ベトナム総合情報サイトVIETJO [ベトジョー] ベトナムの最新時事ニュースを毎日無料配信!
 ようこそ ゲスト様 

電通「ジャパンブランド調査」、親日度1位は今年もベトナム

2015/06/23 08:02 JST配信
Clip to Evernote

 株式会社電通(東京都港区)は、日本の文化や強みを生かした商品やサービスを海外展開する「クールジャパン」関連事業で、顧客企業のマーケティング活動支援を目的に実施した「ジャパンブランド調査2015」の結果を発表した。

 同調査は、ベトナムを含む世界20か国・地域を対象に、食や観光、日本産製品など「ジャパンブランド」全般に関する海外消費者の意識と実態を把握すべく、親日度(日本に対する好意度)の地域別状況、日本及び日本産製品に対する興味関心やイメージの詳細なデータ・知見を収集したもの。調査対象者は中間所得層以上の20~59歳の男女。サンプル数は、地域ごとに200、計4000。

 日本に対する好意度が最も高い地域は、前年に引き続きベトナムがトップ。前年5位の台湾も1位に並んだ。ベトナムが選ぶ「日本の好きなところ」の1位は「日本人(の気質):勤勉」。2位は「技術力」、3位は「伝統文化」だった。なお、「日本の好きなところ」に関する調査対象国・地域全体の結果は、1位が「伝統文化」(67.6%)、2位が「食」(63.3%)、3位が「自然」(59.1%)の順となっている。

 「日本でやりたいこと」の全体の1位は「日本食を食べる」。中でも、寿司や刺身、天ぷら、ラーメンの人気が高かった。「興味関心のある日本の物事」でも「日本食」がトップだった。

 このほか、「優れていると思う日本の物事」の1位は「日本のロボット工学」。「ロボット工学」は、「興味関心のある日本の物事」でも9位に入っており、世界における日本のロボット技術への注目と評価の高まりがうかがえた。

 「日本が優れている製品カテゴリー」及び「日本製品に興味がある製品カテゴリー」では、「医薬品」「化粧品」「アパレル・ファッション」などがランクイン。従来とは異なるカテゴリーでの「ジャパンブランド」構築の可能性を示す結果となっている。

[2015年6月22日 株式会社電通ニュースリリース A].  © Viet-jo.com 2002-2019 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
最新ニュース [日系]
「越日経済・文化交流フェスティバル」、カントーで11月末から開催―ビューティーコンテストも (12日)
 日本とベトナムの友好イベント「越日経済・文化交流フェスティバル」が、今年も南部メコンデルタ地方カントー市で11月29日(金)から12月2日(月)までの4日間にわたり開催される。  30日には、今回で8回目を迎...>> 続き
Kilala、初のベトナム人向け訪日ガイドブック「Japan Guide」発売 (12日)
 日本の文化やライフスタイルをベトナム語で紹介する日本情報誌「Kilala(きらら)」を発行するKilalaコミュニケーション(Kilala Communication、ホーチミン市)は、近年の訪日観光客の増加に対応して、ベトナム人...>> 続き
マーケティングのピアラ、ベトナム子会社設立を完了 (12日)
 電子商取引(eコマース=EC)マーケティングテックや広告マーケティングなどの事業を手掛ける株式会社ピアラ(東京都渋谷区)は7日、同社100%出資のベトナム子会社「PGトレーディング・ベトナム(PG-Trading (Vietn...>> 続き
モスバーガー、地場企業と提携で23年までに10店舗出店 (8日)
 モスバーガーを展開する株式会社モスフードサービス(東京都品川区)はこのほど、ベトナムで食品製造などを手掛けるV Lotus Investment(ブイロータスインベストメント、ホーチミン市)とパートナーシップ契約を締...>> 続き
JCB、バンベト銀行とクレカ発行開始―ベトナム12行目 (8日)
 日本発唯一の国際カードブランド運営会社である株式会社ジェーシービー(東京都港区)の海外業務を行う子会社、株式会社ジェーシービー・インターナショナル(東京都港区)はホーチミン市に本拠を置くバンベト銀行[...>> 続き
これより過去の記事は、日系記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2019 All Rights Reserved
運営:Viet Economic Research and Advisory Corporation (略称:VERAC)