ベトナムニュース総合情報サイトVIETJO [ベトジョー]
 ようこそ ゲスト様 

ハノイ市とイオン、投資と事業推進で包括的覚書を締結

2017/06/07 06:25 JST配信
(C) イオン
(C) イオン

 ハノイ市人民委員会とイオン株式会社(千葉県千葉市)は5日、「ハノイ市における投資及び事業推進に関する包括的覚書」を締結した。イオンは2016年3月、ホーチミン市とも「ホーチミン市における投資及び事業推進に関する包括的覚書」 を締結している。

 ハノイ市人民委員会とイオンは、今回の覚書に基づいて連携し、大型ショッピングモールや総合スーパー(GMS)、スーパーマーケット(SM)、コンビニエンスストア(CVS)、金融、サービスなどの事業展開を通じて同市の経済活性化と地域の更なる発展を目指す。

 イオンは2014年1月、ホーチミン市タンフー区にイオンモールのベトナム1号店「イオンモール・タンフーセラドン」を開業し、同年11月に東南部地方ビンズオン省に「イオンモール・ビンズオンキャナリー」を、2015年10月にハノイ市ロンビエン区に「イオンモール・ロンビエン」を、2016年7月にホーチミン市ビンタン区に「イオンモール・ビンタン」を開業した。

 2019年度には、ハノイ市ハドン区にベトナム5号店「イオンモール・ハドン」を開業する予定だ。また、2015年には地場スーパーマーケットチェーンのシティマート(Citimart)及びフィビマート(Fivimart)との間で資本・業務提携を行い、積極的な店舗展開を進めている。

Clip to Evernote
[2017年6月5日 イオン株式会社ニュースリリース A].  © Viet-jo.com 2002-2022 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
最新ニュース [日系]
在ベトナム日本企業の55.3%が「事業拡大」、ジェトロ調査 (24日)
 ベトナムで事業を行っている日系企業の55.3%が、今後1~2年に事業を「拡大」しようと考えている。日本貿易振興機構(ジェトロ)が発表した「2021年度海外進出日系企業実態調査 アジア・オセアニア編」で分かった...>> 続き
東海電子、アルコール検知器と飲酒教育をベトナムへ 飲酒運転ゼロに向けJICAと業務委託契約 (24日)
 アルコール検知システムやIT点呼システム、運行管理システムの開発・販売を手掛ける東海電子株式会社(静岡県富士市)は、国際協力機構(JICA)の中小企業・SDGsビジネス支援事業の採択を受け、ベトナムでの飲酒運...>> 続き
成田と羽田での海外在留邦人向けワクチン接種事業、期間延長・運用変更 (21日)
 日本は、2021年8月1日から成田空港と羽田空港で実施している海外在留邦人向けワクチン接種事業について、引き続き1回目と2回目の接種を対象とするが、一部運用を変更した上で事業の実施期間を延長する。  ...>> 続き
ANA、2月から日本発ベトナム行きを一部運航再開 最新スケジュール発表 (21日)
 全日本空輸株式会社(ANA)は、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響に伴う日本~ベトナム路線の運休・減便について、3月26日までの最新スケジュールを更新した。  ANAは2月より、日本発ベトナム行きの...>> 続き
京都コンピュータ学院、地場企業と提携 通信制学科でIT人材育成 (20日)
 京都コンピュータ学院(KCG、京都府京都市)は、ベトナムでのIT人材育成を共同で推進するため、ベトナム・日本のIT業界における大手オフショア開発企業であるVTIグループ傘下でIT教育関係事業を手掛けるVTIエデュ...>> 続き
これより過去の記事は、日系記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2022 All Rights Reserved
運営:VERAC Company Limited