ベトナムニュース総合情報サイトVIETJO [ベトジョー]
 ようこそ ゲスト様 

台頭するベトナムバスケ、NBA史上初のベトナム系選手が誕生

2022/06/27 15:55 JST配信
(C)VOV
(C)VOV 写真の拡大

 NBAドラフト2022が6月23日に行われ、ベトナム系米国人のジェイリン・ウィリアムズ(Jaylin Williams、19歳)が全体34位でオクラホマシティ・サンダーに指名された。NBAドラフトでベトナム系選手が指名されるのは今回が初めてで、同選手は史上初のベトナム系NBAプレーヤーとなった。

 ジェイリン・ウィリアムズは、アーカンソー州フォートスミス出身。身長208cm、体重109kgでポジションはセンター(C)。全米大学体育協会(NCAA)のアーカンソー大学でプレーしていたが、2年目にブレイクして今回のNBAドラフトで指名された。同選手は母方がベトナム系移民。母親のリンダさんが熱烈なバスケットファンで、息子をバスケットに誘った。
(C)Tien Phong

 また、同じくベトナム系米国人のジョニー・アイン・ジューザン(Jonathan Anh Juzang、21歳)は今回のドラフトで指名されなかったものの、2ウェイ契約(Two-way contract)でユタ・ジャズへの入団が決まった。

 カリフォルニア州ロサンゼルス出身のジョニー・アイン・ジューザンは、米国人の父とベトナム人の母の間に生まれた。身長198cm、体重95kg。ポジションはシューティングガード(SG)で、NCAAのカリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)でプレーしていた。
(C) Sports5

 兄のクリスチャンも元プロバスケット選手で、ハーバード大学を卒業後、ベトナムプロバスケット(VBA)のサイゴンヒートでプレー。クリスチャンは今年5月にハノイ市で開催された第31回東南アジア競技大会(SEA Games 31)でベトナム代表としてプレーした。
(C) Zing

 2ウェイ契約とは、NBA球団と下部組織のGリーグ球団と2つの契約を結ぶ方式で、2017年のオフシーズンから導入された。NBA球団は各2名まで契約できる。2ウェイ契約選手は、シーズンの大半をGリーグチームでプレーすることになるが、シーズン中45日間だけNBAチームのロスター(公式戦メンバー)に登録可能。

 このところ、ベトナムバスケット界はベトナム系アメリカ人のスターたちの話題で持ちきりだ。先日開催されたSEA Games 31では、テキサス州ヒューストン出身の双子姉妹、チュオン・タオ・ミーとチュオン・タオ・ヴィがベトナム代表として3×3に出場し、ベトナムに銀メダルをもたらした。
(C) Vietnamnet
 バスケットボールのベトナム代表は、混血選手の招集に積極的なため、今後ベトナム系NBAプレーヤーがベトナム代表に招集される可能性も十分にある。東南アジアのバスケットでは、フィリピンやタイなどを中心に多くの混血選手が活躍中。ベトナムもこれに対抗して混血選手でチームを強化して国際大会で結果を残し、まずは国内のバスケ熱を高めることでバスケ人口を増やしていきたい考え。

[Tienphong 12:15 24/06/2022,Zing 14:38 24/6/2022 U].  © Viet-jo.com 2002-2024 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。 免責事項
新着ニュース一覧
盗難の女神ドゥルガー像、ロンドンからベトナムに里帰り (10:37)

 文化スポーツ観光省文化遺産局は、ベトナムで盗難被害に遭ったヒンドゥー教の女神ドゥルガーの銅像が18日にベトナムに里帰りし、ハノイ市の国家歴史博物館に保管されていると発表した。今後研究に役立てるほか...

ダナン:エアコン付き24時間年中無休カフェ、学生に人気 (9:08)

 南中部沿岸地方ダナン市では2022年から、24時間年中無休のカフェが大学近くのエリアを中心に現れ始めた。勉強したりくつろいだりして1日中居ても、文句を言われないと学生に人気がある。  店の中は、ドアの...

日本人の夏の人気海外旅行先、ベトナムが3位 アゴダ (8:03)

 デジタル旅行プラットフォーム「アゴダ(Agoda)」を運営するアゴダ・カンパニー(Agoda Company、シンガポール)は、日本人旅行客が最も検索した夏の海外旅行先ランキングを発表した。  このランキングで、ベ...

相棒は白いアヒル、農村から世界に羽ばたく女性YouTuber (16日)

 南部メコンデルタ地方ビンロン省チャーオン郡に暮らすグエン・トゥイ・チャンさん(女性・22歳)は、力強く生きる少女達のストーリーを紹介する短編動画シリーズ「少女達が未来を変えてい

プーチン露大統領がベトナム首脳陣と会談、共同声明採択 (21日)

 ベトナム共産党グエン・フー・チョン書記長は20日、ベトナムを公式訪問したロシアのウラジーミル・プーチン大統領と会談した。今回の訪問は、ベトナム・ロシア友好条約締結30周年に合わせ、チョン書記長が招待...

マジックミラーの「出会い喫茶」オーナーに11万円の罰金 (21日)

 ホーチミン市1区人民委員会は、一方からのみ見えるマジックミラーを利用するなどして話題となっていた、ベンタイン街区グエンチャイ(Nguyen Trai)通りのビルで営業していた出会い喫茶「Mina Dating Cafe」のオ...

女性が線路に飛び出して写真撮影、線路沿いカフェ店主に罰金処分 (21日)

 ハノイ市ホアンキエム区ハンボン街区(phuong Hang Bon)人民委員会は、同街区にある「線路沿いカフェ」の前で女性が線路に飛び出して写真撮影した出来事について、カフェ店主の男性を召喚し行政処分を下した。 ...

豚解体作業員が豚レンサ球菌に感染、全身に紫斑広がり緊急搬送 (21日)

 西北部地方イエンバイ省で、豚の解体をしていた男性が微熱や血圧上昇、全身の発疹などの症状で病院に搬送された。男性は豚レンサ球菌感染症と診断され、現在はハノイ市の中央熱帯病病院で治療を続けている。 ...

地場教育企業と韓国企業が提携、教育サービスを全土で展開 (21日)

 韓国の教育企業クレバース(Creverse)は、ベトナムの同業キエングル(Kien Guru)と提携し、ベトナム全土の公教育や塾などの教育機関に向けて教育サービスを提供する。  クレバースは今回の契約で、同社が持つ...

ホーチミン:自動車部品見本市、6月22日まで開催 (21日)

 ホーチミン市7区のサイゴンエキシビション&コンベンションセンター(SECC:799 Nguyen Van Linh, quan 7, TP. Ho Chi Minh)で、6月20日(木)から22日(土)まで、自動車部品・用品・アフターマーケット見本市「第6...

飲食店の約8割が非現金決済を導入、ビザ調査 (21日)

 米クレジットカード大手ビザ(Visa)が発表した2023年における消費者の支払い動向に関する調査によると、ベトナムの飲食店の79%、小売店やコンビニエンスストアの74%が非現金決済を導入しているという。  ...

ビンファスト、EV「VF 6S」の引き渡し開始 (21日)

 地場系コングロマリット(複合企業)ビングループ[VIC](Vingroup)傘下の電気自動車(EV)メーカーであるビンファスト(VinFast)は、自社製の電気自動車(EV)「VF 6S」の国内店舗への引き

配車市場浸透率、ビンG系「サインSM」が2位に (21日)

 デシジョンラボ(Decision Lab)が発表した2024年1~3月期における配車プラットフォームの市場浸透率に関する最新レポート「ザ・コネクテッド・コンシューマー(The Connected Consumer)」によると、地場系コング...

ハノイ:「市民を礼儀正しく文明的に」計画を公布 (21日)

 ハノイ市人民委員会はこのほど、「2025年までにハノイ市民を礼儀正しく文明的にすることを目指した共産党委員会の指導力の強化」を規定した市共産党常務委員会の2024年2月19日付け指示第30-CT号/TUの実施計画を...

シドニー大学、ホーチミンに研究所を開設 (21日)

 オーストラリアのシドニー大学は、ホーチミン市に「シドニー大学ベトナム研究所(The University of Sydney Vietnam Institute)」を開設した。  同研究所は非営利活動法人で、医療や農業、芸術、社会科学、...

©VIETJO ベトナムニュース 2002-2024 All Rights Reserved