ベトナム総合情報サイトVIETJO [ベトジョー] ベトナムの最新時事ニュースを毎日無料配信!
 ようこそ ゲスト様 

テト休暇を正味5日間に、労働法改正案で

2019/05/07 06:33 JST配信
Clip to Evernote
(C) dantri
(C) dantri 写真の拡大

 労働傷病兵社会省は2012年労働法改正案を公表し、これに対する意見を募集している。ゾアン・マウ・ジエップ労働傷病兵社会次官によると、改正案には深い論議を必要とする6つの問題があるという。

 第1は残業時間の上限に関する問題で、特別な場合の上限を現行の年間300時間から400時間に引き上げるよう提案している。

 2つ目は定年退職年齢に関する問題で、2つの案を提示している。2つの案とも目標は男性62歳、女性60歳(現行は男性60歳、女性55歳)に定年を引き上げることで、プロセスが異なる。第1案は2021年1月1日から男性は年に3か月ずつ、女性は年に4か月ずつ引き上げる。第2案は同日から男性は年に4か月ずつ、女性は年に6か月ずつ引き上げる。将来的には男女の定年を同じ年齢にするが、まずは年齢差の縮小を目指す。

 3つ目は職場の労働者代表組織に関する問題。

 4つ目はテト(旧正月)休暇期間に関する問題で、現行の方式による5日間(週末の休日が重なる場合は振替休日がある)を維持する案と、振替休日を設けず正味5日間とする案を提示している。

 5つ目は祝日に関する問題で、新暦7月27日の戦争傷病者・烈士記念日を祝日に加えるよう提案。

 6つ目は全国の行政機関の営業時間に関する問題で、原則として午前8時半~午後5時半、昼休みは60分とする案を提示している。

 2012年労働法改正案は、5月に開幕する第14期(2016~2021年)第7回国会で審議され、第8回国会での成立が見込まれている。

[Dan tri 18:45 2/5/2019,O].  © Viet-jo.com 2002-2019 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
最新ニュース [法律]
改正労働法草案、未成年者雇用に関する規則盛り込み―家政婦は原則禁止か (9日)
 政府関連機関が策定している改正労働法草案には、未成年者(18歳未満)の労働者を雇用する際の規則などが盛り込まれている。  草案によると、身体的、精神的、人格的な発達を確保するため、原則として未成年...>> 続き
10月施行の新規定、家庭医療事業の試行など (1日)
10月に施行される新規定5本をまとめて紹介する。 1. 家庭医療事業の試行、医師の要件など  家庭医療事業の試行に関する保健省の通達第21号/2019/TT-BYT(10月15日施行)では、医療診断・治療の資格を有する...>> 続き
車両の制限速度に関する新通達を発出―10月15日施行 (9/26)
 交通運輸省はこのほど、車両の制限速度を規定した通達第31号/2019/TT-BGTVT(10月15日施行)を発出した。制限速度に関する細かい条項が盛り込まれたこの新通達は、同省の通達第91号/2015/TT-BGTVTに代わるもの。 ...>> 続き
年間祝日の追加を提案、計13日以上に―ベトナム労働総連盟 (9/19)
 ベトナム労働総連盟は、年間の祝日について現行の10日に少なくとも3日追加し、計13日以上とすることを労働法改正案に盛り込むよう国会に提案する方針だ。  ベトナム労働総連盟は、祝日の追加に関して以下の...>> 続き
外国人の入国目的変更に伴うビザ更新、一時出国不要に―法改正の準備着々 (9/18)
 国会国防安全委員会はこのほどの会合で、ベトナムにおける外国人の出入国・経由・居住法の一部を改正・補足する草案について討議した。  ルオン・タム・クアン公安次官は、草案策定の背景や目的などに関す...>> 続き
これより過去の記事は、法律記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2019 All Rights Reserved
運営:Viet Economic Research and Advisory Corporation (略称:VERAC)