ベトナム総合情報サイトVIETJO [ベトジョー] ベトナムの最新時事ニュースを毎日無料配信!
 ようこそ ゲスト様 

ベトナム航空、日本発ベトナム行き往復2万8000円から―5日間限定

2019/02/04 05:19 JST配信
Clip to Evernote
(C) ベトナム航空
(C) ベトナム航空 写真の拡大

 ベトナム航空[HVN](Vietnam Airlines)は、2月4日(月)から8日(金)までの5日間、日本発ベトナム行きの各路線で、同社ウェブサイトでの購入を対象とした特別運賃キャンペーンを実施する。

 同キャンペーンでは、日本(東京/名古屋/大阪/福岡)発ベトナム(ハノイ/ホーチミン/ダナン)行きの往復運賃を2万8000円または3万2000円で販売する(いずれも燃油サーチャージや出入国税など含まず)。2万8000円となるのは大阪~ハノイ/ホーチミン線。出発期間は2月4日から6月30日まで(適用除外期間あり)。キャンペーンの詳細は同社ウェブサイトを参照。

 なお、ベトナム航空は1月10日より、同社が週末に運航する国際線の2019年4月1日以降出発分に対してウィークエンドサーチャージの徴収を開始した。1区間のウィークエンドサーチャージ額は、エコノミーおよびプレミアムエコノミークラスが2000円(エコノミーライトを除く)、ビジネスクラスが4000円。

 ウィークエンドサーチャージが適用されるのは、アウトバウンド(日本発ベトナム行き)が土・日・月発、インバウンド(ベトナム発日本行き)が金・土・日発のいずれも国際線となる。また、適用開始日以前に発券された航空券でも、変更などで再発券の必要性が生じた場合にはウィークエンドサーチャージを徴収する。

[2019年1月30日 ベトジョーニュース A].  © Viet-jo.com 2002-2019 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
この記事に関連するおすすめの記事
最新ニュース [観光]
2019年の世界で最も素晴らしい都市15選、ホイアンが1位 (18日)
 米国の2大旅行雑誌の1つ「トラベル・アンド・レジャー(Travel and Leisure)」はこのほど、「2019年の世界で最も素晴らしい都市15選」を発表した。それによると、南中部沿岸地方クアンナム省ホイアン市が1位に輝...>> 続き
世界の魅力的なフードツーリズム先トップ20、ベトナムからハノイが選出 (15日)
 英紙ガーディアン(The Guardian)はこのほど、「世界で最も魅力的なフードツーリズム先トップ20」を発表した。ベトナムからはハノイ市が唯一選出されている。  同紙は、ベトナム料理やハノイのストリートフ...>> 続き
フォーブス誌選出「ベトナムの最も美しいビーチトップ10」 (13日)
 米系経済誌フォーブス・ベトナム(Forbes Vietnam)はこのほど、「ベトナムの最も美しいビーチトップ10」を発表した。  詳細は以下の通り。  ◇コンダオ島(東南部地方バリア・ブンタウ省) >> 続き
ベトジェットエア、成田~ホーチミン線を初運航―日本線4本目 (12日)
 格安航空会社(LCC)最大手ベトジェットエア[VJC](Vietjet Air)は12日、成田国際空港とホーチミン市タンソンニャット国際空港を結ぶ新路線の運航を開始した。  同日、成田国際空港とタンソンニャット国際空港...>> 続き
リーソン島、1人10万VNDの観光料徴収へ―遺産や環境保全の資金に (12日)
 南中部沿岸地方クアンガイ省人民委員会は8日に開催された同省人民評議会で、同省のリーソン島とベー島を訪れる観光客から観光料を1人あたりそれぞれ10万VND(約480円)、5万VND(約240円)徴収する案を提出し、9日...>> 続き
これより過去の記事は、観光記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2019 All Rights Reserved
運営:Viet Economic Research and Advisory Corporation (略称:VERAC)