ベトナムニュース総合情報サイトVIETJO [ベトジョー]
 ようこそ ゲスト様 

インドのインスタントコーヒーメーカー、ベトナム工場の生産能力を倍増へ

2022/01/27 04:02 JST配信
(C) bnews
(C) bnews 写真の拡大

 インドのインスタントコーヒーメーカー、CCLプロダクツ・インディア(CCL Products India)は、ベトナム工場の生産能力の倍増に2000万USD(約22億8000万円)を投じる計画だ。

 これにより、ベトナム工場のコーヒー粉末の年産能力は現在の1万3000~1万4000tから2022年末には2万6000tに拡大する見込み。同社の総年産能力は3万6000~3万7000tから5万~5万5000tに増加する。これに伴い、2021~2022年度の売上高は前年比+28.8%増の160億ルピー(約244億円)となる見通し。

 同社の社長はベトナム事業拡大の理由について、ベトナムは輸出における関税上の優位性があるほか、コーヒー栽培の大国でもあるため、輸送コストの削減にもつながるとコメントした。

Clip to Evernote
[Bnews 14:21 24/01/2022, A].  © Viet-jo.com 2002-2022 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
最新ニュース [経済]
ベトナム、「中所得国の罠の回避には体制改革が必要」WB見解 (20日)
 世界銀行(WB)は先般発表した最新レポートの中で、ベトナムが体制改革を行わなければ、中所得国の罠に陥る可能性があるとしている。WBは、適応性のある近代的な経済体制の構築が、2045年までに高所得国になると...>> 続き
新韓ベトナム銀行がデジタル金融強化へ、ティキと発展に向け提携 (20日)
 韓国系の新韓ベトナム銀行(Shinhan Bank Vietnam)は17日、未来銀行グループ(Future Bank Group)の発足式を開催したと18日、発表した。  未来銀行グループは、銀行内銀行(B.I.B=Bank In Bank)の形で設立さ...>> 続き
ゲーム開発会社ヴァーチャス、ベトナムの2D・3Dアート制作スタジオを買収 (20日)
 世界有数のゲーム開発会社であるシンガポールのヴァーチャス(Virtuos)は19日、ホーチミン市を拠点に従業員400人を擁する2D・3Dアート制作スタジオであるグラスエッグ・デジタルメディア(Glass Egg Digital Medi...>> 続き
バンベト銀行、ICチップ付きIDカードによる現金の入出金サービスを開始 (20日)
 バンベト銀行[BVB](Viet Capital Bank)は18日、ICチップ付き身分証明書(IDカード)による現金の入出金機能を備えた自動銀行システム「Digimi+」を正式に開始した。  「Digimi+」は、従来の現金自動預け払い...>> 続き
ホーチミン:満18歳以上のベトナム人のカジノ入場許可を提案 (19日)
 ホーチミン市人民委員会は、夜間経済(ナイトタイムエコノミー)発展のために、大規模な観光地や5つ星以上のホテルでのカジノ運営と満18歳以上のベトナム人の入場許可を試験的に実施するよう提案している。同市人...>> 続き
これより過去の記事は、経済記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2022 All Rights Reserved