ベトナム総合情報サイトVIETJO [ベトジョー] ベトナムの最新時事ニュースを毎日無料配信!
 ようこそ ゲスト様 

ヤマハ、ベトナムでの器楽教育定着化事業が文科省のパイロット事業に再採択

2018/10/09 05:38 JST配信
Clip to Evernote
(C) ヤマハ
(C) ヤマハ 写真の拡大

 総合楽器メーカーのヤマハ株式会社(静岡県浜松市)がベトナムで展開する「器楽教育定着化に向けた学校教員養成事業」が、文部科学省が進める「日本型教育の海外展開推進事業(EDU-Portニッポン)」の2018年度パイロット事業として採択され、応援プロジェクトの一つに選ばれた。

 ヤマハの同事業が「EDU-Portニッポン」のパイロット事業に採択されるのは、2016年度に続いて今回が2回目となる。

 ヤマハは、2019年からの改訂を控えるベトナムの学習指導要領への「器楽教育」の導入・定着化を目指し、10都市での音楽クラブ活動の展開を通じたモデルケース形成、教科書改訂支援、教員養成支援などを積極的に行っている。

 こうしたベトナムでの一連の取り組みは、横浜国立大学や株式会社教育芸術社(東京都豊島区)、ハノイ日本人学校の協力のもとで推進しており、2016年11月には「EDU-Portニッポン」の2016年度パイロット事業に採択され、今年6月には日本貿易振興機構(ジェトロ)が進める「社会課題解決型ルール形成支援プロジェクト」にも採択された。

 また、現地の政府機関・国立教育機関との連携も進めており、2017年10月にはベトナム教育訓練省初等教育局と「器楽教育の普及」に関する覚書を締結。さらに今年8月にはハノイ師範大学と協力覚書を締結し、「器楽教育」が行える現地教員の養成のための授業も開講した。

 今回、同社の取り組みが「EDU-Portニッポン」のパイロット事業として選定されたことで、今後、文部科学省をはじめとした関係機関から事業策定の支援、現地情報の提供、現地関係機関との調整支援といったサポートを得ながら、ベトナムにおける「器楽教育定着化に向けた学校教員養成事業」を展開することが可能となる。

[2018年10月5日 ヤマハ株式会社ニュースリリース A].  © Viet-jo.com 2002-2018 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
最新ニュース [日系]
ラックランド、ベトナムの日系アルミメーカーを子会社化 (13:29)
 設備・建築・内装・冷蔵・厨房技術を組み合わせた独自のサービスを手掛ける商空間テック企業の株式会社ラックランド(東京都新宿区)は11月21日、建築・装飾金物の設計・製作・施工などを手掛ける墨東建材工業株...>> 続き
日本政府、枯葉剤被害児・障害児センター車両整備計画など8案件に118万USD (6:01)
 駐ベトナム日本大使公邸で5日、日本政府による2018年度草の根・人間の安全保障無償資金協力「ダナン市ホアバン郡枯葉剤被害児・障害児センター車両整備計画」など8件の贈与契約署名式が開催された。全8案件の供...>> 続き
ヤマハ、125cc新型スクーター「NOZZA GRANDE」をベトナムで発売 (10日)
 ヤマハ発動機株式会社(静岡県磐田市)は、「ハイブリッドシステム(HYBRID System)」などの新たな機能を備えた125ccプレミアムスクーター「NOZZA GRANDE(ノザ・グランデ)」の2019年モデルを12月からベトナムで順...>> 続き
政府系総合商社AIC会長のニャン女史に旭日小綬章を伝達 (7日)
 駐ベトナム日本大使公邸で11月24日、2018年秋の外国人叙勲で旭日小綬章を授与された政府系総合商社AICグループ会長のグエン・ティ・タイン・ニャン女史への叙勲伝達式が執り行われた。  ニャン会長への叙勲...>> 続き
鹿島、ベトナムのホテル開発事業第1号案件に着手 (6日)
 鹿島建設株式会社(東京都港区)のアジア開発事業統括会社カジマ・デベロップメント(Kajima Development=KD)は、2016年にベトナムの不動産開発会社インドチャイナ・キャピタル(Indochina Capital)と合弁で設立し...>> 続き
これより過去の記事は、日系記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2018 All Rights Reserved
運営:Viet Economic Research and Advisory Corporation (略称:VERAC)