ベトナム総合情報サイトVIETJO [ベトジョー] ベトナムの最新時事ニュースを毎日無料配信!
 ようこそ ゲスト様 

国内で設計の高速双胴船、ホーチミン~ブンタウ間で運航開始

2016/05/12 15:18 JST配信
Clip to Evernote
(C) vnexpress, Huu Cong
(C) vnexpress, Huu Cong 写真の拡大

 グリーンラインズDP社(GreenlinesDP)は、ホーチミン市とブンタウ市(東南部地方バリア・ブンタウ省)を結ぶ高速双胴船の試験展開を経て、4月30日に正式に運航を開始した。これは、同社が運航していた水中翼船に代わるもの。

 この船は、ベトナム人エンジニアが国内で初めて設計・組み立て(機材は輸入)を行ったもので、投資額は1隻当たり100万USD(約1億0800万円)余り。水中翼船と同じく、ホーチミン市4区のニャーゾン(Nha Rong)船着場とブンタウ市のカウダー(Cau Da)船着場の2か所に乗り場が設置されている。

 双胴船は、2艇の船を繋いだ形状であることから、安定性が高く、燃料も節約できる。運航により立つ波も少なく、周辺の漁船への影響が少ないことも特徴だ。船内にはWi-Fiスポットも設置されている。

 運航速度は時速55~60km、ホーチミン~ブンタウ間の所要時間は1時間15分。運賃は1人当たり25万VND(約1210円)で、62歳以上は18万VND(約874円)、11歳未満は12万VND(約583円)、6歳未満は無料となっている。

 ホーチミン~ブンタウ間の水中翼船は、2014年1月20日に乗員乗客92人を乗せたビナエクスプレス社(Vina Express)の船が炎上事故を起こし、1年間にわたり同区間の全ての運航が中止された。

 ホーチミン~ブンタウ間の高速船については、ベトジョーライフ(VIETJO LIFE)の「ブンタウへ高速船で行く~ホーチミンから一番近い海へ~」を参照。

[Huu Cong, Vnexpress, 17:04 (GMT+7), 29/4/2016 , A].  © Viet-jo.com 2002-2019 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
最新ニュース [観光]
米誌、読者が選ぶ世界の旅行先でベトナムが10位、日本12位 (4:25)
 米国の大手出版社コンデナスト社が発行する人気旅行情報誌「コンデナスト・トラベラー(Conde Nast Traveler)」はこのほど「2019年度 読者が選ぶ世界の旅行先トップ20(Top 20 Countries in the World: Readers’ ...>> 続き
ダナン:ソンチャー半島へのスクーター乗り入れを規制 (18日)
 南中部沿岸地方ダナン市当局はソンチャー半島(ban dao Son Tra)へのスクーター乗り入れについて一部道路で規制すると発表した。スクーター以外の自動二輪車については、これまで同様に利用が可能だ。  対象...>> 続き
ロシアのS7航空、ウラジオストク~ニャチャン線を12月13日就航 (18日)
 ロシアのS7航空(S7 Airlines=シベリア航空)は12月13日、ロシアのウラジオストク国際空港と南中部沿岸地方カインホア省のカムラン国際空港(ニャチャン)を結ぶ新路線に就航する。  同路線は週1往復の運航で...>> 続き
ベトナム航空、ハイフォン~ホーチミン線でワイドボディ機を投入 (17日)
 ベトナム航空[HVN](Vietnam Airlines)は10月27日より、ハイフォン(北部紅河デルタ地方)~ホーチミン線で「ボーイングB787型機」と「エアバスA350」の両ワイドボディ機を投入すると発表した。  同路線は現在...>> 続き
ホーチミン:中華街チョロンのグルメPR、グラブと提携で観光促進 (17日)
 ホーチミン市5区人民委員会はこのほど、中華系の人々が集まる同市の中華街「チョロン地区」のグルメを売り込む観光促進プロジェクト「チョロン・フード・ストーリー(Cho Lon Food Story)」を発表した。  5...>> 続き
これより過去の記事は、観光記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2019 All Rights Reserved
運営:Viet Economic Research and Advisory Corporation (略称:VERAC)