ベトナム総合情報サイトVIETJO [ベトジョー] ベトナムの最新時事ニュースを毎日無料配信!
 ようこそ ゲスト様 

住友商事、ビンフック省で第3タンロン工業団地開発へ

2015/06/02 13:40 JST配信
Clip to Evernote
(C) 住友商事
(C) 住友商事 写真の拡大

 住友商事株式会社(東京都中央区)は5月29日、紅河デルタ地方ビンフック省人民委員会との間で、同省ビンスエン郡における第3タンロン工業団地の開発に合意した。

 同社は、1997年にハノイ市に第1タンロン工業団地を、2006年に紅河デルタ地方フンイエン省に第2タンロン工業団地を開業しており、第3タンロン工業団地は同社がベトナムで開発する3か所目の工業団地となる。

 第3タンロン工業団地は、ハノイ市中心部から北へ44km、ノイバイ国際空港から北西へ20kmに位置し、ハイフォン港(紅河デルタ地方ハイフォン市)及びカイラン港(東北部クアンニン省)からも自動車専用道路でアクセスが可能な好立地にある。開発面積は約200ha、総事業費は約150億円を予定しており、同社が100%(うちベトナム住友商事が20%)出資する。2018年の操業開始を目指す計画だ。

 第1タンロン工業団地と第2タンロン工業団地は、合計面積620haで、約150社の企業が入居している。現在販売中の第2タンロン工業団地第2期(開発面積126ha)は、既に3分の1が販売済みで、一部の工場では建設が始まっている。

[2015年6月1日 住友商事株式会社ニュースリリース A].  © Viet-jo.com 2002-2019 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
最新ニュース [日系]
「越日経済・文化交流フェスティバル」、カントーで11月末から開催―ビューティーコンテストも (12日)
 日本とベトナムの友好イベント「越日経済・文化交流フェスティバル」が、今年も南部メコンデルタ地方カントー市で11月29日(金)から12月2日(月)までの4日間にわたり開催される。  30日には、今回で8回目を迎...>> 続き
Kilala、初のベトナム人向け訪日ガイドブック「Japan Guide」発売 (12日)
 日本の文化やライフスタイルをベトナム語で紹介する日本情報誌「Kilala(きらら)」を発行するKilalaコミュニケーション(Kilala Communication、ホーチミン市)は、近年の訪日観光客の増加に対応して、ベトナム人...>> 続き
マーケティングのピアラ、ベトナム子会社設立を完了 (12日)
 電子商取引(eコマース=EC)マーケティングテックや広告マーケティングなどの事業を手掛ける株式会社ピアラ(東京都渋谷区)は7日、同社100%出資のベトナム子会社「PGトレーディング・ベトナム(PG-Trading (Vietn...>> 続き
モスバーガー、地場企業と提携で23年までに10店舗出店 (8日)
 モスバーガーを展開する株式会社モスフードサービス(東京都品川区)はこのほど、ベトナムで食品製造などを手掛けるV Lotus Investment(ブイロータスインベストメント、ホーチミン市)とパートナーシップ契約を締...>> 続き
JCB、バンベト銀行とクレカ発行開始―ベトナム12行目 (8日)
 日本発唯一の国際カードブランド運営会社である株式会社ジェーシービー(東京都港区)の海外業務を行う子会社、株式会社ジェーシービー・インターナショナル(東京都港区)はホーチミン市に本拠を置くバンベト銀行[...>> 続き
これより過去の記事は、日系記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2019 All Rights Reserved
運営:Viet Economic Research and Advisory Corporation (略称:VERAC)