ベトナム総合情報サイトVIETJO [ベトジョー] ベトナムの最新時事ニュースを毎日無料配信!
 ようこそ ゲスト様 

保健省、カラオケ店でのアルコール販売禁止を提案―法案で

2017/05/05 06:21 JST配信
Clip to Evernote
(C) vnexpress
(C) vnexpress 写真の拡大

 保健省はこのほど、カラオケ店でのアルコール販売および18歳未満の未成年者や妊娠中の女性、泥酔者、勤務時間中の幹部・公務員・従業員に対するアルコール販売を禁止する内容を盛り込んだアルコール被害防止法の草案を提出した。同草案は2018年に開かれる国会で提出され、2019年に可決される見通しだ。

 草案ではこのほか、自動販売機でのアルコール販売や、アルコール度数が15度以上のアルコール飲料の広告も禁止となる。更に、アルコール飲料の販売業者は、文化・芸術・医療・教育・スポーツ・娯楽に関するイベントのスポンサーになることが認められない。 

 なお、世界保健機関(WHO)の統計によると、各国におけるアルコール飲料の経済的コストは各国の国内総生産(GDP)の1.3~12%を占めるという。ベトナムの同割合が1.3%と仮定した場合、損害額は約60兆VND(約3000億円)に上る計算となる。

 一方、2012年におけるベトナムのビール・アルコール飲料業界による歳入額は19兆VND(約950億円)に留まった。また、ベトナム人1人当たりのアルコール飲料の年間消費量は平均6.6Lで、アジア地域で最も高い水準になっている。

[Le Phuong, VnExpress, 14:31 (GMT+7) 28/4/2017, A].  © Viet-jo.com 2002-2018 All Rights Reserved.  免責事項
最新ニュース [法律]
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2018 All Rights Reserved
運営:Viet Economic Research and Advisory Corporation (略称:VERAC)