ベトナム総合情報サイトVIETJO [ベトジョー] ベトナムの最新時事ニュースを毎日無料配信!
 ようこそ ゲスト様 

住友商事、ビンフック省とジャパンデスク設置で覚書

2018/03/28 05:55 JST配信
Clip to Evernote
(C) 住友商事、第3タンロン工業団地
(C) 住友商事、第3タンロン工業団地 写真の拡大

 住友商事株式会社(東京都中央区)と同社が運営・展開する第3タンロン工業団地(紅河デルタ地方ビンフック省)は26日、ビンフック省との間で、日系企業のベトナム進出サポートを目的とするジャパンデスクの設置に関する覚書を締結した。

 「ビンフック省ジャパンデスク」は、ビンフック省への投資を検討する日系企業に対して、関係省庁や関係当局と連携し、投資申請や会社設立の迅速化、裾野産業認定のサポートなどを行う。住友商事と同省は、今後も連携および協力し日系企業のさらなるベトナム進出を後押しすることで、ベトナムにおける雇用創出や産業発展に貢献する方針。

 第3タンロン工業団地は2015年に同省に設立され、住友商事グループのベトナムにおける3つ目の工業団地となっている。開発面積は最大約213ha、総事業費は100億円超を予定しており、2018年より操業を開始する予定。

 住友商事は、1997年のタンロン工業団地(ハノイ市)開業以来、現地の許認可申請などの行政手続きからその後の操業までサポートし、入居企業へ質の高いサービスを提供してきた。2016年には第2タンロン工業団地(紅河デルタ地方フンイエン省)を通じて、フンイエン省へ進出を検討する日系企業への窓口として、フンイエン省と共に同工業団地内に「フンイエン省ジャパンデスク」を設置して、フンイエン省進出企業に対するサポートを開始し、日系企業のニーズに応えるノウハウを蓄積してきた。

[2018年3月26日 住友商事株式会社ニュースリリース S].  © Viet-jo.com 2002-2019 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
最新ニュース [日系]
商船三井ロジスティクス、ハイフォンで自営倉庫開業ー国内12か所目の拠点 (15日)
 商船三井ロジスティクス株式会社(東京都千代田区)のベトナム法人ベトナム法人MOLロジスティクス・ベトナム(MOL Logistics (Vietnam)=MLGベトナム)は1月下旬、紅河デルタ地方ハイフォン市で今年初めに開業した...>> 続き
ビンズオン省初の日系クリニックが2月14日にグランドオープン (15日)
 医療機関の経営コンサルティングや医療サービス・事業の海外展開支援などを手掛ける株式会社メディヴァ(東京都世田谷区)のベトナム現地法人「メディヴァ・ベトナム(Mediva Vietnam)」は14日、東南部地方ビンズ...>> 続き
粉末食品の仙波糖化、ドンナイ省にベトナム子会社を設立 (14日)
 粉末スープや粉末茶、カラメル製品などの製造販売を手掛ける仙波糖化工業株式会社(栃木県真岡市)は、グループの東南アジア市場開拓と収益拡大を図るため、東南部地方ドンナイ省に同社100%出資子会社「仙波糖化...>> 続き
堺市とダナン市が友好都市提携、企業支援や観光客誘致も (14日)
 大阪府堺市と南中部沿岸地方ダナン市が、友好都市提携を結ぶ。2018年第4回市議会にダナン市との友好都市提携にかかる議案が提案され、同年12月20日に全会一致で可決された。今後提携署名を行う予定。  この...>> 続き
eウォレットで給与受け取り、リエンベトポスト銀と日系2社がサービス開始 (13日)
 ドレミング株式会社(旧社名:ドレミングアジア、福岡市中央区/東京都千代田区)と三井情報株式会社(MKI、東京都港区)、リエンベトポストバンク[LPB](LienVietPostBank)の3社は、ベトナムにおいて銀行口座がなく...>> 続き
これより過去の記事は、日系記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2019 All Rights Reserved
運営:Viet Economic Research and Advisory Corporation (略称:VERAC)