ベトナム総合情報サイトVIETJO [ベトジョー] ベトナムの最新時事ニュースを毎日無料配信!
 ようこそ ゲスト様 

ベトジェットエア、大阪~ハノイ直行便を11月8日就航

2018/06/01 06:30 JST配信
Clip to Evernote
(C) thesaigontimes
(C) thesaigontimes 写真の拡大

 格安航空会社(LCC)最大手ベトジェットエア[VJC](Vietjet Air)は、関西国際空港とハノイ市ノイバイ国際空港を結ぶ直行便を11月8日から就航する。大阪~ハノイ線の就航により、ベトジェットエアの国際路線は合計45路線となる。

 この新路線の就航については、5月31日に東京で実施された日本貿易振興機構(ジェトロ)主催のベトナム投資カンファレンスの場で、両国の政府高官とベトジェットエアの代表者の立会いのもと発表された。

 同路線は、ベトジェットエアが新規に導入した最新のエアバスA320型機で毎日運航し、大阪~ハノイ間を片道4時間強で結ぶ。出発時刻はいずれも現地時間で、ハノイ発便が1時45分(7時50分大阪着)、大阪発便が9時20分(13時10分ハノイ着)。

 航空券は、6月8日より公式ウェブサイトまたはモバイルサイトフェイスブック(Facebook)ページで販売する。

 これに先立つ5月7日、日本の国土交通省は、ベトジェットエアに対して外国人国際航空運送事業の経営申請を許可した。ベトジェットエアは、2017年9月に関西~ハノイ/ダナン線を就航したジェットスター・パシフィック(Jetstar Pacific Airways=JPA)に次いで、ベトナム~日本間の直行便を運航するベトナムのLCCとして2社目となる。

 また、ベトジェットエアは2017年、日本航空株式会社(JAL、東京都品川区)との間で業務提携契約を締結し、日本~ベトナム路線、JALとベトジェットエアがそれぞれ運航する国内線およびベトナムとアジア諸国を結ぶ路線を対象としてコードシェア便を運航することで合意している。

[2018年5月31日 ベトジェットエアニュースリリース A].  © Viet-jo.com 2002-2019 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
最新ニュース [経済]
ホーチミン:メトロ1号線、市予算から2兆VND支払いへ (6:01)
 建設中のホーチミン市都市鉄道(メトロ)1号線(ベンタイン~スオイティエン間)について、同市メトロ管理委員会(MAUR)はホーチミン市人民委員会に対し、市予算から拠出して工事費2兆2450億VND(約106億円)を早急に...>> 続き
2018年の完成車輸入台数8.2万台、前年比▲16.1%減 (5:58)
 税関総局が発表した統計データによると、2018年通年の完成車(CBU)輸入台数は前年比▲16.1%減の8万1609台、輸入総額は同▲19.8%減の18億USD(約1980億円)だった。  このうち、9人乗り以下の乗用車の台数が5万...>> 続き
アイン商工相、東京で開催のTPP委員会閣僚級初会合に参加 (22日)
 米国抜きの新たな環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)「包括的および先進的な環太平洋パートナーシップ協定(TPP11=CPTPP)」参加11か国は19日、初めての閣僚級TPP委員会を東京で開催し、閣僚声明を採択して閉会し...>> 続き
電動バイクのペガ、新モデル「ニューテック」発表 (22日)
 電動バイクメーカーのペガ(Pega、前身:HKバイク)はこのほど、電動バイクの新モデル「ニューテック(Newtech)」を発表した。  車体カラーは「ホワイト」、「ブラック」、「レッド」、「ダークブルー」の4色...>> 続き
国内初、ベトナム人も入場可のカジノがフーコック島で開業 (22日)
 メコンデルタ地方キエンザン省フーコック島で19日、カジノ付き観光娯楽施設建設案件の一部となるカジノ「リゾート&カジノ・コロナ・フーコック(Resort & Casino Corona Phu Quoc)」が開業した。  これは、...>> 続き
これより過去の記事は、経済記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2019 All Rights Reserved
運営:Viet Economic Research and Advisory Corporation (略称:VERAC)