ベトナム総合情報サイトVIETJO [ベトジョー] ベトナムの最新時事ニュースを毎日無料配信!
 ようこそ ゲスト様 

ホーチミン:「サイゴンの桜」が満開、モモイロノウゼン

2018/04/07 06:42 JST配信
Clip to Evernote
(C) tuoitre
(C) tuoitre 写真の拡大

 ホーチミン市の一部の通りではこのところ、4~6月に咲く季節の花で日本の桜にも似た「モモイロノウゼン(ベトナム語:Hoa ken hong)」が満開を迎え、多くの市民を魅了している。

 モモイロノウゼンは鮮やかなピンク色の花をつけるノウゼンカズラ科の植物で、「ピンクテコマ」や「キダチベニノウゼン」などの別名がある。メキシコから南米北部に分布し、エルサルバドルでは国花として親しまれている。

 ホーチミン市では、ビンタイン区のディエンビエンフー(Dien Bien Phu)通りや3区のボーティサウ(Vo Thi Sau)通りなど、中心部の一部の通りで2009年から試験的に植樹されている。

 モモイロノウゼンの花はわずか3~4日で儚く散ってしまう。見た目が似ていることから「サイゴンの桜」と呼ばれているほか、試験や別れが近付く季節に咲くことから学生たちの間では「学生の花」ともされている。

[Xuan Mai, Tuoi Tre, 03/04/2018 18:12 GMT+7, A].  © Viet-jo.com 2002-2018 All Rights Reserved.  免責事項
最新ニュース [観光]
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2018 All Rights Reserved
運営:Viet Economic Research and Advisory Corporation (略称:VERAC)