さんはどこ?」と聞かれたレ・ドゥック・ヒエウさん(18歳)は、台所に鎖でつながれている人をおそるおそる指さした。するとクラスメイトたちは「頭がおかしいおばさ...>> 続き
【特集】2021年ベトジョー記事アクセス数ランキング (2日)
 VIETJOベトナムニュースが2021年に配信した「特集」カテゴリの記事のアクセス数ランキングをご紹介します。 1位:出会いは交通違反、「違反者と警察官」の関係から始まった夫婦の恋物語 https>> 続き
ハノイで初のメトロ運行開始、着工10年の軌跡 (21/12/26)
 緑色の車体の電車が、警笛を鳴らしながらカットリン駅のホームに到着した。ホームでは、老若男女問わず多くの人々が興奮を隠せずにいた。2021年11月6日の朝、人々は一張羅で出かけ、それまで先進国にしかなかっ...>> 続き
これより過去の記事は、特集記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2022 All Rights Reserved
運営:VERAC Company Limited