ベトナムニュース総合情報サイトVIETJO [ベトジョー]
 ようこそ ゲスト様 

【第23回】コーヒー大国ベトナム!大人気のハノイ発祥カフェチェーン「コンカフェ」とは?

2018/04/24 08:25 JST配信

Xin chào(シンチャオ)!

このコラムは、 Digital Ship Company Limited のスタッフが交代でお届けしています。

今回は、ダナンに来て5か月のインターンシップ生 Kaori が、ダナン市公認キャラクターのダロンくんと一緒に、 ベトナムで人気のカフェチェーン「Cong Caphe(コンカフェ)」 についてお届けします!

コーヒーとクッキーに目がないダロン君

ベトナムで道を歩いていると、たいてい目に留まる「Cà phê」や「Coffee」の文字。

cà phêとはベトナム語でコーヒーのこと。

ベトナムの風物詩、バイクとカフェ

若者からおじいちゃんおばあちゃんまで、ベトナム人はみんなコーヒーが大好き。

デートの誘い文句も「一緒にカフェ行きましょう!」

ベトナムではコーヒー文化がかなり生活に根付いているようです。

ローカル店から最近できたお洒落なお店まで、ベトナムはどこもかしこもカフェ激戦区です。

カフェのお隣もカフェが並ぶ

私が初めて ベトナムコーヒー を飲んだとき、日本で馴染みのあるコーヒーとの違いにとても驚きました。

ベトナムでは、深めに煎った豆をフランス式のフィルターで抽出し、コンデンスミルクを加えて飲むのが一般的。

そのため、とても濃厚でいて甘く、独特の味わいがあります。

決して嫌いではないのですが、日本にいる時はアメリカンなどのさっぱりしたコーヒーを好んで飲んでいた私には少し濃厚すぎたようで。

これからの暑い夏を迎えるダナンで飲むには、ちょっと重たいなあと思っていました。

そんな時に友人がすすめてくれたのが、 ハノイ発祥の人気のカフェチェーン店「コンカフェ」

緑の佇まいが特徴です

ダナン店 は、ハン川沿いのバクダン通りに位置します。

コンカフェはもともとハノイで人気のカフェチェーン。

ベトナムの若者をはじめ、外国人観光客にも大人気のお店です。

観光シーズンなどは、時間帯によっては観光客で溢れ返っている光景もよく見かけます。

オールドチックな店内が印象的

ベトナムが南北統一される前の古き良き時代のハノイがコンセプト

コンカフェの店員さんが着ている緑の制服と帽子は、ベトナム戦争で活躍した北ベトナム軍をイメージしているそうです。

レトロでかわいい制服

そして今回の本題であるコーヒーはというと、こちらがコンカフェで大人気の ココナッツミルクコーヒー です!

「Coconut milk w. coffee smoothie」 4万5000VND(約213円)

ベトナム人女性に一番人気のメニューだそうです。

ココナッツミルクのフラッペに濃いベトナムコーヒーをかけたコールドドリンクで、コーヒーのわずかに残るフレーバーと香ばしい風味が、ほんのり甘いココナッツに溶け込んで、まさに女性は病みつきになりそうな一品です。

甘すぎない、南国らしい爽やかなココナッツミルクのフラッペのおかげで、心地よい冷たさがあり、暑い夏でもすっきりと飲むことができます。

ベトナムコーヒーに馴染みのなかった私もこれにはハマってしまい、最近では週に1回通って飲んでいます。

ベトナムのコーヒーが苦手という方に、ぜひ一度飲んでいただきたいドリンク。

その他の人気メニューでは、ヨーグルトコーヒーもおすすめです!

現在コンカフェはダナンに1店舗、つい最近は ホイアンのトゥーボン川沿い にも進出したそう。

その他 ハノイには25店舗ホーチミンには5店舗 展開しており、今後もどんどん増えていく予定です。

みなさんも機会があれば、ぜひコンカフェに足を運んでみてください!

今回ご紹介のお店の詳細はこちら >> コンカフェ ダナン店

それでは、次回の「Happy Danang~ダロンが行く!ダナン情報~」もお楽しみに!

著者紹介
Digital Ship Company limited
Digital Ship(デジタルシップ)はラボ型オフショア開発を行うIT会社。日本企業の進出先として注目されるベトナムの中部に位置するダナン市に拠点を構えて、グループ会社では、市場調査から、M&A、会社設立、人材確保に至るまで、幅広くコンサルティングサービスを提供。日本食レストランも経営。お土産事業Happy Danangは社内ベンチャー。rn
Happy Danang~ダロンが行く!ダナン情報~
その他の記事はこちら>
© Viet-jo.com 2002-2024 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。 免責事項
新着ニュース一覧
チョン書記長の国葬で最高レベルの航空保安対策を適用 (6:51)

 7月19日に死去したグエン・フー・チョン書記長の国葬に伴い万全な体制を確保すべく、交通運輸省傘下のベトナム民間航空局(CAAV)は、空港や航空サービス施設、航空会社などに対し、最高レベルに当たる「レベル1...

ベトジェットエア、エアバスからA330neo型機20機を購入 (6:27)

 格安航空会社(LCC)最大手ベトジェットエア[VJC](Vietjet Air)は、英国の首都ロンドンで22日に開幕した航空展示会「ファーンボロー国際航空ショー2024」で、仏エアバス(Airbus)との

「ATM」でごみを預けて現金化、セメント会社のユニークな取り組み (5:28)

 クアンニンセメント建設[QNC](Quang Ninh Construction And Cement)は2022年4月、「Vracbank−ごみを預けてお金をもらおう」をキャッチコピーに、ベトナムで初めて「ごみを受け付け

87歳で大学院生に、生涯学び続ける元教師 (21日)

 「幸運にも試験に合格した、高齢の学生である私へのカントー大学の配慮に、心から感謝の意を表したいと思います」。南部メコンデルタ地方カントー市にあるカントー大学の修士課程の入学式で、新入生のグエン・...

元資源環境次官を逮捕、鉱物違法採掘事件で 中国への密輸も (5:16)

 西北部地方イエンバイ省で発生した鉱物違法採掘事件で、資源環境省の元幹部とイエンバイ省資源環境局の幹部・元幹部ら計7人が起訴、または在宅起訴された。  最高人民検察院が逮捕状などの関連書類を承認し...

プロサッカー選手・スタッフ3人の交通死亡事故、追突トラックの.. (4:02)

 南中部高原地方ザライ省人民裁判所は22日、道路交通法に違反して3人を死亡させたとして、同省在住のトラック運転手であるディン・ティエン・ビン被告(男・37歳)に禁固10年の判決を言い渡した。  ビン被告が...

アジアのベストバー、トップ100にベトナムから3軒ランクイン (3:20)

 英メディア「ウィリアムリード(William Reed)」はこのほど、2024年度版「アジアのベストバー50(Asia’s 50 Best Bars)」を発表した。ベトナムからベスト50に入ったバーはなかったが、ベスト100には3軒がランクイ...

ニップン、ベトナム子会社をドンナイ省に設立へ (2:23)

 製粉事業や食品事業を手掛ける株式会社ニップン(東京都千代田区)は、ASEAN地域における同社グループの業務用商品などの販売拡大を図るため、ベトナム子会社を設立する。同社グループにとって、ベトナムは5か国...

チョン書記長の国葬に菅総理特使が参列へ (23日)

 ベトナム政府は20日、グエン・フー・チョン書記長の国葬を25日と26日に行うと発表した。  日本からは、総理特使として菅義偉前内閣総理大臣(日本ベトナム友好議員連盟最高顧問)が、25日に参列する。  ...

経営支配者逮捕のSCB、2年足らずで100店舗近くが閉鎖 (23日)

 華人系不動産大手VTPグループ(Van Thinh Phat Group)と密接なコネクションがあるサイゴン商業銀行(SCB)は15日と18日の両日に、出張所9か所の閉鎖を発表した。  VTP会長のチュオン・ミー・ラン被告(女・68歳...

1~6月期の国内旅客輸送量、ベトジェットがシェア44%で最多 (23日)

 交通運輸省傘下のベトナム民間航空局(CAAV)のデータによると、2024年1~6月期の旅客輸送量は前年同期比+3.7%増の3700万人余りで、うち国内旅客が同▲18%減の1700万人余り、外国人旅客が同+38.6%増の約2000万...

ホーチミン:中心部トンドゥックタン通りの地下トンネル化を計画 (23日)

 ホーチミン市交通運輸局はこのほど、同市人民委員会に2030年までのトンドゥックタン(Ton Duc Thang)通りトンネル建設プロジェクトを優先投資計画に組み込むよう提案した。  トンドゥックタン通りトンネル(...

FPT情報通信、クアラルンプールに2か所目の事務所開設 (23日)

 ベトナムIT最大手FPT情報通信[FPT](FPT Corporation)はこのほど、マレーシアのクアラルンプールに新事務所を開設した。同市2か所目の事務所となる。  同オフィスは

ベトナム空港、バックアップシステムでWindows障害の影響回避 (23日)

 世界各地で「ウィンドウズ(Windows)」搭載パソコンでのシステム障害が発生したが、ベトナムの各空港では、バックアップコンピューターシステムへの早期切り替えにより、この障害による影響を回避することができ...

24年の建国記念日は4連休、首相が労働省提案に同意 (23日)

 ファム・ミン・チン首相はこのほど、2024年の建国記念日(9月2日)に伴う休暇について、2024年8月31日(土)~9月3日(火)の4連休とする労働傷病兵社会省の案に同意した。  チン首相は、関連機関や企業などに建...

©VIETJO ベトナムニュース 2002-2024 All Rights Reserved