ベトナム総合情報サイトVIETJO [ベトジョー] ベトナムの最新時事ニュースを毎日無料配信!
 ようこそ ゲスト様 

世界の企業ブランド価値ランキング、ベトテルがベトナムから唯一ランクイン

2021/02/22 15:26 JST配信
Clip to Evernote
(C) Bnews
(C) Bnews 写真の拡大

 英ブランドコンサルティング会社のブランド・ファイナンス社(Brand Finance)がこのほど発表した「2021年度版世界で最も価値のあるブランドトップ500」によると、ベトナム軍隊工業通信グループ(ベトテル=Viettel)が前回から32ランク上昇し325位となった。

 ベトテルは同ランキングに入った唯一のベトナム企業であるとともに、トップ500社に入った東南アジアで唯一の通信企業となった。

 ベトテルのブランド価値は、前年比+3.4%増の60億1600万USD(約6400億円)に伸びた。一方、世界の通信企業のブランド価値は平均▲2%の減少となっている。

 2020年のベトテルの総売上高は、前年比+4.4%増の264兆VND(約1兆2200億円)で、年間計画を2.4%上回った。このうち、デジタルサービスによる売上高が同+27.7%増加した。同社は2020年末、ハノイ市ホーチミン市の一部地域で第5世代移動通信システム(5G)サービスを開始。さらには、工業団地向けに5Gサービスを導入した国内初の企業となった。

 同ランキングのトップ10は以下の通り。

1位:アップル(Apple)
2位:アマゾン(Amazon)
3位:グーグル(Google)
4位:マイクロソフト(Microsoft)
5位:サムスン(Samsung)
6位:ウォルマート(Walmart)
7位:フェイスブック(Facebook)
8位:中国工商銀行(ICBC)
9位:ベライゾン(Verizon)
10位:ウィーチャット(WeChat)

[Bnews 20:08 18/02/2021 / Brand Finance U].  © Viet-jo.com 2002-2021 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
最新ニュース [経済]
ホーチミン:2030年までにAIを市の先端産業に (5:11)
 ホーチミン市人民委員会(市役所)はこのほど、「2030年までの人工知能(AI)研究開発(R&D)プログラム」を承認した。  プログラムでは、2030年までにAIを活用したスマートシティを形成するとともに、デジタル経...>> 続き
ベトナムの超富裕層390人、今後5年で+31%増の見通し (4:21)
 英系不動産サービス大手のナイト・フランク(Knight Frank)がこのほど発表した「ザ・ウェルス・レポート(The Wealth Report)」によると、2020年におけるベトナムの超富裕層人口は前年比▲4%減、2015年比2.08倍の...>> 続き
ベトジェットエア、新型コロナ対応で世界最高の7つ星認定 (4:11)
 格安航空会社(LCC)最大手ベトジェットエア[VJC](Vietjet Air)は、世界唯一の航空安全・製品格付けサイト「エアラインレイティングス(AirlineRatings)」から、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)対応について世...>> 続き
ホーチミン:メトロ1号線、専門家の契約単価など規定 コンサル契約の付属文書締結へ (4日)
 ホーチミン市都市鉄道(メトロ)管理委員会(MAUR)は、ホーチミン市で建設中のメトロ1号線(ベンタイン~スオイティエン間)について同市人民委員会宛てに公文書を送付し、同案件のゼネラルコンサルティング契約の第...>> 続き
ダナン:夜間経済プログラム「ダナン・バイ・ナイト」試行へ、観光振興策 (4日)
 南中部沿岸地方ダナン市人民委員会はこのほど、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)で甚大な打撃を受けた観光業を盛り上げるための振興策として、夜間経済(ナイトタイムエコノミー)プログラム「ダナン・バイ・...>> 続き
これより過去の記事は、経済記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2021 All Rights Reserved
運営:VERAC Company Limited