ベトナム総合情報サイトVIETJO [ベトジョー] ベトナムの最新時事ニュースを毎日無料配信!
 ようこそ ゲスト様 

中国に売られたベトナムの少女、9年越しの帰郷とこれから

2020/09/20 05:26 JST配信
Clip to Evernote
(C) vnexpress
(C) vnexpress 写真の拡大
(C) vnexpress
(C) vnexpress 写真の拡大

 9月のある日、キムさんは姉と母親に付き添われ、身分証明書を作るために村の人民委員会を訪れた。そして、22年間の人生で初めて「故郷」を手に入れた。

 北中部地方ゲアン省キーソン郡ターカ村に暮らすカー・ティ・キム・ザンさん(女性・22歳)は、普段は「キム」と呼ばれている。身分証明書を手にしたキムさんは、9年前に売り飛ばされたときとは違い、今度は合法的に中国へ行くつもりだ。

 「中国には仕事があり、2年間お付き合いしている恋人もいます。一方、故郷のベトナムでは、母も姉もそれぞれ新しい家族があり、友人たちももう結婚しているので、再会の喜びが落ち着いた後は自分がはみ出し者のような感じがしています。生活や食べ物にも慣れません」とキムさんは説明した。

 キムさんは中国に戻ることを決めているが、母親のセオ・ティ・オアインさんは、娘にはもう二度と遠くへ行ってほしくないと思っている。「娘が恋しく、そばにいたいんです」と、コム(Kho Mu)族のオアインさんは話した。

 9年前、オアインさんは地元で農業をしながら1人で3人の幼い子供と夫の両親を養っていた。夫は重度の麻薬中毒で、家の中のあらゆるものを売り払ってしまった。母親を不憫に思ったキムさんは、半日は学校に行き、半日は畑で野菜を収穫して市場に売りに行った。

 12歳のとき、キムさんは身内の1人から、皿洗いの仕事をしにラオスへ行かないかと誘われた。母親はまだ畑にいたため、キムさんは服を持って家を出た。

 しかし、ラオスに行く代わりに、キムさんは中国に売り飛ばされてしまった。当初は河南省安陽市の農家の長男の嫁として買われたが、やせ細って肌が黒く、さらに一家の末っ子よりも年下のキムさんを見た買い手は、嫁ではなく養子として育てることにした。

 「身分証明書がなかったので、学校にも行けませんでした。養父母はペンとノートを買って、私に中国語を教えてくれました」とキムさん。しかし、キムさんが新しいノートに初めて書いた文字は、ベトナムにいる両親ときょうだいの名前、そして実家の住所だった。キムさんは、新しい暮らしと時間のせいで、自分が故郷のことを忘れてしまうことが怖かったのだ。

 毎日、キムさんは養父母について畑を耕し、鶏の世話をし、野菜を栽培した。最初は中国語がわからず、食べ物も口に合わなかったため、キムさんはただうつむいて黙っていた。

 そして毎晩、母親に対する恋しさと見知らぬ地にいる恐怖から、眠れない夜を過ごした。大声で泣くことはせず、こっそりと枕を涙で濡らした。また売り飛ばされてしまうのではないかといつも恐れ、2年もの間、誰とも口をきかなかった。心の中では自分を探してくれない母親を恨んでいた。

前へ   1   2   3   次へ
[VnExpress 05:05 09/09/2020, A].  © Viet-jo.com 2002-2021 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
最新ニュース [特集]
レゴでベトナムのテトをリアルに再現、ベトナム人デザイナーが創作 (21日)
 2月15日、1400万人ものフォロワーを抱える「レゴ(LEGO)」のフェイスブック(Facebook)のファンページでベトナムのテト(旧正月)の伝統的な食事をブロックで再現した作品が紹介され、注目を集めた。この作品を手掛...>> 続き
宝くじ売りの女性、唯一の生きがいは「テトに帰省して娘の墓参りをすること」 (14日)
 南中部沿岸地方フーイエン省タイホア郡出身のチャン・ティ・クックさん(女性・54歳)は、ホーチミン市で宝くじを売って生計を立てている。  クックさんにとって、テト(旧正月)にフーイエン省に帰って娘の祭...>> 続き
新型コロナ禍、初めて迎える家族離れ離れのテト (7日)
 間もなくテト(旧正月)を迎えるが、クアン・ティンさん夫婦は、故郷で離れて暮らす5歳の息子に今年のテトは帰れないことをまだ伝えられずにいる。  「1年のうち10か月は離れて暮らしているので、息子に会い...>> 続き
全盲のピアニスト、母と二人三脚で夢を追う (1/31)
 生まれつき視覚障害を持つドー・グエン・アイン・トゥーさんは、ピアニストになるという夢を追って母親と共に故郷の南部メコンデルタ地方キエンザン省ラックザー市からホーチミン市に移り住んだ。18年間に渡る...>> 続き
トランスジェンダーが集う「闇市」に潜入【後編】ネット売春の実態 (1/24)
前編はこちら  トランスジェンダーの人々は、ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)のグループを、性転換の悩みを相談したり、経験をシェアしたりする場としてだけでなく、自分の「サービ>> 続き
これより過去の記事は、特集記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2021 All Rights Reserved
運営:VERAC Company Limited