ベトナムニュース総合情報サイトVIETJO [ベトジョー]
 ようこそ ゲスト様 

赤ん坊のころに誘拐…生き別れた両親を探して33年、幼稚園教諭の女性の今

2020/12/06 05:30 JST配信
(C) thanhnien
(C) thanhnien 写真の拡大
(C) thanhnien
(C) thanhnien 写真の拡大

 33年前に誘拐され、警察に保護されてホーチミン市ゴーバップ区の児童養護センターに送られたグエン・ティ・ノーさん(出生届では1987年生まれ)は、幼稚園教諭として働きながら、今も家族との再会という奇跡を待ち続けている。

 ノーさんは、自分がどこで生まれたのかも、生年月日すらもわからない。「私のルーツはどこ?」と、いつも自問してきた。幼いころのかすかな記憶の中でノーさんが知っているのは、自分が2つの孤児院の出自だということだけだ。

 最初に入ったのはゴーバップ区児童養護センター。その後、トゥードゥック区少年村で育った。子供時代は多くの先生たちに手塩にかけて育てられ、穏やかな日々だった。

 幼いころ、センターでは毎日ムオイ(本名:ルウ・トゥー・ホン)さんとチー(本名:レ・ティ・キム・チー)さんに愛情たっぷりに世話をしてもらっていた。2人は教会のボランティアグループのメンバーで、孤児たちの世話をしたり、勉強を教えたりするためセンターに通っていた。

 学校に上がる年齢になると、ノーさんはセンターの外の公立学校に通うことが許可された。それ以来、ノーさんは外のコミュニティにも溶け込んでいった。

 ムオイさんの話によると、ノーさんは生まれて間もないころに何者かに誘拐され、物乞いをさせられていた。その後、ノーさんは警察に保護され、現在のゴーバップ区児童養護センターである第4幼稚園に連れて行かれた。

当時センター長だったガム(本名:マイ・ティ・ガム)さんが、ノーさんを最初に警察から引き取った。ノーさんはセンターで新生児クラスに振り分けられた。1か月後、「グエン・バン・ノー」と名乗る男性が娘を探しにセンターを訪れた。

前へ   1   2   3   次へ
Clip to Evernote
[Thanh Nien 08:21 03/12/2020, A].  © Viet-jo.com 2002-2022 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
最新ニュース [特集]
クジラを祀るベトナムの「鯨寺」 (23日)
 北中部地方ハティン省カムスエン郡には、クジラを祀る「ドゥックグーオン廟(mieu Duc Ngu Ong)」がある。死んだクジラを見つけると、人々は死骸をこの「鯨寺」に運んで埋葬し、頭部の十字の印または陰陽コイン...>> 続き
彼女にフラれてボディビルの道へ、ベトナム人青年が日本でチャンピオンになるまで (16日)
 今から7年前、ルオン・ホン・ソンさん(男性・30歳)は恋人と別れたモヤモヤやストレスを晴らすため、ジムでのトレーニングを始めることにした。予期せず、この決断が彼の人生の方向を変えることになった。  ...>> 続き
精神疾患の母親を支える大学生、18年間変わらぬ願い (9日)
 6歳のとき、自宅でクラスメイトに「お前のお母さんはどこ?」と聞かれたレ・ドゥック・ヒエウさん(18歳)は、台所に鎖でつながれている人をおそるおそる指さした。するとクラスメイトたちは「頭がおかしいおばさ...>> 続き
【特集】2021年ベトジョー記事アクセス数ランキング (2日)
 VIETJOベトナムニュースが2021年に配信した「特集」カテゴリの記事のアクセス数ランキングをご紹介します。 1位:出会いは交通違反、「違反者と警察官」の関係から始まった夫婦の恋物語 https>> 続き
ハノイで初のメトロ運行開始、着工10年の軌跡 (21/12/26)
 緑色の車体の電車が、警笛を鳴らしながらカットリン駅のホームに到着した。ホームでは、老若男女問わず多くの人々が興奮を隠せずにいた。2021年11月6日の朝、人々は一張羅で出かけ、それまで先進国にしかなかっ...>> 続き
これより過去の記事は、特集記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2022 All Rights Reserved
運営:VERAC Company Limited