ベトナム総合情報サイトVIETJO [ベトジョー] ベトナムの最新時事ニュースを毎日無料配信!
 ようこそ ゲスト様 

不動産投資のクリードG、地場アンザー不動産と提携

2015/07/31 15:00 JST配信
Clip to Evernote
(C) クリード
(C) クリード

 不動産関連資産への投資や不動産開発を手掛けるクリードグループ(東京都新宿区)は26日、地場アンザー不動産開発投資(An Gia Real Estate Investment and Development)と業務・資本提携契約を締結した。

 クリードは、アンザー株20%を取得すると共に、同社が今後手掛ける不動産案件(2億USD=約248億円)へ50%出資。年利5%で貸付も行うという。株式取得額は明らかにされていない。

 アンザーは現在、投資総額約3兆VND(約170億円)のマンション4案件を展開し、計2000戸を市場へ供給する予定。更に、ホーチミン市2区、4区、7区、タンビン区にある好立地の用地10か所を取得するための交渉を積極的に進めている。この10案件の投資総額は10億USD(約1240億円)と見込まれており、2020年までに1万戸のマンションを売り出す予定だ。

 アンザーとの提携についてクリードの宗吉敏彦社長は、「アンザーは戦略的なビジョンと有能な経営陣を有し、プロジェクトの進捗が速く、販売促進にも優れている。クリードの支援により、アンザーは国内有数の不動産開発企業に発展するだろう」とコメントした。

 クリードは、地場577不動産[NBB]とホーチミン市8区で高層マンション「シティゲートタワーズ」(1000戸規模)を共同展開している。

 ベトナムでは、7月1日施行の改正住宅法により、外国人の住宅購入条件が大幅に緩和された。クリードのベトナム駐在員事務所の山口真一代表は、アンザーやNBBと開発する物件について、「改正住宅法の施行細則が公布され次第、日本人向けにも販売していきたい」と語った。

[2015年7月31日 ベトジョーニュース A].  © Viet-jo.com 2002-2018 All Rights Reserved.  免責事項
最新ニュース [日系]
白金運輸、バリア・ブンタウ省で物流センター起工―第3フーミー特別工業団地と合弁 (23日)
 東南部地方バリア・ブンタウ省第3フーミー特別工業団地で19日、白金運輸株式会社(岩手県奥州市)と第3フーミー特別工業団地の開発、管理・運営を手掛けるタインビン・フーミー(Thanh Binh Phu My)の合弁会社「ビ...>> 続き
鹿島と地場の合弁、ダナンにホテル建設へ―国内3か所目 (20日)
 鹿島建設株式会社(東京都港区)と地場デベロッパーのインドチャイナ・キャピタル(Indochina Capital)との開発合弁会社であるインドチャイナ・カジマ・デベロップメント(Indochina Kajima Development=ICC-Kajim...>> 続き
日越関係で10の個人・団体が外務大臣表彰を受賞 (20日)
 日本の外務省は17日、平成30年度(2018年度)外務大臣表彰受賞者を発表した。この中で、在ベトナム日本国大使館の推薦した10の個人・団体が、その功績により外務大臣表彰を受賞した。  日本在住の受賞者を対...>> 続き
西鉄、ロンアン省で大規模住宅開発プロジェクト始動―地場ナムロンと共同 (19日)
 西日本鉄道株式会社(福岡市中央区)は、地場不動産大手のナムロン投資[NLG](Nam Long Investment)と共同で、メコンデルタ地方ロンアン省ベンルックにおいて分譲住宅事業「ウォーターポイント(WATERPOINT)プロジ...>> 続き
医療法人葵鐘会、カントーの国際病院と医療協力契約締結 (19日)
 医療法人葵鐘会(きしょうかい、愛知県稲沢市)はこのほど、メコンデルタ地方カントー市にある産婦人科・不妊治療・新生児ケアを行う私立専門病院のフオンチャウ国際病院との間で医療協力契約を締結した。  ...>> 続き
これより過去の記事は、日系記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2018 All Rights Reserved
運営:Viet Economic Research and Advisory Corporation (略称:VERAC)