ベトナム総合情報サイトVIETJO [ベトジョー] ベトナムの最新時事ニュースを毎日無料配信!
 ようこそ ゲスト様 

住友商事、フンイエン省の第2タンロン工業団地で太陽光発電事業を始動

2020/12/02 03:41 JST配信
Clip to Evernote
イメージ写真
イメージ写真 写真の拡大

 住友商事株式会社(東京都千代田区)は1日、北部紅河デルタ地方フンイエン省で運営する第2タンロン工業団地(TLIP2)において、太陽光発電事業を開始し、入居企業各社へグリーン電力を供給すると発表した。

 近年、気候変動問題などのESG(環境・社会・ガバナンス)の観点から、特に大量の電力を消費する製造業を中心に、地球規模でグリーン電力の需要が高まっている。こうした社会的要請に応えるべく、住友商事はTLIP2において発電容量1メガワット規模の太陽光発電を開始し、入居企業に対して安定したグリーン電力を供給する。

 同事業では、政府からの補助金を活用することなく太陽光発電を行い、将来的には住友商事や他の開発事業者が各国で展開する工業団地等への導入を図り、合計で数百メガワットの発電規模を目指す。

 住友商事は、住友商事グループが行う事業のCO2排出の削減・吸収に加え、ビジネスパートナーと協力した取り組みや提言などを通じて、社会のカーボンニュートラル化へ貢献。同事業は、ベトナムで最大規模を誇る日系工業団地(TLIP2のほか、ハノイ市のタンロン工業団地と北部紅河デルタ地方ビンフック省の第3タンロン工業団地も含めた合計)を運営する住友商事が取り組むサステナビリティ経営の深化をさらに推進する事業活動となる。

 住友商事は、これまでアジア各国において、経済特区や工業団地の開発・販売・運営を通じた豊富なノウハウを有する。また、日本国内をはじめ、世界各国で洋上・陸上風力、太陽光など再生可能エネルギーの発電事業を展開し、グリーン電力の供給を拡大してきた。これらの事業で培った経験を活用し、将来的にグリーン電力事業をアジア各国に広げていくことで、環境負荷の少ない世界の実現に貢献していく方針。

[2020年12月1日 住友商事株式会社ニュースリリース U].  © Viet-jo.com 2002-2021 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
最新ニュース [日系]
コーナンがビエンホアビンコム店開業 ドンナイ省初の日系総合小売店 (6:29)
 ホームセンター事業を手掛けるコーナン商事株式会社(大阪府堺市)は、子会社である KOHNANVIETNAM CO., LTD.が運営する「コーナンジャパン ビエンホアビンコム店」を1月18日にオープンしたと発表した。同店舗は...>> 続き
第1回ベトナム野球全国大会、初代優勝はハノイチーム 日越野球協会主催 (21日)
 日越野球協会(Japan Vietnam Baseball Association=JVBA)は、9日と10日の2日間にわたり、第1回となるベトナム野球全国大会「The 1stAll Vietnam Baseball Championship」を開催した。  大会は東南部地方ド...>> 続き
トリドール、ベトナムで「丸亀製麺」2店舗オープン 計13店舗に (21日)
 讃岐うどん専門店「丸亀製麺」などを展開する株式会社トリドールホールディングス(東京都渋谷区)は2020年12月、傘下のグループ企業を通じてベトナムに「丸亀製麺」2店舗を新規出店した。  これにより、「丸...>> 続き
日本のアパレル余剰在庫を活用したショップ「Colors」がベトナム初進出 (20日)
 株式会社Shoichi(大阪府大阪市)が展開する余剰在庫を活用したオフプライスストア「Colors」が昨年12月10日、ハノイ市バーディン区キムマー通りに新規店舗を開店した。海外店舗は現在8店舗で、マレーシア・カン...>> 続き
日本の製造業の有望事業展開先、ベトナムは3位を維持 (19日)
 国際協力銀行(JBIC、東京都千代田区)が発表した日本の製造業企業の海外事業展開の動向に関するアンケート調査結果によると、今後3年程度の中期的な有望事業展開先国・地域のランキングで、ベトナムは前回と同じ...>> 続き
これより過去の記事は、日系記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2021 All Rights Reserved
運営:VERAC Company Limited