ベトナム総合情報サイトVIETJO [ベトジョー] ベトナムの最新時事ニュースを毎日無料配信!
 ようこそ ゲスト様 

住友商事、ビンフック省で第3タンロン工業団地を操業開始

2018/11/09 06:12 JST配信
Clip to Evernote
(C) 住友商事
(C) 住友商事 写真の拡大

 住友商事株式会社(東京都千代田区)は、紅河デルタ地方ビンフック省で建設を進めていた第3タンロン工業団地(TLIP III)の第一期区画(104ha)造成工事を完了し、8日に開所式を実施した。TLIP IIIは、住友商事がベトナムで開発する3つ目の工業団地となる。

 開所式は、在ベトナム日本国大使館が実施する日越外交関係樹立45周年事業にも認定されている。

 TLIP IIIの事業主体は、2015年11月設立で住友商事が100%出資するタンロン工業団地ビンフック(Thang Long Industrial Park (Vinh Phuc))。開発面積は最大213ha。

 3月には、TLIP III内に「ビンフック省ジャパンデスク」を設置し、ベトナムに進出する日系企業のサポートを積極的に行っている。第一期区画の南西に位置する第二期区画(109ha)の開発も2019年初めには着工する予定。

 住友商事は、1997年にベトナムで工業団地事業(タンロン工業団地=TLIP)を開始。2006年には紅河デルタ地方フンイエン省に第2タンロン工業団地(TLIP II)を開業し、現地の許認可申請などの行政手続きからその後の操業までサポートし、入居企業へ質の高いサービスを提供している。

[2018年11月8日 住友商事株式会社・第3タンロン工業団地ニュースリリース A].  © Viet-jo.com 2002-2018 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
最新ニュース [日系]
神奈川県、ランソン省と水道分野で技術協力へ (13:58)
 神奈川県企業庁は11月16日、「神奈川フェスティバルinハノイ(Kanagawa Festival in Hanoi)」が開催されるハノイ市において、企業庁長と東北部地方ランソン省計画投資局長の署名により、ランソン省と水道分野に...>> 続き
SCSKとFPT、ITサービス事業での包括的協働で覚書 (14日)
 SCSK株式会社(東京都江東区)と地場通信・IT分野最大手FPT情報通信[FPT](FPT Corporation)は10月、アジア太平洋地域におけるITサービス事業での包括的協働パートナーシップに関する覚書を締結した。  これに...>> 続き
日本政府、ドー・ムオイ元書記長に旭日大綬章を叙勲 (14日)
 日本政府は9日、10月1日に死去した故ドー・ムオイ元書記長に対する旭日大綬章の叙勲を発表した。  故ドー・ムオイ元書記長は、1988年6月から1991年8月まで首相、1991年6月から1997年12月まで書記長を務めた...>> 続き
ベトナムで「トイレIoTサービス」の実証実験を開始、イオンディライトとソフトバンク (14日)
 イオンディライト株式会社(大阪市中央区)が100%出資するイオンディライト・ベトナム(AEON Delight (Vietnam)=ADベトナム)と、ソフトバンク株式会社(東京都港区)の海外事業子会社であるソフトバンクテレコム・...>> 続き
東京電力、ラオカイ省の水力発電所に出資参画―海外水力発電事業の第1号案件 (12日)
 東京電力ホールディングス株式会社(東京都千代田区)は、ベトナムの水力発電事業者であるラオカイ再生可能エネルギー社(Lao Cai Renewable Energy)が保有する西北部地方ラオカイ省のコックサン(Coc San)水力発電...>> 続き
これより過去の記事は、日系記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2018 All Rights Reserved
運営:Viet Economic Research and Advisory Corporation (略称:VERAC)