ベトナム総合情報サイトVIETJO [ベトジョー] ベトナムの最新時事ニュースを毎日無料配信!
 ようこそ ゲスト様 

ハノイ、18年下半期の賃貸オフィス利益率8.57%で世界トップ

2019/03/12 16:40 JST配信
Clip to Evernote
(C) anninhthudo
(C) anninhthudo 写真の拡大

 英系総合不動産サービス会社のサヴィルズ(Savills)が発表した2018年下半期(7-12月期)の世界主要都市における賃貸オフィス利益率に関するレポートによると、ハノイ市の利益率が8.57%で世界最高となった。同市が世界トップに立つのは、2017年1月以降でこれが3回目。

 ホーチミン市の利益率は7.36%で、前回2位から4位に順位を落とした。その他のトップ5を見てみると、2位はマニラ(フィリピン)、3位はアデレード(オーストラリア)、5位はパース(同)となっている。

 サヴィルズ・ハノイの投資管理担当者は、ハノイ市とホーチミン市で今後も引き続き賃料と入居率が高い水準で推移すると予想。サヴィルズによると、ホーチミン市のオフィス賃料は、直近5年で毎年平均+8%ずつ上昇しており、入居率も97%という高い水準を維持。

 一方、ハノイ市は2018年10-12月期の賃料が前年同期比+3%上昇、入居率は95%だった。同期では郊外にあるAクラスのオフィス市場の動きに改善が見られたという。

[ANNINHTHUDO 11:47 09/03/2019U].  © Viet-jo.com 2002-2019 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
最新ニュース [経済]
「一帯一路」関連事業の有望投資先、東南アジアでベトナムが首位 (4:17)
 シンガポール最大の経済団体であるシンガポール事業連盟(SBF)および大手国際会計事務所の英プライスウォーターハウスクーパース(PwC)が発表した調査結果で、2013年に中国の習近平国家主席が提唱したアジア、欧...>> 続き
米国からの輸入品、ベトナムのスーパーで売れ行き好調 (19日)
 ホーチミン市1区で米国からの輸入品を専門に扱っているスーパーマーケット「USマート」では、飲料、果物、菓子などの食品から日用品まで様々な商品を販売している。価格は商品により数万~数十万VND(1万VND=約...>> 続き
ビングループ、配車アプリのファストゴーと戦略的パートナー契約 (19日)
 ビングループ[VIC](Vingroup)は15日、ベトナムでスマートフォン向け配車アプリ「ファストゴー(FastGo)」を展開する地場系テクノロジー企業ネクステックグループ(NextTech Group)傘下のファストゴー・ベトナム(F...>> 続き
ビンG傘下パイロット養成学校、生徒募集―ビンパール航空は20年7月運航開始 (19日)
 ビングループ[VIC](Vingroup)傘下の航空人材育成スクール「ビンアビエーションスクール(VinAviation School)」はこのほど、パイロット育成コースの生徒の募集を開始した。  パイロット育成コースの初回は、...>> 続き
日本による韓国への輸出規制がベトナムにも影響、韓国研究院分析 (19日)
 韓国対外経済政策研究院(KIEP)は14日、日本の韓国に対する輸出管理上の優遇対象国から除外する措置が、ASEANやインドなど韓国政府が連携を進める「新南方政策」の対象地域に打撃を与えるとの分析を発表した。 ...>> 続き
これより過去の記事は、経済記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2019 All Rights Reserved
運営:Viet Economic Research and Advisory Corporation (略称:VERAC)