ベトナム総合情報サイトVIETJO [ベトジョー] ベトナムの最新時事ニュースを毎日無料配信!
 ようこそ ゲスト様 

赤ん坊のころに誘拐…生き別れた両親を探して33年、幼稚園教諭の女性の今

2020/12/06 05:30 JST配信
Clip to Evernote
(C) thanhnien
(C) thanhnien 写真の拡大
(C) thanhnien
(C) thanhnien 写真の拡大

 33年前に誘拐され、警察に保護されてホーチミン市ゴーバップ区の児童養護センターに送られたグエン・ティ・ノーさん(出生届では1987年生まれ)は、幼稚園教諭として働きながら、今も家族との再会という奇跡を待ち続けている。

 ノーさんは、自分がどこで生まれたのかも、生年月日すらもわからない。「私のルーツはどこ?」と、いつも自問してきた。幼いころのかすかな記憶の中でノーさんが知っているのは、自分が2つの孤児院の出自だということだけだ。

 最初に入ったのはゴーバップ区児童養護センター。その後、トゥードゥック区少年村で育った。子供時代は多くの先生たちに手塩にかけて育てられ、穏やかな日々だった。

 幼いころ、センターでは毎日ムオイ(本名:ルウ・トゥー・ホン)さんとチー(本名:レ・ティ・キム・チー)さんに愛情たっぷりに世話をしてもらっていた。2人は教会のボランティアグループのメンバーで、孤児たちの世話をしたり、勉強を教えたりするためセンターに通っていた。

 学校に上がる年齢になると、ノーさんはセンターの外の公立学校に通うことが許可された。それ以来、ノーさんは外のコミュニティにも溶け込んでいった。

 ムオイさんの話によると、ノーさんは生まれて間もないころに何者かに誘拐され、物乞いをさせられていた。その後、ノーさんは警察に保護され、現在のゴーバップ区児童養護センターである第4幼稚園に連れて行かれた。

当時センター長だったガム(本名:マイ・ティ・ガム)さんが、ノーさんを最初に警察から引き取った。ノーさんはセンターで新生児クラスに振り分けられた。1か月後、「グエン・バン・ノー」と名乗る男性が娘を探しにセンターを訪れた。

前へ   1   2   3   次へ
[Thanh Nien 08:21 03/12/2020, A].  © Viet-jo.com 2002-2021 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
最新ニュース [特集]
レゴでベトナムのテトをリアルに再現、ベトナム人デザイナーが創作 (21日)
 2月15日、1400万人ものフォロワーを抱える「レゴ(LEGO)」のフェイスブック(Facebook)のファンページでベトナムのテト(旧正月)の伝統的な食事をブロックで再現した作品が紹介され、注目を集めた。この作品を手掛...>> 続き
宝くじ売りの女性、唯一の生きがいは「テトに帰省して娘の墓参りをすること」 (14日)
 南中部沿岸地方フーイエン省タイホア郡出身のチャン・ティ・クックさん(女性・54歳)は、ホーチミン市で宝くじを売って生計を立てている。  クックさんにとって、テト(旧正月)にフーイエン省に帰って娘の祭...>> 続き
新型コロナ禍、初めて迎える家族離れ離れのテト (7日)
 間もなくテト(旧正月)を迎えるが、クアン・ティンさん夫婦は、故郷で離れて暮らす5歳の息子に今年のテトは帰れないことをまだ伝えられずにいる。  「1年のうち10か月は離れて暮らしているので、息子に会い...>> 続き
全盲のピアニスト、母と二人三脚で夢を追う (1/31)
 生まれつき視覚障害を持つドー・グエン・アイン・トゥーさんは、ピアニストになるという夢を追って母親と共に故郷の南部メコンデルタ地方キエンザン省ラックザー市からホーチミン市に移り住んだ。18年間に渡る...>> 続き
トランスジェンダーが集う「闇市」に潜入【後編】ネット売春の実態 (1/24)
前編はこちら  トランスジェンダーの人々は、ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)のグループを、性転換の悩みを相談したり、経験をシェアしたりする場としてだけでなく、自分の「サービ>> 続き
これより過去の記事は、特集記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2021 All Rights Reserved
運営:VERAC Company Limited