ベトナム総合情報サイトVIETJO [ベトジョー] ベトナムの最新時事ニュースを毎日無料配信!
 ようこそ ゲスト様 

不動産投資のクリードG、地場アンザー不動産と提携

2015/07/31 15:00 JST配信
Clip to Evernote
(C) クリード
(C) クリード

 不動産関連資産への投資や不動産開発を手掛けるクリードグループ(東京都新宿区)は26日、地場アンザー不動産開発投資(An Gia Real Estate Investment and Development)と業務・資本提携契約を締結した。

 クリードは、アンザー株20%を取得すると共に、同社が今後手掛ける不動産案件(2億USD=約248億円)へ50%出資。年利5%で貸付も行うという。株式取得額は明らかにされていない。

 アンザーは現在、投資総額約3兆VND(約170億円)のマンション4案件を展開し、計2000戸を市場へ供給する予定。更に、ホーチミン市2区、4区、7区、タンビン区にある好立地の用地10か所を取得するための交渉を積極的に進めている。この10案件の投資総額は10億USD(約1240億円)と見込まれており、2020年までに1万戸のマンションを売り出す予定だ。

 アンザーとの提携についてクリードの宗吉敏彦社長は、「アンザーは戦略的なビジョンと有能な経営陣を有し、プロジェクトの進捗が速く、販売促進にも優れている。クリードの支援により、アンザーは国内有数の不動産開発企業に発展するだろう」とコメントした。

 クリードは、地場577不動産[NBB]とホーチミン市8区で高層マンション「シティゲートタワーズ」(1000戸規模)を共同展開している。

 ベトナムでは、7月1日施行の改正住宅法により、外国人の住宅購入条件が大幅に緩和された。クリードのベトナム駐在員事務所の山口真一代表は、アンザーやNBBと開発する物件について、「改正住宅法の施行細則が公布され次第、日本人向けにも販売していきたい」と語った。

[2015年7月31日 ベトジョーニュース A].  © Viet-jo.com 2002-2018 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
最新ニュース [日系]
Z会、ベトナムで日本型食育・健康教育を実施―文科省公認事業 (6:17)
 Z会グループが実施する「ベトナムにおける日本型の食育・健康教育事業」が、2018年度文部科学省「日本型教育の海外展開推進事業(EDU-Portニッポン)」公認プロジェクトに採択された。  「EDU-Portニッポン」...>> 続き
日本語学部向け日本ビジネスマナー講習をホーチミンで実施、One Technology Japanが新会社設立 (3:49)
 メディア事業やオフショア開発を手掛ける株式会社One Technology Japan(ワンテクノロジー・ジャパン、神奈川県川崎市)およびOneTech Asia(ワンテック・アジア、ホーチミン市)は20日、ホーチミン市工業大学(HUTE...>> 続き
「雪国まいたけ」、日本からベトナムへ輸出開始 (23日)
 まいたけ、えりんぎ、ぶなしめじ、カット野菜などの生産販売およびきのこの加工食品の製造販売を手掛ける株式会社雪国まいたけ(新潟県南魚沼市)は、10月下旬よりベトナム向けに「まいたけ」の初輸出と販売を開...>> 続き
ホンダベトナム、4-9月期のバイク販売台数+12%増―シェア76%超 (23日)
 ホンダベトナム(HVN)によると、2019年度(2018年4月~2019年3月)の上半期(2018年4-9月期)における全国のHVNバイク販売台数は前年同期比+12%増の126万台となり、市場シェアの76.6%を占めた。  販売台数をモ...>> 続き
歴史学者の故ファン・フイ・レ氏に日本外務省が感謝状 (22日)
 日本の外務省は、今年6月に死去したベトナムの著名な歴史学者である故ファン・フイ・レ氏に外務大臣感謝状を授与した。梅田邦夫駐ベトナム日本国特命全権大使がハノイ市の大使公邸で17日、日本政府を代表して河...>> 続き
これより過去の記事は、日系記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2018 All Rights Reserved
運営:Viet Economic Research and Advisory Corporation (略称:VERAC)