ベトナム総合情報サイトVIETJO [ベトジョー] ベトナムの最新時事ニュースを毎日無料配信!
 ようこそ ゲスト様 

日本初上陸のハノイ老舗カフェ、メニュー発表―エッグコーヒーなど

2018/04/10 06:26 JST配信
Clip to Evernote
(C) CAFE GIANG JAPAN
(C) CAFE GIANG JAPAN 写真の拡大

 カフェ・ザン・ジャパン(Cafe Giang Japan)株式会社(神奈川県横浜市)は23日、ハノイ市で人気の「エッグコーヒー(カフェチュン=Ca phe trung)」を生んだ老舗カフェ「カフェ・ザン(Café Giang)」を横浜に開店する。これは、70年以上「のれん分け」を断り続けたカフェ・ザンの2号店となり、同社はこのたびエッグコーヒーをはじめとする同店のメニューを発表した。

 日本のカフェ・ザンのメニューは、◇ホットエッグコーヒー(480円)、◇アイスエッグコーヒー(520円)、◇ホットエッグココア(480円)、◇エッグビール(680円)、◇ホットエッグ抹茶(480円)、◇エッグシナモン(480円)、◇ホット/アイスベトナムコーヒー(420円)など。また、バインミー(ベトナム風のサンドイッチ)などの食事も提供する。

 カフェ・ザン・ジャパンは、初めての外部継承者として、また現オーナーに続く2人目の弟子として、ハノイ市の本店オープンから72年目にして初となるのれん分けを日本で展開する。横浜店では、ベトナムから直輸入した独自の焙煎豆を使用し、本店の味をそのまま再現して1杯1杯手作りで提供する。

 なお、エッグコーヒーは、卵黄とコンデンスミルクをカスタードクリーム状に泡立てたものをベトナムコーヒーの上にのせたもの。1946年の牛乳が手に入りにくい時代、カフェ・ザン本店の現在のオーナーの父であり、当時ハノイ市の5つ星ホテル「ソフィテル・レジェント・メトロポール」のバーテンダーだったグエン・ザン(Nguyen Giang)さんが牛乳の代わりに泡立てた鶏卵の黄身部分を使うことを考案し、エッグコーヒーが生まれた。

[2018年4月9日 CAFE GIANG JAPAN 株式会社プレスリリース S].  © Viet-jo.com 2002-2018 All Rights Reserved.  免責事項
最新ニュース [日系]
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2018 All Rights Reserved
運営:Viet Economic Research and Advisory Corporation (略称:VERAC)