ベトナム総合情報サイトVIETJO [ベトジョー] ベトナムの最新時事ニュースを毎日無料配信!
 ようこそ ゲスト様 
トップ>生活情報>ベトナムの省・直轄市一覧>クアンガイ省<Quảng Ngãi>
クアンガイ省
Quảng Ngãi
基本データ

クアンガイ省 (Quảng Ngãi)

31°C
曇り
湿度: 66%
風速: 6.44 km/h
2018年08月15日(水) 19時42分(GMT+7)
1週間の予報

- 強風を伴った雷雨、 最高: 34°C 最低: 26°C
- 曇り、 最高: 34°C 最低: 26°C
- 強風を伴った雷雨、 最高: 33°C 最低: 27°C
- 強風を伴った雷雨、 最高: 33°C 最低: 26°C
- 強風を伴った雷雨、 最高: 33°C 最低: 25°C

行政レベル 省(省都:クアンガイ市)
地方 南中部沿岸地方
面積 5,153 km²
人口 1,227,900人(2012年)
民族 キン(ベト)族、フレ族、コ族、セダン族
電話番号 255
郵便番号 57****
ナンバープレート 76
ウェブサイト http://www.quangngai.gov.vn
特徴
気候 熱帯モンスーン気候帯に属し、雨季(9月~12月)と乾季(1月~8月)を有する。安定した気候のため、産業用作物の栽培に適している。
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
平均最高気温 °C 25 27 29 32 34 34 34 34 32 29 27 26 30.3
平均最低気温 °C 17 18 19 22 24 25 26 25 23 22 21 18 21.7
降水量 mm 132 61 43 30 50 71 69 124 290 544 554 269 2,237
地理 ・北はクアンナム省、東は南シナ海、南はビンディン省、西はコントゥム省に接している。 ・ハノイ市から南に883キロ、ホーチミンから北に838キロに位置する。
歴史 ・同省は元々チャンパ王国(主に南中部沿岸地方に当たる地域)に属していたが、1471年にレ(黎)朝による侵攻を受け、同じく南中部沿岸地方クアンナム省及びビンディン省と共にベトナムに支配・併合された。チャンパ王国の国民は、現在ベトナム中部南端に住むチャム族の直系の祖先とされている。 ・ソンミ村虐殺事件:ベトナム戦争中の1968年3月16日に米軍兵が南ベトナムのクアンガイ省ソンティン(Sơn Tịnh)郡ソンミ(Sơn Mỹ )村ミライ(Mỹ Lai)村落の非武装のベトナム民間人504人(男149人、妊婦を含む女183人、乳幼児を含む子ども173人)を無差別に殺した大量虐殺事件。この事件はベトナム反戦運動のシンボルとなり、諸外国でも大きな批判の声が起こって米軍が支持を失うきっかけとなった。
経済 ・同省ビンソン(Bình Sơn)郡にチューライ(Chu Lai)空港とズンクアット(Dung Quất)深水港湾があり、国内初の製油所「ズンクアット製油所」が整備されている。 ・全長144キロの沿岸があり海産物にも恵まれているため、漁業が盛んで、多くの漁港がある。
観光
<見所・イベント>
サーフィン文化遺跡: サーフィン(Sa Huỳnh)文化は、紀元前1000年頃にベトナム中部で栄えた文化。その頃、ベトナム北部でドンソン(Đông Sơn)文化が栄えていた。中国やインドの影響を受けたサーフィン文化は、東南アジアの各地に広がる金属器文化。ベトナムでは、クアンガイ省ドゥックフォー(Đức Phổ)郡で遺跡が発見されており、出土品は台湾、フィリピン、タイ西部のものと酷似している。マレー系のチャム文化とも深い関係を持つとされている。
リーソン島(Đảo Lý Sơn): ビンソン郡沖にある小島で、漁業とニンニク栽培が盛ん。同島のニンニクは小さく特徴的な辛味を持っていることで有名。
<特産品>
チャー川のアカウオ(Cá Bống Sông Trà): ヌックマム(魚醤)や砂糖、唐辛子で煮た甘くて辛いアカウオ料理。    
ケオ・グオン(Kẹo gương): 焼いたゴマと砕いたピーナッツを表面にふんだんに振りかけた琥珀色の砂糖菓子。
リーソン島のニンニク: 小さく特徴的な辛味を持っている。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2018 All Rights Reserved
運営:Viet Economic Research and Advisory Corporation (略称:VERAC)