ベトナム総合情報サイトVIETJO [ベトジョー] ベトナムの最新時事ニュースを毎日無料配信!
 ようこそ ゲスト様 

ベトジェットエア、大阪~ハノイ直行便を11月8日就航

2018/06/01 06:30 JST配信
Clip to Evernote
(C) thesaigontimes
(C) thesaigontimes 写真の拡大

 格安航空会社(LCC)最大手ベトジェットエア[VJC](Vietjet Air)は、関西国際空港とハノイ市ノイバイ国際空港を結ぶ直行便を11月8日から就航する。大阪~ハノイ線の就航により、ベトジェットエアの国際路線は合計45路線となる。

 この新路線の就航については、5月31日に東京で実施された日本貿易振興機構(ジェトロ)主催のベトナム投資カンファレンスの場で、両国の政府高官とベトジェットエアの代表者の立会いのもと発表された。

 同路線は、ベトジェットエアが新規に導入した最新のエアバスA320型機で毎日運航し、大阪~ハノイ間を片道4時間強で結ぶ。出発時刻はいずれも現地時間で、ハノイ発便が1時45分(7時50分大阪着)、大阪発便が9時20分(13時10分ハノイ着)。

 航空券は、6月8日より公式ウェブサイトまたはモバイルサイトフェイスブック(Facebook)ページで販売する。

 これに先立つ5月7日、日本の国土交通省は、ベトジェットエアに対して外国人国際航空運送事業の経営申請を許可した。ベトジェットエアは、2017年9月に関西~ハノイ/ダナン線を就航したジェットスター・パシフィック(Jetstar Pacific Airways=JPA)に次いで、ベトナム~日本間の直行便を運航するベトナムのLCCとして2社目となる。

 また、ベトジェットエアは2017年、日本航空株式会社(JAL、東京都品川区)との間で業務提携契約を締結し、日本~ベトナム路線、JALとベトジェットエアがそれぞれ運航する国内線およびベトナムとアジア諸国を結ぶ路線を対象としてコードシェア便を運航することで合意している。

[2018年5月31日 ベトジェットエアニュースリリース A].  © Viet-jo.com 2002-2018 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
最新ニュース [経済]
「倉庫版Airbnb」、電子商取引拡大で高成長の見込み―JLL予想 (16日)
 米総合不動産サービス大手のジョーンズ・ラング・ラサール(Jones Lang LaSalle=JLL)が先般発表した貸し倉庫市場に関するレポートで、余ったスペースを貸し出す「倉庫版Airbnb」ともいえるサービスがベトナムに...>> 続き
不動産黄金週間「レッドフライデー」初開催、30%値引きも (16日)
 ベトナム不動産仲介協会(VARS)は14日、来年のテト(旧正月)を控えた年末の不動産市場を活気づけることを目的に、12月7日から14日にかけて不動産黄金週間(レッドフライデー=Red Friday)」を初めて開催すると発表...>> 続き
ビングループ、ハノイで大学「ビン・ユニ」を着工 (16日)
 ビングループ[VIC](Vingroup)は14日、ハノイ市ザーラム郡にある都市区「ビンシティ・オーシャンパーク(VinCity Ocean Park)」内で、非営利大学「ビン・ユニ(VinUni)」案件の着工式を行った。  同大学は面積...>> 続き
マイリン、個人タクシー事業「ホアビンサイン」を開始 (16日)
 地場大手タクシー会社のマイリングループ(Mai Linh Group)は15日、ホーチミン市で自動車の所有者と協力して展開する個人タクシー事業「ホアビンサイン(緑の平和)組合」を開始した。  ブランドや車体カラー...>> 続き
19年国家予算配分案が通過、中央政府の歳出は1000兆VND (15日)
 第14期(2016~2021年)第6回国会は14日、2019年の国家予算の配分に関する決議を90.31%の賛成多数で採択した。歳入は、中央政府が810兆0990億VND(約4兆0100億円)、地方政府は601兆2010億VND(約2兆9800億円)とな...>> 続き
これより過去の記事は、経済記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2018 All Rights Reserved
運営:Viet Economic Research and Advisory Corporation (略称:VERAC)