ベトナム総合情報サイトVIETJO [ベトジョー] ベトナムの最新時事ニュースを毎日無料配信!
 ようこそ ゲスト様 

タンソンニャット空港発着便、テト繁忙期に+10%増便

2019/01/11 05:29 JST配信
Clip to Evernote
(C)Tuoi tre,Cong Trung
(C)Tuoi tre,Cong Trung

 ホーチミン市タンソンニャット国際空港によると、1月20日から2月19日までテト(旧正月)繁忙期の需要増に応えるため、国内の各航空会社は前年のテト期に比べ+8~10%増便する予定だ。

 1日当たりの便数は前年のテト期より約70便多い806~820便で、提供座席数は前年のテト期より1万6490~1万7505席多い約13万4200席まで増えることになる。最も混雑が予想される2月2日には約900便の運行が予定されている。

 航空会社別では、ベトナム航空[HVN](Vietnam Airlines)が1月25日から2月15日まで通常比+40%増の1956便(65万席)を増便する。格安航空会社(LCC)最大手ベトジェットエア[VJC](Vietjet Air)は1月21日から2月17日まで同+20%増の1000便余りを増便する。LCCのジェットスター・パシフィック(Jetstar Pacific Airways=JPA)は同+15%増の1014便を増便する。ベトナム航空子会社のベトナムエアサービス社(VASCO)は増便しない。

 同空港はテト繁忙期中、手荷物ターンテーブルや待合室の椅子、X線検査装置などの台数を増やして対応するという。
 

[Tuoi tre 11:41 9/1/2019,O].  © Viet-jo.com 2002-2019 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
最新ニュース [観光]
フエ:観光客向けにスマート自転車を2400台設置へ (4:36)
 北中部地方トゥアティエン・フエ省で、観光客向けのスマート自転車が各地に配置される見通しだ。環境に優しく、観光客が遺跡巡りなど近距離移動に手軽に利用できる交通手段を提供することが狙いで、国内で初め...>> 続き
日本トランスオーシャン航空、那覇~ホーチミン間のチャーター便を運航―初の東南アジア便 (3:55)
 日本航空(JAL)グループで沖縄県那覇市を本拠地とする日本トランスオーシャン航空(Japan Transocean Air=JTA)は、2019年12月と2020年2月に初の東南アジアへの運航となる那覇~ホーチミン間の国際チャーターを運...>> 続き
米誌、読者が選ぶ世界の旅行先でベトナムが10位、日本12位 (19日)
 米国の大手出版社コンデナスト社が発行する人気旅行情報誌「コンデナスト・トラベラー(Conde Nast Traveler)」はこのほど「2019年度 読者が選ぶ世界の旅行先トップ20(Top 20 Countries in the World: Readers’ ...>> 続き
ダナン:ソンチャー半島へのスクーター乗り入れを規制 (18日)
 南中部沿岸地方ダナン市当局はソンチャー半島(ban dao Son Tra)へのスクーター乗り入れについて一部道路で規制すると発表した。スクーター以外の自動二輪車については、これまで同様に利用が可能だ。  対象...>> 続き
ロシアのS7航空、ウラジオストク~ニャチャン線を12月13日就航 (18日)
 ロシアのS7航空(S7 Airlines=シベリア航空)は12月13日、ロシアのウラジオストク国際空港と南中部沿岸地方カインホア省のカムラン国際空港(ニャチャン)を結ぶ新路線に就航する。  同路線は週1往復の運航で...>> 続き
これより過去の記事は、観光記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2019 All Rights Reserved
運営:Viet Economic Research and Advisory Corporation (略称:VERAC)