ベトナム総合情報サイトVIETJO [ベトジョー] ベトナムの最新時事ニュースを毎日無料配信!
 ようこそ ゲスト様 

改正労働法草案、未成年者雇用に関する規則盛り込み―家政婦は原則禁止か

2019/10/09 15:57 JST配信
Clip to Evernote
(C) vnexpress
(C) vnexpress 写真の拡大

 政府関連機関が策定している改正労働法草案には、未成年者(18歳未満)の労働者を雇用する際の規則などが盛り込まれている。

 草案によると、身体的、精神的、人格的な発達を確保するため、原則として未成年者に対しては健康状態・体力に適した仕事のみを認める。雇用主は未成年者を雇用する際、両親または保護者の同意を得なければならない。

 また、15歳未満の者に対しては、労働省病兵社会省が規定する軽労働のみを認める。雇用主は被雇用者本人の学習時間に影響を及ぼさないよう、労働時間帯を合理的に設定しなくてはならない。

 草案ではこの他、芸術・スポーツ以外の仕事で13歳未満の者を雇用してはならないと規定している。芸術・スポーツの仕事で13歳未満の者を雇用する際は、省・市レベルの労働管理機関から認可を取得する必要がある。

 なお、国際連合児童基金(UNICEF)の責任者は、草案の内容を高く評価した上で、1日の就労時間なども明確に定めるほか、夜勤や残業も禁止すべきとアドバイスした。また、児童虐待につながる恐れがある家政婦(おしん)の仕事については、未成年者の雇用を一切禁止すべきとの見解を示した。

[Vnexpress 00:53 8/10/2019 U].  © Viet-jo.com 2002-2020 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
最新ニュース [法律]
「笑気ガス」取り締まり強化へ、娯楽目的の亜酸化窒素の使用禁止を検討 (15日)
 HIV/エイズ・麻薬・売春防止国家委員会の委員長を兼務するブー・ドゥック・ダム副首相はこのほど、通称「笑気ガス」と呼ばれている亜酸化窒素について、娯楽目的の使用の取り締まりを強化するようハノイ市やホ...>> 続き
バイクのライト常時点灯義務化を検討、草案が波紋 (14日)
 交通運輸省は道路交通法改正草案の意見聴取を行っている。草案には「昼夜問わずバイクのライトを常時点灯しなければならない」という条項が盛り込まれており、大きな波紋を呼んでいる。  草案によると、バ...>> 続き
5月施行の新規定、所有者不明の車両の処分など (5日)
 2020年5月に施行される新規定5本をまとめて紹介する。 1.押収・没収した所有者不明の車両の処分規定を厳格化  押収・没収された証拠物件および行政違反車両の管理・保管に関する政令第115号/2013/ND-CP...>> 続き
居住法改正案、国会常務委は戸籍帳の廃止に賛成 (4/27)
 国会常務委員会は22日、居住法改正案を審議した。戸籍帳を廃止しデータベースで管理する方法へ移行する案に、多くの委員が賛意を示した。  改正案によると、国民全員に割り振られている個人識別番号を使用...>> 続き
歩道乗り上げの路上駐車に関する新標識が登場、7月1日から (4/20)
 道路交通標識の導入に関する交通運輸省の通達第54号/2019/TT-BGTVT(2020年7月1日施行)に基づいて発出されたベトナム国家基準QCVN 41:2019/BGTVTによると、路上駐車に関する新たな標識が追加される。  新た...>> 続き
これより過去の記事は、法律記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2020 All Rights Reserved
運営:Viet Economic Research and Advisory Corporation (略称:VERAC)